ソニー×セイコー「BRIGHTZ」コラボのwena wrist、デュアルタイム表示対応

ソニーは、セイコー「BRIGHTZ」(ブライツ)ブランド20周年を記念した、スマートウォッチwena wristとの特別コラボモデルを1月25日に発売する。数量限定販売で、価格はオープンプライス。店頭価格は税別13万9,000円前後を見込む。

BRIGHTZの20周年を記念した、wena wristとの特別コラボモデル。特別コラボモデルの製品名は「Seiko Brightz wena wrist pro Solar Radio-controlled set Silver -20th Anniversary Special Edition」(WNW-SB16A/S)。バンド部にスマートウォッチ機能を搭載しており、楽天EdyやiDなどの電子マネー機能が使える。

ヘッドはセイコーBRIGHTZブランド20周年を記念した特別デザインで、格子柄風デザインの文字盤にゴールドをあしらい、針とインデックスは蓄光仕様。裏面には「LIMITED EDITION」の刻印がされている。

日本、中国、アメリカの世界3エリア、4つの標準電波に対応。セシウム原子時計により刻まれた標準電波の時刻情報を自動受信し、時刻を自動修正する。時計が強い衝撃や磁気を受けても、針位置を自動修正する機能も備える。

時差のある2つの地域の時刻を表示する「デュアルタイム表示機能」を、wenaシリーズの電波ソーラー時計で初めて搭載。海外への旅行や出張に便利とする。

ブラックダイヤルのモデルには、透明なダイヤルの裏側に繊細なパターンを施し、「光を透過させるソーラー式ダイヤルとは思えない深みと艶のある黒色」を実現する。また、6時位置、10時位置のサブダイヤルには、立体感のある金属パーツを採用。時計としての質感と視認性を高めた。

主なスマートウォッチ機能は、既存のwena wrist proと共通。iOS 8.0以上、またはAndroid 5.0以上を搭載したスマートフォンと連動して、電話着信やメール受信、SNS更新などの通知を有機ELディスプレイに表示したり、電子マネー機能、活動ログ機能が利用できる。素材はステンレスの「SUS316L」で、防水性能はヘッドが10気圧、バンド(wena)が5気圧。連続動作時間は約1週間、充電時間は約1.5時間。重さは85g。

ジャンルで探す