シグマ「fp」レビュー 異色の小型フルサイズミラーレスは買いか

7月の開発発表以来、多くの写真ファンが登場を待ち焦がれていたカメラがついに登場しました。そのカメラの名は「SIGMA fp」。シグマ初のフルサイズセンサー搭載カメラであり、同社初のベイヤーセンサー搭載デジタルカメラでもあります。

何といっても注目なのがそのサイズ。パスポートよりも小さいボディに、シグマのテクノロジーを凝縮しているのです。実物を目にするだけで思わず楽しくなり、手にしたら欲しくなってしまう新基軸のカメラに仕上がっていました。

○これほど小さくても画質や操作性は上々

実際に手にしたfpは、本当に小さくて軽いです。幅112.6mm、高さ69.9mm、奥行き45.3mmで、重量はわずか370g! いまのところ、世界最小・最軽量のフルサイズミラーレスカメラとなっています。

あまりにもコンパクトなので「本当にフルサイズなの?」と思ってしまうほどですが、有効2460万画素のフルサイズベイヤーセンサーを搭載しています。しかもローパスレス仕様なので、画像は実にシャープ。発色は、シグマ独自の高精細センサー「Foveon」にどことなく寄せた味わいを感じます。

ISO感度は常用ISO100からISO25600となっており、拡張時はISO 6や12などの低感度のほか、51200や102400の高感度まで使えます。シグマのカメラとは思えない感度ですね。連写も、高速で約18コマ/秒、中速で約5コマ/秒、低速で約3コマ/秒と、シグマらしからぬスペックになっています。オートフォーカスは、昨今のスタンダードといえる顔認識や瞳AFも搭載しています。

レンズマウントは、ライカ、シグマ、パナソニックで協業を進めるLマウントを採用しており、3社からリリースされている交換レンズがそのまま使えます。小型軽量の単焦点レンズ「45mm F2.8 DG DN」がジャストフィットし、毎日気軽に持ち歩けるフルサイズミラーレス一眼となっています。

○使い勝手も不満ナシ、アクセサリーも充実しそう

小型軽量であることは分かりましたが、使い勝手はどうでしょうか。

カメラの操作は分かりやすく、シグマらしいシンプルなメニュー体系がとても直感的で好ましいと感じました。写真と動画の切り替えは、ボディ上面のスイッチをスライドするだけ。両モードは、それぞれ専用のユーザーインターフェイスが用意されており、設定がしやすくなっています。ダイヤルやボタンの配置もよく、すぐ手になじんでくれることでしょう。

ホールド感ですが、純正のマウントアダプター「MC-21」を介して一眼レフ用の高性能レンズを装着すると、さすがにフロントヘビーに感じます。しかし、最近リリースされたミラーレス専用設計の「DG DN」シリーズレンズならば、まずまずのフィット感でした。シグマには、fpにマッチする小型軽量レンズをはじめ、さまざまな交換レンズの拡充をお願いしたいところです。

写りは、新搭載のカラーモード「ティールアンドオレンジ」が気に入りました。「人肌の色などに含まれるオレンジ系の色味と、その補色に当たるティール系(シアン系のブルー)の色味を際立たせる」色作りで、ハリウッドのシネマシーンで多用されているカラーモードとなっています。このモードで撮影すると、確かに映画のワンシーンのように感じます。スチルだけでなくムービーにも適用できるので、いろいろなシーンで試してみると新たな作品作りにつなげられそうです。

グリップやLCDビューファインダーなど、すでにいくつかのアクセサリーが用意されていますが、fpはサードパーティーが自由にアクセサリーを開発できるよう、外観の3Dデータをシグマが公開しているのが特徴。なかなか面白い試みといえ、来年あたりからユニークなアクセサリーが各社から登場しそうな予感がします。

fpは、フルサイズながらいつでも気軽に持ち歩ける小型軽量ボディ、シネマ調の味わいが楽しめる描写など、毎日付き合えるカメラだと感じました。

ジャンルで探す