あたたかみのある調理家電「BRUNO crassy+」シリーズデビュー

インテリア雑貨およびライフスタイル商品の企画・開発・販売を手がけるイデアインターナショナルは1月10日、ライフスタイルブランド「BRUNO(ブルーノ)」から、新シリーズとなる「BRUNO crassy+(ブルーノ クラッシィ)」の展開を発表した。

誕生の背景は、核家族化、働き方改革、ディンクス、デュークスなど、ライフスタイルが多様化する現代において、「毎日にゆとりをもたらす機能と、暮らしにゆたかさをプラスするアイデアを落とし込んだ新シリーズ」としている。

第1弾として、2月13日から「オーバルホットプレート」、第2弾として4月末から「マルチ圧力クッカー」「真空ブレンダー」を発売する。

オーバルホットプレートは、本体サイズ幅390×高さ150×奥行260mm(平面プレート、フタ使用時)、重量約2.8kg(平面プレート、フタ使用時、電源コード含む)のホットプレート。

平面、たこ焼き、鍋と付属するプレートが充実しており、さまざま料理が楽しめる。テーブル調理が気軽にできるので、家族やゲストと一緒にホットプレートを囲んで楽しい食卓に。本体価格は16,000円(税別)、本体カラーはグレージュとブラックの2色。

4月末に発表予定のマルチ圧力クッカーは本体価格が15,000円(税別)、カラーはアイボリーとブラウン。真空ブレンダーの本体価格は45,000円(税別)、本体カラーはグレージュとブラウン。これらの詳細は2月下旬に発表される予定だ。

ジャンルで探す