新型コロナ 最新の感染状況や対応は

ソフトバンク、遠隔で作業や研修を指示できる「VR遠隔支援」を10月から--5GとVRを活用

 ソフトバンクは9月15日、ポケット・クエリーズと協業し、製造業などの現場において、遠隔地からVR空間で集合研修や作業支援ができる「VR遠隔支援」サービスを2021年10月から提供すると発表した。

 製造業などのDXを推進し、技術の継承や遠隔地からの作業指示を効率化することを目的としたもので、集合研修と作業支援の2つの用途をカバーするサービス。利用にあたっては、タブレット端末、VRデバイス、360度カメラが必要。

 ポケット・クエリーズが開発したVR空間でのコンテンツ作成や同時再生、アバターの操作ができるアプリと、ソフトバンクの5G/4G LTEなどの通信環境やクラウドサービスを組み合わせて提供する。なお、インターネットを介さない閉域網構成も可能。

 遠隔集合研修やトレーニング用途では、360度カメラで撮影した映像をアプリで編集し、簡単に研修用のVRコンテンツを作成できる。また、コンテンツを共有することで、VR空間で複数人が集合して研修を行える。編集機能では、VR映像内にマーキングしたり、視点を変えた他の映像を組み込める機能も実装する。

 作業支援用途では、工場などの現場に設置した360度カメラの映像をVRデバイスなどに伝送することで、現場の状況を把握しやすくし、的確な指示を出すことができるとしている。

 なお、ポケット・クエリーズは、ソフトバンクが2021年6月に設立した「ソフトバンク5Gコンソーシアム」に5G関連パートナーとして参画している。

ジャンルで探す