バルミューダ、”光の柱”となりて空気の汚れを浄化する空気清浄機「BALMUDA The Pure」

バルミューダは韓国・ソウルにて、空気清浄機「BALMUDA The Pure」を発表しました。日本で2012年に発売した空気清浄機「AirEngine」の後継機となります。日本の10倍もAirEngineを売り上げた韓国で先行販売し、日本でも3月14日に52,000円(税別)で発売する予定です。

本体は縦に長い長方形で、本体下部の吸気口から空気を吸い込み、本体天面からキレイな空気を放出します。1分あたり7,000リットルの空気を清浄可能。空気を送り出すファンの上には、航空機のジェットエンジンでも使われる整流翼を搭載しました。天井までキレイな空気を届け、部屋中に空気を拡散させます。

バルミューダらしいオシャレなデザインも忘れていません。本体下部の吸気口と、空気が通る流路は空気清浄中に点灯する仕組みで、バルミューダいわく「光の柱」を通って空気が浄化されていきます。空気清浄のモードによって、光の明るさも変化します。イメージとしては、闇に巣食う悪魔(空気の汚れ)が天使の光(空気清浄機)によって浄化される、なんて感じでしょうか。

運転モードとして、15分で空気をキレイにする「ジェットモード」を搭載。帰宅直後など、早急に空気をキレイにしたいときにオススメだとしています。

フィルターにはTrueHEPAフィルターを採用。0.3μmの微粒子を99.7%キャッチ可能です。このほか、サッカーコード6面分の活性炭フィルターも内蔵し、部屋のニオイを消臭してくれます。

本体サイズはW260×H700×D260mm、重さは約7.4kg。設置面積はほぼA4サイズとなっています。運転音は19dBから64dB、適用畳数は36畳まで。交換用の集じんフィルターは7,000円(税別)、脱臭フィルターは3,000円(税別)、集じん・脱臭フィルターセットは9,500円(税別)です。

ジャンルで探す