レトロデザイン&スピーカー付き! スマートグラス「GB-30」を使ってみた

66CF7ACA-2074-42C0-AAAE-F2AD65493A98

Photo: 島津健吾

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

外出自粛を求められる日々が、あと何カ月続くのかは誰にもわかりません。

私自身、生活に慣れてはきたのですが、確実にパソコンやスマホを見る時間が増えました。そうすると当然、目が疲れます。まぶたが重たく感じるし、ちょっとドライアイ気味。

こんな生活を送る中で役立ちそうなのが、machi-yaでクラウドファンディングを実施中のブルーライトカットレンズがついたスマートグラス「GB-30」です。

16B7C812-FDC4-4B89-A39E-E02560A580EC

Photo: 島津健吾

このメガネは、ブルーライトカットだけではなく、サングラスとして使えたり、音楽を聴けたり、Siriを起動させたりすることも可能。“スマート”というほどですから、普通のブルーライトカットレンズではありません。

そこで、実物をレンタルして、使ってみることに。その感想をお届けします!

レトロなデザイン。某有名ゲーム機に似てる?

054089EF-A4A9-407D-8223-2FCDB7BA78BC

Photo: 島津健吾

デザイン面も特長的な「GB-30」。そのレトロなルックスは、圧倒的にあの有名ゲーム機に似ていますよね(笑)。

6AF208A4-2B6B-46D9-9367-F207B15E3EE3

Photo: 島津健吾

グレーっぽい本体に、十字キーと2つのボタン。まじまじ見ても、やっぱり懐かしく感じます。

しかもこのボタン、試しに押してみると動作するんですよ。

F6440E92-FB5E-46D8-8C59-B79AFC16A18A

Photo: 島津健吾

たとえば、スマホにBluetooth接続した状態で、音楽を再生したり一時停止したりすることが可能です。さらに、スキップにも対応。なんなら、Siriまで呼び出せちゃうんですから、普通のメガネとは一線を画しています。

9653BF51-ED10-4309-8B0B-35CAB135580F

Photo: 島津健吾

一番驚いたのは、音楽を聴けること。そう、メガネ自体にスピーカーがついているんです。直接耳にはめるイヤホンとは異なり、耳が疲れにくい印象でした。ただし、あくまでもスピーカーですので、周りに音が聞こえます。職場で使うより、散歩中や自宅でくつろぐときに使うのが良さそうです。音楽の再生時間は、4時間でした。

レンズを取り換えれば、サングラスに

9C89207E-BE74-4A10-A4E1-57417AB68667

Photo: 島津健吾

「GB-30」には、2つのレンズセットがついています。1つはブルーライトを30%カットするレンズ。もう1つが、紫外線を99%カットするUV400カラーグラデーションレンズです。

ブルーライトレンズは、一般的なブルーライトカットレンズのように、色が少し入っています。

57D12F41-7574-4EF0-AD93-08133777533F

Photo: 島津健吾

一方、カラーグラデーションレンズは、サングラスのようにグレーっぽい配色。外を歩くとき用のレンズでした。

メガネフレームが独特なデザインのため、外出で使うというよりも自宅用な印象が強いスマートグラス。基本はブルーライトカットレンズを装着しておくことになりそうです。

遊び心のあるスマートグラス

38AEC3E1-775A-4B16-8E3A-EC0F109C64F8

Photo: 島津健吾

メガネと言っても、さまざまな種類がある中、ここまで遊び心が溢れたメガネも珍しいでしょう。音楽を聴けたり、操作できたり、機能性は普通のメガネ以上。これは、物欲を刺激するプロダクトだと感じました!


GB-30」は現在machi-yaでクラウドファンディングを実施中。50個限定で、通常価格から35%OFFの14,228円(消費税・送料込み)で支援が可能。

プロダクトの詳細は、以下のリンクから確認いただけます!

>>テレワークやゲームに! ブルーライトカット×オーディオのPCメガネ『GB-30』

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

ジャンルで探す