低価格でも納得のクオリティ!お値打ちテレビ&プロジェクター6選【冬の最優秀ベストバリューモノ】

【冬の最優秀ベストバリューモノ】

大型で高画質な有機ELから小型の液晶モデルまで、価格差が大きい4Kテレビ。しかし、十分な性能を備えたハイコスパモデルも少なくない。近年人気のプロジェクターも、注意すべき点を押さえれば低価格でも満足度が高いものが手に入るはずだ。

*  *  *

量子ドットやミニLEDなど、4Kテレビの上位モデルでは高画質を追求した新技術が採用されているが、そこまでクオリティを求めていない人もいるだろう。手が届く価格で納得できる画質なら十分。オーディオビジュアルライターの折原一也さんは、そんなニーズを汲んでか「10万円以下でも満足できるモデルが増えている」と最近の状況について話す。

「5年ほど前と比べると、有機ELも液晶も手頃なモデルが増えた印象です。特に液晶の場合は、海外メーカーの増加や有機ELの価格下落に押される形でより安くなっているようです」

低価格といえども、画質や機能は十分。現在のニーズに適した性能が備わっている。

「各種VODサービスへの対応は当たり前で、画質についても映像に合わせた自動画質調整や4K高精細化などの技術が採用されています。10年ほど前の機種から買い替えるなら、確実に高画質だと実感できるでしょう」

最近人気のプロジェクターについては、高輝度な製品を選ぶと満足度が高いそう。

「映像の明るさを示すルーメンの値が低いと、暗くてボヤッとした見え方になります。特に家庭では真っ暗な環境は作りにくいので、価格や解像度だけでなく輝度にも注意すべきですね」

オーディオビジュアルライター 折原一也さん
PC系出版社の編集職を経て独立。オーディオ・ビジュアル専門誌やWeb媒体、商品情報誌でトレンド解説や製品レビューなど多彩な記事を執筆している。2009年よりVGP審査員も務めている

 

【4Kテレビ】

1. 手頃な4K液晶ながら便利な高画質機能が満載

4K液晶テレビの最新モデルで、自動画質調整など高画質技術が充実。機能面も過不足なく備わっています(折原さん)

ハイセンス
「50A6H」(実勢価格:7万5000円前後)

4K BS/CSチューナーを内蔵したスタンダートクラスの4K液晶テレビ。コンテンツやシーンに特化した映像処理を行なう映像エンジン「NEOエンジン Lite」を搭載し、地デジやネット配信映像も美しい4K画質に復元。Netflixなどの各種VODサービスに対応する。50V型

▲高輝度のLEDを素早く点滅させて残像感を低減しつつ滑らかな映像を実現。ゲーム用の映像モードも備える

▲NetflixやPrimeVideoなど各種VODサービスに対応。専用プラットフォームから素早くアクセスできる

 

2. 置きやすいサイズで機能も十分な4K有機ELテレビ

少し前のモデルですが、4K液晶テレビとほぼ変わらない価格。有機ELモデルを狙っている人におすすめです(折原さん)

LG
「OLED48A1PJA」(実勢価格:8万8000円前後)

幅107.1cmと設置しやすいサイズの48V型有機ELテレビ。地上波を4K相当に高精細化する機能や、映像の種類に合わせてAIで画質を自動調整する機能を搭載。各種VODサービスにも対応する。

 

3. 高画質でオーディオ技術も優れたバランスのいい1台

今夏発売の新機種で、上位機で採用されるAIによる自動画質調整技術を採用。Dolby Atmosにも対応しています(折原さん)

パナソニック
「VIERA TH-50LX800」(実勢価格:15万円前後)

AI技術による自動画質調整や、立体音響技術Dolby Atmosに対応した4K液晶モデル。高性能な映像エンジンを搭載し、地デジの映像やネット動画も4K高精細化する。Netflixなど各種VODサービスに対応。50V型

▲習用データベースを用いて、AIがシーンに応じて最適な画質に調整する

 

【大画面を手軽に楽しめるプロジェクター】

4. 高輝度&専用モードでスポーツ観戦にもうってつけ!

3000ANSIルーメンという抜群の明るさで投影でき、くっきりとした映像を楽しめます。スポーツモードも必見です(折原さん)

BenQ
「TK800M」(実勢価格:9万8000円前後)

HDR10をサポートし、3000ANSIルーメンと高輝度なDLPプロジェクター。HDMI端子を使って映像を外部入力するタイプで、4K UHDでの出力に対応。60〜300型の画面サイズで投影できる。5Wのスピーカーも搭載。

▲スポーツ用の映像モードを備え、芝や選手の肌を生き生きとしたトーンで際立たせつつ、音声も雰囲気を高めて出力する

 

5. 画質と機能のバランスが取れたコンパクトモデル

Wi-Fi内蔵タイプの小型プロジェクターで、画質や音質も十分なレベル。総合力でおすすめできる機種です(折原さん)

XGIMI
「MoGo Pro+」(8万800円)

Android TVを採用したフルHDモバイルプロジェクター。30〜100型の画面サイズで投影でき、自動台形補正と最短1秒の高速AF機能を搭載。3W×2のスピーカーも内蔵する。明るさは300ANSIルーメン。

▲底部に折りたたみ式の一体型スタンドを備え、最大30度まで投影角度を調整できる

 

6. Android TV搭載により多彩なコンテンツを手軽に満喫できる

単体で映像サービスを利用できるWi-Fi内蔵モデル。フルHD画質でスピーカーも内蔵と使いやすい仕様です(折原さん)

Anker
「Nebula Cosmos」(実勢価格:8万9900円前後)

Android TV 9.0を搭載し、単体でYouTubeやNetflixを視聴できるフルHDモデル。最大120インチで投影できる。オートフォーカスや台形補正機能も備えていて、設置や調整が簡単。USBやHDMIでの接続にも対応する。

▲10W×2のスピーカーを内蔵し、サラウンド規格のDolby Digital Plusにも対応。音声面でも満足できる

>> 特集【冬の最優秀ベストバリューモノ】

※2022年11月5日発売「GoodsPress」12月号34-35ページの記事をもとに構成しています

<取材・文/高橋智>

 

【関連記事】

◆これ1台で音楽も映像もOK!スピーカーとしてもプロジェクターとしても使えるぞ!
◆リビングで寝室で!缶ジュースサイズのプロジェクターで手軽に大画面を楽しもう!
◆光学系はライカと共同開発!高画質な超短焦点プロジェクターで動画サブスクを楽しみまくれ!

ジャンルで探す