映画の閉鎖空間でのアクションシーンをターン制で再現した奇抜なカードゲーム

201118fits

Image: Mode 7/YouTube

スタイルもアイデアもかっこいい!

アクション映画ではお馴染みのとなっている狭い空間での格闘シーン。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でのエレベーター内での格闘など、近年の映画でもとても印象的なものが多いですよね。そんな熱いシチュエーションをターン制のカードゲームにした非常に奇抜なゲームが発売されました。

このゲーム『Fights in Tight Spaces』のタイトルは直訳するとそのまんまな「狭い空間での格闘」。『007/カジノ・ロワイヤル』のオープンニングを彷彿とさせる、シンプルなシルエットがベースのアートのスタイルが超かっこいい。

ゲームとしては、主人公の「エージェント」を操作し、デッキから引いたカードに書かれた技を駆使して敵を倒し危険な状況を生き延びるというのがテーマ。ゲームを進めていく中でカードを手に入れてデッキを強化していくという成長要素があるとのこと。

ヒリヒリした緊張感をターン制で表現するというアイディアだけでもかなり面げですが、Eurogamerの記事に掲載されたレビューによれば、ただ強力なパンチを繰り出せばいいというわけではなく、上手く防御や移動技を使っていく必要ありかなりの難易度で最初のステージをクリアするのも難しい様子。

『Fights in Tight Spaces』は現在Xbox X/S向けにXbox Game Preview(いわゆるアーリーアクセス版)として販売中で、2021年の1月にはSteamでもアーリアクセス版が販売開始予定。こりゃ試してみたい!

Source: Fights in Tight Spaces via Eurogamer, YouTube, Steam, Xbox

ジャンルで探す