2万円台のデノン新サウンドバー「DHT-S216」、原音再生モード初搭載

デノンは、サブウーファーを内蔵した一体型2.1chサウンドバー「DHT-S216」を12月上旬に発売する。Bluetooth接続やバーチャル3Dサラウンド 「DTS Virtual:X」に対応するほか、原音再生「Pureモード」をデノンのサウンドバーとして初めて搭載している。価格はオープン。店頭価格は税別22,500円前後前後を見込む。

75mmサブウーファーを底面に2基内蔵し、25mmツイーター×2と45×90mmミッドレンジユニット×2も横幅890mmの本体に収めた一体型サウンドバー。本体の左右に、低音の量感とクリアさが最適なバランスになるよう設計されたバスレフポートを配置し、一体型のサウンドバーながら「リビングルームを満たす豊かな低音再生」を実現する。

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応し、DTS Virtual:X対応コンテンツを再生すると後方や頭上も含む「あらゆる方向からの音に包み込まれるイマーシブオーディオ体験」が可能になるという。他にも、Bluetooth受信に対応し、コーデックはSBCをサポートする。

原音をストレートに再生する「Pureモード」を、デノンのサウンドバーとして初めて搭載。Pureモードでは、後述のサウンドモードやバーチャルサラウンド、ダイアログエンハンサーなどの処理を行わず、デノンのHi-FiコンポーネントやAVアンプと同様に「音源に収録された音を可能な限りストレートに再生する」という。

デノンブランドのHi-Fi製品やAVアンプの音作りを担当するサウンドマネージャーと音質担当エンジニアが、DHT-S216のサウンドをチューニング。DSPによる補正に依存せず、スピーカーユニットの基本設計からエンクロージャーの形状、吸音材の分量や配置など、ベースとなる「音の良さ」をしっかり磨き上げたとしている。

視聴コンテンツやシチュエーションに合わせて音質を切り替えられる、3種類のサウンドモード(Movie / Music / Night)を搭載。さらにニュースやナレーション、映画のセリフなど、人の声を明瞭にする「ダイアログエンハンサー」機能も搭載し、人の声の周波数帯域だけを強調することで、全体の音量を上げずに聴き取りやすさを向上させる。効果は3段階で調整可能だ。

HDMI入出力を本体背面に各1系統備え、4K Ultra HD Blu-rayプレーヤーやゲーム機などの4K/60p映像をパススルーできる(著作権保護規格のHDCP 2.2対応)。また、ARC(オーディオリターンチャネル)とHDMI機器連動のCECにも対応する。その他、光デジタル入力とアナログAUX入力、サブウーファープリアウトを各1系統装備。外形寸法は890×120×66mm(幅×奥行き×高さ)、重さは3.5kg。リモコンやHDMIケーブル、光デジタルケーブル、壁掛け用スペーサーや壁掛け用テンプレートなどが付属する。

ジャンルで探す