政府の緊急事態宣言 今後の方針は

CPU、メモリ、グラボのコネクタばかりをチラ見せするカバード・マザーボード

2021-0710-n7-z590-01-1

Image: NZXT

触れる部分はここだよ、と教えてくれているのでしょうか。

ゲーミングPCの文化は、PC内部を美しく魅せるというルッキズムに昇華しました。NZXTの「N7 Z590」はその流れにバリエーションをもたせるものといっていいかも。なにせ表面の大部分をメタルパネルでカバーして、ミニマルな雰囲気を醸し出しているのですから。

1622240049-n7-z590-h510i-white-case-kraken-z-liquid-system-hero-low-light_result

Image: NZXT

各クーラーのLEDを光らせたら、サイバー水槽のようでもあり、上流志向な未来都市っぽさもあり。コイツつかったデスクトップPCを置く場所は、綺麗で無駄のない部屋じゃないと許されなさそうな雰囲気すらあります。

1622571127-n7z490-white-explodedview2-jpg-2_result

Image: NZXT

Intel Z590チップセットを採用、第10世代/第11世代Coreに対応したATXマザーボードで、メモリスロットはDDR4×4枚(最大128GB)、拡張スロットはPCI Express 4.0x16などを備え、USB 3.2 Type-Cにも対応します。スペックそのものは現時点で最新最速クラス。SSD接続スロットもPCI Express 4.0だもん。

気になるお値段は279.99ドル(約3万1000円)。日本での販売は未定だそうですが、期待したいですね。

Source: NZXT

ジャンルで探す