Twitter、カラフルなタイムラインを検証中。みんなこれ、見やすいと思う?

180115_twitter_color_timeline_0

Photo: AlexandraPopova/Shutterstock.com

けっこう良さげなのでは。

あるツイートについてリプライが増えていくと、読むのも返事するのも面倒になりがち。Twitterはこのようなスパゲッティ・コミュニケーションを円滑にする方法をいくつか試していて、その一つとしてスレッドの色分けをテストしているようです。

これはTechCrunchが入手したテストデザイン。テストのため、配色はあえて大げさにしているようですが、オリジナルのポストやフォローしている人、していない人などをスレッドごとに色分けしていて、ユーザーの関係性を簡単に区別できるようになっています。リプライに対してのリプライ、に対しての……みたいに、スレッドがツリー化してくると、色による区別化は便利かもしれませんね。

そして、このリプライ自体もアルゴリズムでソートできないかと実験中とのこと。見知らぬ人からの返信が上に来るようにしたり、あるいは全体を見やすく、識別しやすくするため、デザインは微調整する可能性もあるそうです。

そしてもう1点、お気に入りアイコンやRTアイコン、リプライアイコンなどを隠す実験もしています(!)。通常はこれらのアイコンが見えないようにして、該当ツイートをタップすると表示されるんですって。これ、なかなか良いアイデアじゃないですか? TLの内容をフラットに捉えられるし、RT数だけで判断することがなくなるんじゃないかな。

Twitter、ユーザーのオンライン状態を表示する機能をテスト中なんだけど賛否両論

この他にもSkypeのようなステータス状態を示すオプションや、GPS表示、あるいは限りなくFacebookな会話UIを試したりと、Twitterは相変わらず色々と模索中です。でも、サービスにしろ何にしろ、常に良好であるためには変化と向上心が不可欠ですから、色々試すにこしたことはないでしょう。

アイコンを丸くしたのはいまだに謎アプデだと思ってるけど。

Source: TechCrunch, Twitter, Gizmodo US(1, 2

ジャンルで探す