ゲーム派注目の「AQUOS zero2」も登場 au秋冬スマホ

KDDIが10月10日に発表した秋冬スマホの新製品、サムスン電子やシャープなどのメーカーからも実力派が続々と登場します。
○Galaxy Note10+ SCV45(サムスン電子)

画面占有率94%以上という6.8インチの有機ELパネルを搭載する「Galaxy Note10+」は、スタイラス「Sペン」での操作を特徴とするサムスン電子の高性能スマートフォン。グローバルモデルでは、6.3インチ画面の「Galaxy Note10」もラインアップされますが、auからは大画面モデルのNote10+のみ登場します。販売価格は税込み11万円台の見込み。

特徴的なのが背面カメラ。Note10+の背面カメラは超広角・広角・望遠のトリプルカメラですが、さらに深度測定用カメラ(ToF)を搭載しており、背景ボケといった撮影機能の精度が向上しています。動画にも背景ぼかしなどの特殊効果機能を施せる「ライブフォーカス撮影」が可能になりました。

写真撮影では、写真家が監修した撮影の基本ルールと、1億枚以上の写真を分析した機械学習の成果を反映させ、撮影時に理想的な構図を表示する機能も追加されました。動画撮影では、被写体にズームするとズームした方向の音に絞って音声録音をする「オーディオズーム」機能も新たに搭載しています。

Sペンは、新たにジャイロセンサーと加速度センサーを搭載し、ペンの動きを検知できるようになりました。新搭載の「エアアクション」機能では、Sペンを上下左右に振ったり、円を描いたりすることで、カメラのモード切替やズームといったジェスチャー操作に対応しました。YouTubeアプリでは、音量変更や早送りなどの操作も可能です。手書きした文字をテキスト化する機能も進化しています。

販売開始は10月18日。Galaxy Note10+を予約・購入のうえ専用Webサイトから応募すると、全員にワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」をプレゼントするキャンペーンが実施されます。予約期限は発売日前日で、対象購入期間は10月31日まで。

OS:Android 9 Pie
ディスプレイ:約6.8インチ/Quad HD+ /Dynamic AMOLED
メインカメラ:約1,600万画素/約1,200万画素/約1,200万画素/深度測位カメラ(ToF)
サブカメラ:約1,000万画素
バッテリー容量:4,300mAh
メモリー:256GB(ROM)/12GB(RAM)
外部ストレージ:microSDXC(最大1TB)
本体サイズ:約77(W)×162(H)×7.9(D)mm
重さ:約197g

○AQUOS zero2 SHV47(シャープ)

約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載した、シャープのフラッグシップスマホ「AQUOS zero2」。画面の描画回数を従来の倍となる毎秒120回としたほか、残像を低減するため各フレーム間に黒画面を挿入することで、従来比4倍となる毎秒240回の高速表示が可能。タッチパネルの反応速度も高めており、特に動きの速いゲームを快適に楽しめるようにした。

バッテリーは3,130mAh容量ながら、本体重量は140g台と軽く仕上げた。AQUOSシリーズ初の画面内指紋センサーを搭載し、見た目もすっきりとしている。

販売開始は2020年1月下旬以降。販売価格は未定。

OS:Android 10
ディスプレイ:約6.4インチ/FHD+/OLED
メインカメラ:約2,010万画素/約1,220万画素
サブカメラ :約800万画素
バッテリー容量:3,130mAh
メモリー:256GB(ROM)/8GB(RAM)
外部ストレージ:なし
本体サイズ:約74(W)×158(H)×8.8(D)mm(暫定値)
重さ:140g台(暫定値)

○AQUOS sense3 plus サウンド SHV46(シャープ)

迫力のある映像やサウンドを楽しむことを強化した中級機。画面は約6.0インチのIGZO液晶で、写真や動画をリアルかつ色鮮やかに楽しめる「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載。

音響面はDolby Atmosに対応したステレオスピーカーにより、家の中などではイヤホンがなくても臨場感のあるサウンドが楽しめる。PioneerブランドのaptX HD対応のワイヤレスイヤホン「C7wireless Special Edition」も標準で付属する。バッテリー容量は、AQUOS史上最大となる4,000mAh。

販売開始は12月中旬以降。販売価格は税込み4万円台の見込み。

OS:Android 9 Pie
ディスプレイ:約6.0インチ/FHD+/IGZO
メインカメラ:約1,220万画素/約1,310万画素
サブカメラ:約800万画素
バッテリー容量:4,000mAh(暫定値)
メモリー:64GB(ROM)/6GB(RAM)
外部ストレージ:microSDXC(最大512GB)
本体サイズ:約75(W)×160(H)×8.7(D)mm(暫定値)
重さ:約175g(暫定値)

○AQUOS sense3 SHV45(シャープ)

AQUOS史上最大となる4,000mAhのバッテリーを搭載したモデル。省エネ性能が高い5.5インチのIGZO液晶ディスプレイとの相乗効果で、バッテリー切れを気にすることなく使えます。本体は防水や耐衝撃(落下)性能を備えています。

背面カメラは超広角カメラを含むデュアルカメラ。新しい画像処理エンジン「ProPix2」を搭載し、被写体の動きに合わせてAIが最適なシャッタースピードを決定し、ブレを抑えた写真を簡単に撮影できます。動画撮影では、AIが被写体や構図を分析し、笑顔の瞬間や動きに変化があるシーンを自動的に抽出したショートムービーを自動で作成する「AIライブストーリー」を初めて搭載したのも特徴です。

販売開始は11月上旬以降。販売価格は税込み3万円台の見込み。

OS:Android 9 Pie
ディスプレイ:約5.5インチ/FHD+/IGZO
メインカメラ:約1,200万画素/約1,200万画素
サブカメラ:約800万画素
バッテリー容量:4,000mAh
メモリー:64GB(ROM)/4GB(RAM)
外部ストレージ:microSDXC(最大512GB)
本体サイズ:約70(W)×147(H)×8.9(D)mm
重さ:約167g

○Galaxy A20 SCV46(サムスン電子)

約5.8インチの大画面ながら持ちやすさを重視し、ケータイからの乗り換えに向く普及価格帯モデル。au公式のスマートフォンの使い方学習アプリ「auかんたんガイド」をプリインストールしており、操作や文字入寮k、LINEなどのアプリの使い方がスマホで参照できます。大きなアイコンの「かんたんモード」に切り替えることも可能で、シニア層にも向きます。

本体は防水性能(IPX5/8)と防塵性能(IP6X)(注14)を備えており、バッテリーも3,000mAhと大容量。本体にFMラジオ機能を搭載しており、イヤホンを接続すればFMラジオが楽しめます。

販売開始は10月25日。販売価格は税込み2万円台の見込み。

OS:Android 9 Pie
ディスプレイ:約5.8インチ/HD+/PLS TFT
メインカメラ:約800万画素
サブカメラ:約500万画素
バッテリー容量:3,000mAh
メモリー:32GB(ROM)/3GB(RAM)
外部ストレージ:microSDXC(最大512GB)
本体サイズ:約71(W)×150(H)×8.1(D)mm
重さ:約151g

○BASIO4 KYV47(京セラ)

シニアなど初めてスマホを使う人に向けて使いやすさを重視した入門機。ディスプレイはシリーズ最大の約5.6インチで、パネルも表示性能の高い有機ELを搭載したのが特徴です。ホーム画面は大きく見やすい専用設計で、パネルの下には電話とメールの専用ボタンも搭載します。よく使う文字の種類への切り替えを容易にする文字入力レイアウトの採用で、スムーズな文字入力ができるよう工夫しています。側面には、スマホ決済サービス「au PAY」などが簡単に起動できるダイレクトボタンも搭載。

スマホ入門者向けの独自アプリも充実しています。困りごとを解決する「スマートフォンの健康診断」アプリは、ボタンのタップで状況を自動で診断し、修復も可能。スマートフォンの使い始めをサポートする「使い方練習」アプリは、実際に操作しながら使い方を楽しく学習できます。

インターネットラジオから簡単にFMラジオに切り替えできる「radiko+FM」アプリを搭載し、イヤホンを接続すればパケット通信をせずにFMチューナーでラジオが楽しめます。

販売開始は2020年2月以降。販売価格は未定。

OS:Android 10
ディスプレイ:約5.6インチ/HD+/AMOLED
メインカメラ:約1,300万画素
サブカメラ:約500万画素
バッテリー容量:3,300mAh(暫定値)
メモリー:32GB(ROM)/3GB(RAM)
外部ストレージ:microSDXC(最大512GB)
本体サイズ:約71(W)×159(H)×8.9(D)mm(暫定値)
重さ:約160g以下(暫定値)

ジャンルで探す