LUMIX新作はボックス型でフルサイズミラーレス!PCから12台同時に操作できるぞ

パナソニックのミラーレス一眼カメラシリーズ・LUMIX(ルミックス)より、映像制作向けの新モデル「LUMIX BOX DC-BS1H」(市場想定価格:40万4000円)が12月16日に登場します。

拡張性を重視したボックス型のボディに高画質のフルサイズセンサーを搭載。プロの撮影現場でも役立つ多彩な端子が搭載されており、PCからは最大12台同時に操作することだって可能。マルチカメラ撮影、ライブ配信など多様化するさまざまな表現ニーズに対応する、頼もしい一台となっています。

パナソニックのボックス型カメラというと、マイクロフォーサーズセンサー搭載の「BGH1」も発売されていますが、今回は待望のフルサイズセンサー搭載モデル。より大型で高画質のセンサーを搭載していますが、本体サイズはほぼ同等。すでに「BGH1」を使っているユーザーも周辺機器を共用して扱えることでしょう。

有効画素数は2420万画素。6K24Pなど豊富な撮影モードに対応。もちろん撮影時間は無制限で記録可能。顔や瞳だけでなく、“頭部認識”も搭載したAFは、顔が隠れてしまうような瞬間も人物を追従し続け、ピントの抜けを防止。

独自の“デュアルネイティブISOテクノロジー”によるノイズの少ない高感度撮影もポイント。これは高ISO感度での撮影時に、低ノイズ・高ISO感度回路に切り替えることで、暗所でもノイズの少ない画像にするもの。常用で最高ISO51200、拡張でISO204800に対応しています。

ボックス型のボディのサイズは約93×93×78.8mm。重さは本体のみで585g。ここに、3基のBNC端子、PoE+対応のLAN端子、HDMI端子、USB3.1を搭載。

LANケーブルとハブ、そして専用ソフトウェア「LUMIX Tether for Multicam」を使えば、複数台(最大12台)の「BS1H」をPCから同時に操作可能。ライブ配信では、最大4K60p 50Mbpsの有線IPストリーミング(RTP/RTSP)にも対応しています。

ボックス型のため、マイクやライト、リグ、ジンバル、ドローンなどを自由度高く組み合わせることができるので、多彩な撮影ニーズに対応。従来のカメラでは不可能だった撮影にもチャレンジしたくなりそうです。

>> パナソニック「LUMIX BOX DC-BS1H」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆このミニサイズ感がいい!今こそインスタントカメラで遊ぼう
◆マンハッタンポーテージブラックレーベルのコラボカメラバッグはシンプルだけど中は機能的!
◆一眼カメラに望遠レンズ付けたままでも入れられる2wayトート

 

ジャンルで探す