Echo Show 10でもZoomができるように

Image: Catie Keck/Gizmodo

キラーアプリ登場

Amazon(アマゾン)の「Echo Show 10」は、動画を流したり友人や家族に電話をかけたりと、魅力的なガジェットです。しかし、意外なことに、Echo Showにはパンデミックの際に世界中で使用されている主要アプリこと「Zoom」がなかったのです。

先月に米GizmodoがEcho Show 10をレビューした際、アマゾンのスポークスパーソンはZoomへの対応が「近日中になる」と語っていました。そして、その時がきたのです。第3世代のEcho Show 10を所有するユーザーは、「Alexa, join my meeting」「Alexa, join my Zoom meeting」「Alexa, join my Amazon Chime meeting」などのコマンドにより、AlexaにZoomやAmazon Chimeのミーティングに参加するよう指示できるようになりました。

Echo Show 10ではAlexaアプリをつうじてカレンダーがリンクされていれば、ハンズフリーで会議を開始できます(音楽アプリなど他の一部のサービスへの対応も同様の仕組みです)。アマゾンによると、Alexaは「ミーティングIDやパスコードを入力しなくても、参加したい会議のタイトルを確認するだけで、予定していた会議を完全にハンズフリーで自動的に開始できます」と伝えています。

ZoomのサポートはEcho Show 10の盲点だったので、今回の対応は歓迎したいですね。しかしEcho Show 10の唯一の大きな欠点は、より多くのストリーミングアプリのサポートでした。

たとえばYouTube専用アプリがあれば、Echo Show 10の現在の限られたストリーミングアプリのラインナップ(Food Network Kitchen、Happy TV、Hulu、NBC、Netflix、Prime Video、Redbull TV、Tubi)に、最低限の機能を追加できます。現在はウェブブラウザーでYouTubeにアクセスできますが、専用アプリなら動画の続きを見たいときなどに便利です。

なにはともあれ、Zoomの追加によりロックダウン中でも家族に電話をかけることができるようになったのです。よかったよかった。

ジャンルで探す