旅行に持っていきたい高機能ミラーレス一眼カメラ5選【人気ネット通販掘り出し物大全】

【人気ネット通販掘り出し物大全】

コロナ禍で世界的な半導体不足になって以降、カメラは開発の遅れや発売延期などが相次いでいたが、ここにきて元の状態に戻りつつある様子。新製品のリリースもある中、旅行やレジャーに使うカメラを探すなら「今のうちが狙い目」と写真家の大浦タケシさんは見ている。

「ミラーレス一眼は全体的に高価格帯にシフトしつつあり、手頃なエントリーモデルの新製品がなかなか出てこない状況です。また、レンズなども現行製品が値上がりする傾向にあります。手頃なモデルをネットなどで探すなら、在庫がある今のうちがお勧めです」

旅向きのモデルとしては、屋外での撮影を考えると、ファインダー付きが便利だという。

「眩しい日差しの下では、液晶モニターはかなり見づらくなります。その点、ファインダーをのぞいて撮影すれば、被写体が見やすく、失敗写真も減ります。それに、せっかくの旅の景色をきれいに撮るには、ファインダーを使って被写体と対峙する感覚も大切でしょう」

最近は動画撮影機能が充実したモデルも多く、強力な手ブレ補正機能を生かせば、手持ちでも撮影しやすい。写真も動画も美しく残せる頼れる一台を、タイミングを逃さずに狙いたいところだ。

写真家 大浦タケシさん
カメラ専門誌やWeb媒体などで、多くのレビュー記事を執筆しているカメラマン。フィルムカメラから最新のデジタルカメラ、ドローンまで、興味の対象は幅広い。公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員

 

1. 動画撮影も手軽に楽しめるコンパクトモデル

Kissシリーズに似た印象の小型モデルで、使いやすい機能が充実。旅行に持っていくには便利なサイズでしょう(大浦さん)

キヤノン
「EOS R10」(予想実勢価格:ボディ12万8000円前後)

RFマウントを採用するEOS Rシステム初のAPS-Cサイズセンサー搭載モデル。有効約2420万画素のCMOSセンサーを搭載する。AF/AE追従で最高約15コマ/秒(電子シャッター撮影時は最高約23コマ/秒)の連写ができて、幅広い被写体に対応。センサーサイズを生かした鮮明な4K UHD動画や滑らかな4K/60P動画も撮影できる。

▲バッテリーとSDカード込みで429gの小型軽量設計。高度な手ぶれ補正機構を搭載し、小型ながら安定した撮影ができる

▲前面のフォーカスモードスイッチや背面のマルチコントローラーなど操作性もブラッシュアップしている

 

2. 高速連写や4K動画に対応して幅広いシーンで活躍する

高解像度センサーを搭載し、手ブレ補正や連写性能も優れたモデル。幅広い被写体に対応できる性能を備えています(大浦さん)

キヤノン
「EOS R7」(実勢価格:ボディ19万8000円前後)

EOS R10同様、RFマウントを採用したAPS-Cモデル。最高約8段の手ブレ補正やAF/AE追従で、最高約15コマ/秒の連写、動きが速い被写体に強いAFなど、高度な撮影機能が充実。4K UHD動画撮影にも対応する。

▲新たに開発した有効約3250万画素のCMOSセンサーで静止画、動画ともに高精細に撮影できる

 

3. クリエイティブな表現を簡単操作で満喫

小型センサーを採用しているので、ボディサイズも小さく旅行向き。観光地でも持っている人をよく見かけます(大浦さん)

オリンパス
「OLYMPUS PEN E-P7」(実勢価格:ボディ8万5000円前後)

マイクロフォーサーズシステムを採用する小型モデル。上位機のセンサーや画像エンジンを踏襲しつつ、デザインや操作系を一新。色味や粒状感などを自在に調節できる機能で独自の表現を楽しめる。有効約2030万画素

▲最大4.5段分の補正効果を発揮するボディ内5軸手ブレ補正機構を搭載。夜景や動画の撮影時も頼りになる

 

4. 小型軽量設計で持ち歩きやすく画質も納得

本体が約364gと軽量で、持ち歩くにも便利なカメラ。上位モデルと同様のセンサーを搭載し、画質も満足できます(大浦さん)

富士フイルム
「FUJIFUILM X-E4」(実勢価格:ボディ10万円前後)

小型軽量ボディに有効約2610万画素のX-Trans CMOS 4センサーを搭載。EVFを備え、レンジファインダーカメラに似たスタイルも特徴。4K/30pなどの動画撮影が可能で、背面のチルト式モニターを使って柔軟に撮影できる。

▲EVFは約236万ドットと高精細。本体左側に配置しているため、反対の目で被写体を追いながら撮影できる

 

5. 持ち出したくなるデザインで操作も楽しめる

昔ながらのカメラらしいスタイルで、アナログ感覚の撮影操作も楽しめます。機能面のバランスもいいですね(大浦さん)

ニコン
「Z fc」(実勢価格:ボディ12万円前後)

ニコンDXフォーマット(APS-Cサイズ相当)を採用し、フィルムカメラ風のデザインが特徴。ダイヤル設定をする楽しさとタッチ操作対応液晶による手軽さを兼備する。有効約2088万画素で、4K UHD動画も撮影できる。

▲静止画、動画ともに多彩な表現を楽しめる

 

■“見る時々撮る”の望遠鏡型カメラも便利

キヤノン
「PowerShot ZOOM Black Edition」(実勢価格:3万8000円前後)

遠く離れた景色や動物を気軽に撮影するなら、望遠鏡型カメラもお勧め。レンズをのぞきながら片手操作で3つの画角を素早く切り替えられて、最大9.6倍相当にズームできる。有効約1210万画素のセンサーを搭載し、フルHD動画の撮影にも対応する。

>> 特集【人気ネット通販掘り出し物大全】

※2022年7月6日発売「GoodsPress」8-9月合併号32-33ページの記事をもとに構成しています

<取材・文/高橋智>

 

【関連記事】

◆軽くて高機能な「EOS R10」でミラーレス一眼デビューしてみない?
◆「Xシリーズ」史上最速連写で最高の瞬間を逃さない!
◆高速連写、高性能AFを搭載したミラーレス一眼「EOS R7」誕生!

ジャンルで探す