4都府県の緊急事態宣言延長 愛知・福岡も追加

携帯新プラン、サービス開始から1カ月でユーザーの反応は… 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」編

 携帯電話キャリア各社の新プランがスタートして1カ月が経過した。1日から5回にわたって、4キャリアとMVNO(仮想移動体通信事業者)の新プランそれぞれの特徴を紹介しつつ、実際に契約したネットユーザーの反響に目を向けてみる。

 第4回は、第4のキャリア、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」について見ていく。料金は利用したデータ容量に応じて4段階で変動するのが大きな特徴で、1ギガバイトまでは無料、最大3278円で容量無制限となる。通話アプリの「Rakuten Link」を使えば、国内通話は無料でかけ放題。5GやeSIMにも対応し、店頭での申し込みも可能。一見、3大キャリアと比べて有利な点が多いように見えるが、自社の通信網がカバーできる範囲がまだ狭いという課題を抱えている。エリア外の地域で提供されているauの回線(楽天はパートナー回線と呼称)によるローミングを利用した通信に関しては、月あたり5ギガバイトまでと、上限が設定されており、契約したユーザーの行動範囲次第では、額面どおり「容量無制限」とならない場合があるかもしれない。自社回線による人口カバー率が70%を超えた地域については、順次ローミングを終了している。

 電波状況について、ツイッターでは「最近繋がりやすくなってきた」「至って普通に使えます」との書き込みも見られるが、「パートナー回線にしかつながらない」「KDDIのローミングが無くなってから、室内では、不安定あるいはつながらない」「ずっと圏外」「地図上では楽天回線圏内なんだけど」「都内在住。圏外の頻度が高くてUQにしようと検討中」など、厳しい声が少なくない。中には、「コンビニや理容室などの屋内でつながらない。QR決済しようとして読み込まず、焦る」など、メイン回線として使っているユーザーからのぼやきも見られた。

 ただ、他の3キャリアと異なるのは、「1年間は無料(今からの申し込みだと3カ月無料)なので引き続き様子見」「『まだつながらない』と怒る人が多いが。『これからつながる』のです」など、サブ回線として利用していて、回線整備の進捗を温かく見守ろうというスタンスのユーザーが多いこと。1年無料(現在は3カ月)キャンペーンや、月あたり1ギガバイトまでは無料という他社にはない料金設定もあって、お試し感覚で使っているようだ。

 行動範囲に楽天回線の電波がしっかり届いているエリアのユーザーからは好評で、「楽天モバイルのテザリングで在宅ワークしてるけど意外といける」と、Wi-Fiルーター代わりに活用しているとのコメントも散見される。入院中の病院で1カ月に27.74ギガバイト使ったという利用者は、これだけがっつり楽天が使えるとメインのYmobileが俄然色褪せて来る」と、競合他社のプランの上限20ギガバイトを超えても容量無制限で使えるプラン設計を称賛。中には81.88ギガバイトも使い倒し、「今月こんなに使ってた それでも無料」とありがたがるツイ民も。

 このように、電波の状況によって、ユーザーの評価が大きく割れており、今後基地局の整備が進んでいけば、地道に評価が上がっていくことが予想される。

 現状、サブ回線としての利用が多く、無料通話可能なことから「データはUQ 通話は楽天って感じで使おうと思っています」「無料期間終了後は電話専用にして0円運用の予定」と、楽天の端末を通話専用にして2台で運用するというネット民も少なくない。「デュアルSIMでやったらいいんじゃね?」との指摘があるように、SIMを2枚同時に利用できる端末のユーザーは、端末1台で2つの電話番号を使い分けても面白いかもしれない。

ジャンルで探す