今年上半期のヘッドホンは音質&デザインで選ぶべし!【GP2024上半期AWARD】

【GP2024上半期AWARD】

マニアックなハイエンドモデルを除き、ワイヤレスモデルが一般化したヘッドホン。今や用途やスタイルに応じて選べるほどラインナップも充実してきている。そんなバラエティ豊かなランナップの中からイチオシを厳選!

*  *  *

ヘッドホンもワイヤレスが主流に。ハイエンド製品を中心に、有線接続も可能な製品が多く見つかるが、特段のマニアや業務用途でなければ、ワイヤレスタイプを選ぶのが基本と言える。

トレンドとしては特に最近、1万円以下のモデルが増えて充実傾向に。じっくり調べれば最新機能や高機能を搭載したモデルも見つかるだろう。価格を重視するなら中国系ブランドが強力。大量生産で低コストを実現していてモノとしても悪くない。

昨今は技術レベルが飛躍的に向上。サウンドチューニングも世界基準に達してきているので、コストパフォーマンスで選ぶなら大アリだ。ヘッドホンは目立つのでファッション性を重視するユーザーも多い。テック派は新機能を搭載したハイエンドモデルに注目すると良いだろう。

オーディオ&ビジュアル評論家/鴻池賢三さん
オーディオメーカーで商品企画職を務めた経験を持つオーディオ・ビジュアル評論家。1年間に数百のヘッドホン・イヤホン製品を試聴し、レビュー執筆は2000モデルを超える

 

GP2024上半期AWARD
ーPC&デジタル部門・ヘッドホンー
<大賞>

■ハイレゾ対応コスパ超優秀モデル

EarFun
「EarFun Wave Pro」(8990円)

イヤホンでスタートした新興ブランド「EarFun」初のヘッドホン。LDAC対応で1万円を切る価格設定が魅力です。実際の音質も世界に通用するハイレベルなもので、コストパフォーマンスの高さが際立つ優秀モデルです

Bluetooth接続コーデックはLDACに対応し、ハイレゾ認証も取得する高音質志向モデル。業界トップクラスの性能を謳うアクティブノイズキャンセリング機能、最大80時間再生のバッテリー持続など実用性にも注力。

▲Bluetooth接続はSBCとAACに加えLDACにも対応し有線接続も可能。ハイレゾも存分に楽しめる高音質

▲業界トップクラス“-45dB”を謳うアクティブノイズキャンセリング機能を搭載。装着感も良好

 

<超ワイヤレス賞>

■ドングル付属で簡単ワイヤレス!

AKG
「AKG N9 Hybrid」(5万5000円)

ドングルを利用すると接続設定が不要で簡単な上、LC3plusコーデックの利用により超低遅延を実現し、ゲーミング用途とも好相性。AKGのプレミアムサウンドも高く評価します

Bluetooth接続のほか、2.4GHz通信でLC3plusにも対応するドングルが付属し、ゲーム機やパソコンと簡単にワイヤレス接続できる。LDAC対応・ハイレゾ認証。ノイズキャンセリング機能も搭載。

▲ヘッドホンハウジング部にドングルを収納可能。携行忘れや紛失の防止に役立ち、実用度を高めている

▲液晶ポリマー振動板を採用した40mmダイナミックドライバーを搭載。鮮やかなダイナミックサウンドを実現した

 

<ファンキー賞>

■デザイン性と機能性を両立!

MONDO BY DEFUNC
「モンド フリースタイル」(実勢価格:1万2800円)

ハウジングは左右ともダイヤル操作ができ、音量の調整やスキップが可能。デザイン性と機能性の融合にプロダクトとしての美しさを感じます。デザインで選ぶなら最もオススメの最新モデルです

68gと超軽量でデザイン性を意識したモデル。フル充電は1.5時間で最大約22時間の再生が可能。計4カラーをラインナップし、「トランスペアレント」は流行りのシースルータイプ。

▲今デザインで選ぶなら最高の1台と言える新モデル。機能性の融合もプロダクトとし美しさを感じる

※2024年7月5日発売「GoodsPress」8・9月合併号21ページの記事をもとに構成しています

>> 特集【GP2024上半期AWARD】

<文/鴻池賢三>

 

【関連記事】

◆Sonos初のヘッドホンは映画鑑賞にぴったり!深夜でも上質なサウンドで楽しめるぞ
◆音が命なプロゲーマーも満足な機能満載のゲーミングヘッドセットにホワイトカラーが追加
◆オーディオテクニカの60周年限定ヘッドホンに待望の有線タイプが登場するぞ!

ジャンルで探す