アンカーが1台2役のBluetooth送受信機、バッテリーで駆動

アンカー・ジャパンは6月15日、Bluetooth 5.0に対応したBluetooth送受信機「Anker Soundsync」を発表した。本体側面のスイッチを切り替えることで、トランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)の機能を切り替えて使えるのが特徴。Amazon.co.jpでの販売価格は税込3,999円で、先着500台に限り税込3,199円で販売する。発売は6月15日。

ケーブルで接続している音声ラインをBluetoothのワイヤレス接続に変換するためのユニット。1台でトランスミッターとレシーバーを切り替えて使えるのが特徴。トランスミッターモードにすると、ワイヤレス接続に対応していないテレビやオーディオ機器のサウンドをBluetoothヘッドホンなどで楽しめる。レシーバーモードにすれば、ワイヤレス接続に対応していないオーディオ機器でスマホの楽曲を再生できる。

それぞれのモードでは、最大2台のBluetooth機器が接続できる。トランスミッターモードでは2台のヘッドホンに接続でき、レシーバーモードではスマホとタブレットなど2台の機器と接続できる。

本体にバッテリーを内蔵しており、電源がない場所でも利用できる。再生時間は、トランスミッターモードが約25時間、レシーバーモードが約17時間(いずれもAUX接続時)。microUSB経由で充電できる。

Bluetoothは最新のBluetooth 5.0に対応。データの転送速度が従来の約2倍となり、遅延が減少するほか、接続も安定するという。通信距離は約10m。

本体サイズはW70×H22×D70mm、重さは約51.5g。

ジャンルで探す