平成仮面ライダー・20作のエンブレムをベゼルに刻んだコラボウオッチ

平成仮面ライダーの20作品と、モーターサイクルウエアブランドの「ハロルズギア」がコラボレーション。平成仮面ライダーを象徴するデザインの腕時計が登場する。バンダイが運営する「バンコレ!」サイトにて、2019年2月25日23時まで予約を受付中だ。製品は2019年4月の発送を予定している。ラインナップは2モデル、それぞれ46,440円(税込)だ。

今回のコラボレーションモデル「ハロルズギアDG×平成仮面ライダー20作記念 2000-2018 MEMORIAL WATCH」は、ハロルズギアのデザイナーがライダーファンの気持ちを最優先に考えたという大人向けの製品。

2モデルの内容は、平成第1期(クウガ、アギト、龍騎、555、剣、響鬼、カブト、電王、キバ、ディケイド)をテーマにした「PHASE:I MODEL(シルバー)」と、平成第2期(W、○○○、フォーゼ、ウィザード、鎧武、ドライブ、ゴースト、エグゼイド、ビルド、ジオウ)テーマにした「PHASE:II MODEL(ブラック)」。

両モデルとも、各ライダーのエンブレムを大型ベゼルに刻んでいる。平成第1期のライダー達を刻んだベゼルと、平成第2期のライダー達を刻んだベゼルが付属し、交換が可能だ(交換は時計店に依頼)。

PHASE:I MODELは、3時位置と9時位置に、平成仮面ライダーの10周年記念作品、ディケイドをリスペクトしたというバーコードデザインをあしらった。文字板はシルバー。

一方のPHASE:II MODELは、12時位置と6時位置に、昭和~平成~次の元号への継承をイメージしたという、縦方向のスリットラインを入れている。文字板はブラック。

共通の仕様として、ケース・ベゼル・バンドの素材がステンレススチール、ケースサイズがW47×H52×D13mm(りゅうずと爪の部分を除く)、防水性能は10気圧。バンドには、仮面ライダージオウの胸の意匠を取り入れており、裏ぶたには平成仮面ライダー20作品のロゴをしるした。

(C)石森プロ・東映
(C)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

ジャンルで探す