ハンドルとポケットつきパソコン、家で使うのに便利すぎた

Gif: Artem Golub / Gizmodo US

HPの新商品「HP Envy Move All-in-One」(以下、HP AIO)は、新しいデスクトップパソコンの形を提案していると思います。ハンドルとポケットがついて、持ち運ぶことを前提にデザインされたデスクトップです。

ラップトップとはまた別

持ち運ぶならラップトップで、タブレットでよくないですか?

…と、最初に見たときは思ったのですが、前提に「みんなで使う」を入れると、なるほどコレはコレでありだなって思います。

スマホ普及でパソコンは持っていない人もいる昨今。それでも、仕事や勉強、ゲームでパソコンを使いたい時はあります。そこで、家族みんなでも、個人でも使える端末となると、なるほどラップトップよりもデスクトップです。23.8インチの大きな画面は見やすいです。それが持ち歩けるなら、確かにいい。とくに、こどもが使用する場合、タブレットやスマホだと、画面サイズや姿勢は気になりますから。

さらに、この大画面はタッチスクリーン。ハンドルをつけたという単純な発想ながらも、ラップトップとデスクトップとタブレットのいいとこどりしたハイブリッド端末になっているのです。

米Gizmodoが実際に端末を触ってきました! 以下、米Gizのハンズオンレビューです。


ケーブルを繋ぐことなく、どこにでも持ち運べるパソコン「 HP Envy Move All-in-One」。好印象かつ新しいアイディアですが、気になるのは価格。この価格に見合ったパフォーマンスはあるの、かな?

240207hpaio01

Photo: Artem Golub / Gizmodo

1200ドルは、レビュー用として編集部に届いた構成(Core i5 13世代プロセッサ、ストレージ容量1TB、メモリ16GB、Intel Iris Xeグラフィック搭載)の場合。日本では22万円から

ユニークなデザイン

240207hpaio02

Photo: Artem Golub / Gizmodo

HP AIO最大の魅力は、ハードウェアとしてのユニークなデザイン。まず、モニター下にキックスタンドが付いています。これ、置いた時だけ、くるっと出てくるんです。

モニター背面にはファブリック素材のポケットがあり、これはキーボードなどを収納するため。背面上部にはハンドルがあり、これは持ち運ぶため。片手で持ち運べるように、必要なものはすべてセットになっているのです。外に持っていくときは、専用のシェルパカバーもついています。

持ち運びやすくはなっていますが、そこそこ重い。10ポンド(約4.1キロ)なのでもちろん持てますけど、そりゃラップトップの方が軽いよね。

で、この重さならもうあちこち移動しないって言うならば、プロセッサCore i5搭載でもうちょっと安い端末を選ぶ方がきっといいでしょう。

この流れで、ちょっとマイナスなことを先に言うと…、ポートが少ない。

HDMIポート(映像入力用)が1つ、充電スロット、USB-Aが1つ、USB-Cが1つ。あとは、明るさと音量の調整ボタンと、映像ソースのボタンがあるだけ。イヤフォンジャックもSDカードスロットもEthernetもなし。モニター裏にはコントロールパネルなし。

240207hpaio03

HDMIは入力用。つまり、ゲーム機やノートPCのディスプレイとして使うためのものです。
Photo: Artem Golub / Gizmodo

240207hpaio04

Photo: Artem Golub / Gizmodo

個人的には、背面のキーボードポケットの位置をもうちょっとあげて、ポートやパネルをいれてもよかったのではと感じます。ファミリー使用を考えると、イヤフォンジャック欲しかったな

あと、もう1つはモニターの角度。10度しか動かないんです。ここも、もうちょい可動域欲しかった…。

性能は上々!

ちょっとネガティブになりましたが、パフォーマンスは上々です。i5搭載で、Geekbench 6のシングルコアのベンチマークが2064とは、Intel i7が2500なことを思えばかなりいいと思います。

ベンチマークアプリ「Heaven Unigine」でグラフィックを試しましたが、平均21.3 FPS、最大47.3FPSでした。

ベンチマークの数字だけでなく、体感としてもよい。1週間仕事で普段使いしましたが、何も問題を感じることはありませんでした。

ゲームで使う場合、Xbox Cloud GamingとGeForce Nowは動きがスムーズ。Bluetoothでコントローラーを接続すれば、『Halo Infinite』も『フォートナイト』も即プレイ。

240207hpaio05

大画面のタッチスクリーン!
Photo: Artem Golub / Gizmodo

23.8インチ(2560 x 1440)のタッチスクリーンのリフレッシュレートは、60Hzか75Hzの2オプション。ディスプレイの色も明るくポップで、コントラストも申し分ありません。画質もシャープなので、YouTubeやNetflixなどのエンタメ用途に不満なし。

キーボードとバッテリー

240207hpaio06

Photo: Artem Golub / Gizmodo

キーボードは、音は少々うるさいものの、キビキビした動きがよし。タッチパッドがついているのがいい反面、その分キーボード自体は65%なのでナビゲーションキーなどが省略されています。ここは好き嫌い分かれそう。

キー自体の深さはあまりなく、打った感覚は弱め(でも音は大きめ)。個人的には1週間使っても、完全には慣れられずタイプミスがちょいちょい発生してしまいました。

一方、トラックパッドは上々。小さすぎることもなく使いやすかったです。

バッテリーもち、めちゃいいです。HP公式はバッテリーもち4時間ですが、米Giz編集部のバッテリーテストでは、5時間ちょいもちました。移動させて使う想定だけに、これはありがたい。

アリかナシかは予算が大きい

240207hpaio07

Photo: Artem Golub / Gizmodo

レビューした米Gizとしては、1番気になるのはやはり価格だそう。1200ドル(日本価格は22万円)ならば、M3チップ搭載のApple iMac(1300ドル、日本価格20万円弱)とほぼ同等じゃないか、と。(タッチスキリーンとポータビリティはないけどね。)

ただ、HP AIOとiMacで迷う人、横並びで比較する人は、たぶん、ほぼいないよね。iMacじゃなくても、デスクトップまたはラップトップのどちらかとして考えてしまうと、同じ価格帯で同性能の商品は少なくないです。

HP AIOは仕事でも使えますが、やはりメインは家族みんなで使えるファミリーパソコンという印象。複数人が家のあちこちでそれぞれ使ったり、リビングでみんなで使ったり、そんな端末です。

となると、繰り返しますが、やっぱりイヤフォンジャックないのが悔しいな…。

ジャンルで探す