史上初。月にて植物が芽を出す

190116_moon

Image: Chongqing University via South China Morning Post

月面が蝿の王国になるかも…?

1月3日の朝、中国が月の裏側に着陸させた探査機「嫦娥(じょうが)4号」。この探査機は、月面を走り回る探査車「玉兔(ぎょくと)2号」以外にも、低重力下でどのように育つのかを観察するべく、「月面のマイクロ生態循環」と呼ばれる植物なども搭載されていました。

その植物が、さっそく芽を出したとSouth China Morning Postが伝えています。

芽吹いたのは3種

火曜日に中国国家航天局(CNSA)が公開した写真によりますと、芽を出したのは綿花の種とのことです。さらに実験チームのLiu Hanlong博士いわく、ほかにも土曜日には菜種ジャガイモも芽吹いたとのこと。

ほかに持ち込んだ種は

実験の主任を務めるXie Gengxin教授いわく、ほかにも厳正な審査の上、アブラナ科のシロイヌナズナ、それにイースト菌キイロショウジョウバエも月に持ち込んだそうです。博士はこうコメントしています。

我々は将来、宇宙で生存するために熟考を重ね、これらの低重力下で育つ植物より月面基地建設の礎を学ぼうとしています

教授は映画『オデッセイ』よろしくジャガイモが月面基地での主食になり、綿花が衣服に、そして菜種がになるだろうとの考えを示しました。

これら「月面のマイクロ生態循環」は小さくて荷物にならないだけでなく、月面のような極限の環境下でも育つであろうことから選定されたのでした。

しかしハエなんか持ち込んで、あっちで超進化したらリアルな『テラフォーマーズ』になっちゃちゃいますよ? じょうじ、じょうじ…。

Source: South China Morning Post

ジャンルで探す