「ここまで流行るとは……」春きたる完全ワイヤレスイヤホンと、生まれ変わった「GLIDiC」

●ようやく完全ワイヤレスとして「使える」ものが出た
SB C&Sは2018年11月に、完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」「Sound Air TW-5000s」、およびネックバンド型のワイヤレスイヤホン「Sound Air WS-5100」を発売しました。いずれも、「動くひとの、音」をテーマにしたオーディオブランド「GLIDiC」の製品です。開発を担当した小宮義徳さん、中村拓哉さん、村井隼人さんに、完全ワイヤレスイヤホン市場やGLIDiCの製品について話を聞きました。

―― 2018年は完全ワイヤレスイヤホン市場にとって、まさに「花開く」年だったと思います。振り返ってみていかがでしょうか。

小宮:完全ワイヤレスタイプのイヤホンで元祖は、2015年にEARIN社が発売した「EARIN」と言われていますが、当時はここまで流行るとは思ってなかったんですね。Appleから「Airpods」が登場したのが2016年。そこで完全ワイヤレスイヤホンが注目されてから、内蔵チップの性能が劇的に上がったんです。

今は業界全体がチップに力をいれてて、2016年当時だったら1時間くらいしかもたなかったバッテリーでも、今のチップを使えば3時間、4時間くらい音楽を聴けるようになってきました。2018年はようやく完全ワイヤレスとして「使える」ものが出てきたなという感じです。

小宮:完全ワイヤレスタイプでも、ある程度の性能が担保された今、ケーブルのありなしはユーザーによって大きな問題でしょう。完全ワイヤレスイヤホンを使ったことのあるユーザーは、「あれ、ケーブルってこんなにわずらわしかったんだ」と気づきますよね。今後、完全ワイヤレス市場がもっと伸びていくのは間違いないと思います。

―― 市場が伸びていくにつれて、浮かび上がってくる問題もありそうですが……。

中村:完全ワイヤレスイヤホンでいうと、いまだに左右の接続が切れやすいものが非常に多いんです。イヤホンなんですから、音楽を聴けるのは当たり前だと思ってみんな買いますよね。なのに使ってみると「音が途切れます」なんて、ありえない。ユーザーにとって「当たり前」を実現しているのが前提であるべきなんですけど、そこをクリアしていないメーカーも多い気がします。

中村:左右の接続が切れるなんて、低レベルな話をしている場合じゃないぞと。GLIDiCはどのモデルでも、左右の接続が切れない最新チップを選び、アンテナ設計を考えたうえでデザインしています。

●ライバルとしてAppleは意識してるの?
―― 2018年は5,000円を切る低価格の完全ワイヤレスイヤホンも登場しました。価格設定について考えていることを教えてください。

小宮:私たちが2016年にネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン「WS-5000」を出したときは、競合といえるのがソニー、ボーズくらいしかいなかったんですよね。だから当時は、1万円を切る価格というだけで十分なインパクトがありました(編注:WS-5000は2016年当時、SoftBank SELECTION オンラインショップで税込7,992円という価格で販売された)。

2018年は低価格な完全ワイヤレスイヤホンがたくさん登場しました。なかには3,000円くらいのものも見かけます。これはぜひ話しておきたいのですが、完全ワイヤレスイヤホンって、当たり前ですけど左右のイヤホン本体にバッテリーが入っているわけです。「耳の中にバッテリーそのものをいれる」って、実はとても怖いことなんですよ。

小宮:安いバッテリーを使えば、GLIDiCの製品も価格を下げられますが、それで安全性を担保できるとは思えない。モバイルバッテリーが電車で発火する事件って、時々ニュースになるじゃないですか。あれが耳の中で起こったら……考えるだけで大惨事ですよね。そういった目に見えないところの設計を考え、一定のクオリティを担保した結果、どのモデルもおのずと10,000円前後という価格帯になったのです。

―― TW-7000は、Airpodsと同じく15,000円前後の価格帯と言えます。正直、Appleをライバルとして意識しているのでしょうか?

※TW-7000が14,990円(税込)、Airpodsは18,144円(税込)

中村:はじめからAppleと同じフィールドで戦っているわけではありません。ブランドの知名度が違いすぎるんですよね。まずは、Apple以外のブランドを探すユーザーがターゲットだと思っています。

でも、Airpodsと比べてTW-7000を選ぶユーザーはけっこういると思います。理由の1つはデザイン、もう1つはスペックです。1つ目のデザイン面だと、AirpodsとTW-7000はまったく別ジャンルだと考えています。Airpodsって特徴的な形状をしているうえに、外の音が聞こえる設計になっていますよね。

ですがTW-7000は耳栓型なので、自分が集中したいコンテンツを聞くって意味で、2つはまったく別物だと思っています。スペック面だと、たとえばAirpodsの連続再生時間は5時間、TW-7000の連続再生時間は9時間です。こうしたスペックを比べて、こっちを選ぶ人もいるんじゃないでしょうか。

●GLIDiCの新作、特徴は?
―― GLIDiC製品で、それぞれの特徴を簡単に教えてください。

村井:「Sound Air TW-5000s(以下TW-5000s)」は、前モデル「Sound Air TW-5000」をマイナーチェンジしたもの。基本的には、Amazonのレビューや、ポタフェスなどに参加して調査したユーザーの不満を解消するモデルとなっています。

村井:ユーザーから「取り入れてほしい」と意見が多かった外音取り込み機能を新搭載したほか、左右のイヤホンによるステレオ通話にも対応させました。

―― ちなみに今回で最も「マイナーチェンジ」といえるところはなんでしょうか?

村井:イヤホン本体と、充電ケースのコネクタ部分にあるピン数を見てください。前モデル「TW-5000」が2ピンなのに対して、今回のTW-5000Sは3ピンになっているんです。TW-5000で、「ケースのバッテリーが切れたときに、イヤホンをケースにしまっても、イヤホンの電源がオフにならない」という意見があったんですよ。

今回、1ピン増やしたことで、ケースのバッテリー容量が空になったとしても、イヤホンをいれるとイヤホン本体の電源をオフにするよう電気信号が流れるんです。

―― 前モデルから音質での変更はありますか?

村井:音質は特に変えていません。もともとフラットな音質で、「人の声がよく聞こえる」ことを目指し、中高音に重きをおいています。低音が弱いという意見はもちろん多かったのですが、それをカバーするために今回は新モデル「Sound Air TW-7000」をラインナップしています。

―― では次に、Sound Air TW-7000について教えてください。

中村:TW-5000sをベーシックモデルと位置づけた場合、その上位モデルにあたるのが「Sound Air TW-7000(以下TW-7000)」です。もう少し上のランク、完全ワイヤレスイヤホンにちょっと慣れてきたユーザーをターゲットに、より完成した音楽体験を届けるために開発しました。

中村:音質チューニングも、TW-5000sとはだいぶ異なります。TW-5000sが聞きやすい音を目指したのに対して、TW-7000はフラットというより、音源そのものを楽しめる「豊かなサウンド」をうたっています。

中村:TW-5000sより連続再生時間も長いですよ。TW-5000sが3時間なのに対して、TW-7000は9時間となっています。ケースで充電しながら使えば25時間。急速充電機能にも対応し、10分の充電で2時間も音楽を再生できます。朝、充電していないことに気づいても、着替えている間に充電しておけば通勤、通学時に音楽を楽しめますよ。

―― 充電ケースのデザインがTW-5000sと違うのは見て分かるのですが、イヤホン本体は同じデザインですか?

中村:違うものなんです。TW-7000はちょっと変わった形状を採用していて、特に耳へあたる部分がちょっといびつな形。カスタムイヤホンを手掛けるカナルワークスにデザインを監修してもらっていて、有機的なデザインを採用しました。くぼみやノズルに角度を設けることで、しっかりした耳へのフィット感を実現しています。

―― バッテリーケースのデザインをTW-5000sと違ったものにしたのはどうしてでしょう? そろえたほうがシリーズの統一感が出ると思います。

中村:ケースのデザインを変えるか統一するかは賛否両論だったんです。でもポケットにいれるためどうしたらいいかを考えた結果、こうした形になりました。最初の完全ワイヤレスイヤホン「TW-5000」も、ケースの体積が小さくて非常に好評だったのですが、ある一面ではポケットにいれにくいと。

TW-7000は「カバンを持ち歩かない」「ポケットになんでもいれたがる」というユーザー、どちらかというと男性をターゲットにしています。

―― 唯一ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンである「WS-5100」はいかがでしょう。完全ワイヤレスイヤホンがとても注目されている今、あえてネックバンドタイプを開発した理由を教えてください。

小宮:注目されているのは完全ワイヤレスタイプですが、いわゆるネックバンド型のワイヤレスイヤホン市場も伸びているんですよ。有線でイヤホンを使っているユーザーの場合、いきなりケーブルを完全になくすのは不安だという人がけっこういて、今はまさに過渡期なのではないでしょうか。

もちろん、どのメーカーも完全ワイヤレスイヤホンでフィット感を重視し、落ちないよう設計していますが、初めてのユーザーは「落ちちゃう」「なくしちゃう」ことが不安なんですね。そういったユーザーが減れば、ネックバンドタイプの製品はいずれ必要なくなるかもしれませんが……しばらくは需要がありそうな気がします。

小宮:「Sound Air WS-5100(以下WS-5100)」の前モデルとして、首にかける部分が細いワイヤーだった「Sound Air WS-5000(以下WS-5000)」がありました。WS-5100では首にかける部分を太くして、WS-5000ではイヤホン本体に内蔵していたバッテリーをネックバンド部分の先端におくことで、重量バランスをとっているんです。

WS-5100のネックバンドは右と左の重量バランスをかなり気にしていて、ボタン側の基板と、バッテリー側の重さが同じになるよう調整しました。音楽を聞いているとき、不用意にネックバンドが右にずれたり、左にずれたりすることがないようにしているんです。

それとネックバンド型のワイヤレスイヤホンって、使い終わったら「どうやってしまうのか」という問題が出てきます。ネックバンド型のワイヤレスイヤホン全般のレビューで、非常によく見かける意見だったんですよ。完全ワイヤレスイヤホンと違って、ケースにしまう人は少ないと思います。そこで、WS-5100はケーブルをコンパクトにたためるようにしたんです。

―― WS-5100でこのほかポイントはありますか?

小宮:急速充電に対応していることでしょうか。サイズをあえてWS-5000より大きくしたことで、やれることが増えたんです。10分の充電で5.5時間の連続再生、しかも27分でフル充電にできます。私が調べたところ、すべてのワイヤレスイヤホンで最速なんじゃないかな。

ユーザーによって、充電環境は違うじゃないですか。ある人はPCから充電するでしょうし、ある人はiPhoneに付属するACアダプタを使うかもしれない。どんなデバイスを使っても「急速充電」をうたえるようにしました。

―― WS-5100の音質についてはどうですか?

小宮:ポタフェスに出展してユーザーの意見を聞いたり、Amazonのレビューを見たりしていると、WS-5000で音質が悪いという人は総じて「低音が不足している」ことに不満があるようでした。なのでWS-5100では、音質を「通常モード」と、低音を強める「Bass Sound Mode(バスサウンドモード)」の2つを用意しています。

―― 音質の変更はアプリから操作するんでしょうか?

小宮:アプリは必要ありません。本体の多機能ボタンを2秒押すだけでモードが変わります。ユーザーが購入したあと、アプリをダウンロードする手間をなくすために、GLIDiC製品はすべてアプリを使わず、買ってペアリングすれば、すぐ使えることをコンセプトにものづくりをしているんです。

―― それぞれの製品、ユーザビリティとともに細かいところまで作り込まれているわけですね。今回はどうもありがとうございました。

ジャンルで探す