ソニーが考えた、「耳の前にスピーカーを浮かせる」イヤホン

230125floatrun_01

Image: Sony

イヤホン、進化が止まらない。

ソニーからスポーツ向けの新しいワイヤレスイヤホン「Float Run(フロートラン)」が発表されました。見た目はShokzのような骨伝導イヤホンをイメージさせますが、真逆のアプローチを狙った異色作です。

新たな耳をふさがないリスニング方法

230125floatrun_02

「Float Run」は、耳の横にスピーカーを浮かせるタイプのイヤホン。耳の周りの骨を振動させないことを旨としていて、真の意味でのオープンイヤーを実現しています。

耳穴の周辺は完全に開放されていますから、これをオープンと言わずしてなんと言おうか。

装着方法は、耳の付け根から裏側に引っ掛けるスタイル。耳裏周辺の部位にバッテリーやチップを寄せることで圧力を分散させているそうな。

イヤホンとしては大口径寄りの16mmドライバーを採用。重量は33gと非常に軽量で、バッテリーは最大10時間。防水性能はIPX4で、小雨や汗程度なら耐用圏内です。さすがスポーツ向け。

とはいえ、この形状だと気になるのが音漏れです。ワタナベカズマサさんいわく、iPhoneに接続して音量70%程度であれば許容できる程度の漏れになるとのこと。

また、ソニーのイヤホンアプリ「Headphones Connect」には非対応です。

230125floatrun_03

2023年2月3日発売予定で価格は1万9800円

耳の周囲にスピーカーを作るって発想はOladanceに似ていますが、これも新たな、ながら聞きイヤホンといえそうです。スポーツだけでなく在宅ワークなど、普段から使っても良さそうですね。

いま大人気の「耳を塞がないイヤホン」の記事まとめ

Source: ソニー

ジャンルで探す