新型コロナ 最新の感染状況や対応は

最大出力6000W!テスラにも給電できる超大容量・大出力ポータブル電源

ポータブル電源メーカーのEcoFlow(エコフロー)から、圧倒的なパワーとスタミナを誇るモンスター級のポータブル電源「DELTA Pro」(29万9000円~ 7月24日現在)が登場。

複数の家電を同時に使えるほどの出力と容量で、家庭用蓄電、アウトドア、屋外作業、災害時など、電気が必要となるあらゆるシーンで活躍。キャンプならこれ1台で数日間泊まれちゃいます!

1台あたりの容量は3600Wh /1125000mAhとなっており、日常で使う照明や電子レンジなどの家電を長時間使用可能。スマホなら約306回(10W)、ノートPCなら約61回(50W)も充電できます。

出力は、定格出力3000W、瞬間出力6000Wで、ドライヤーや電子レンジなどの消費電力が高い家電も同時に使えるほどのパワー。また、ステラなどの電気自動車を充電することもでき、約30kmもの走行が可能(3600Wh)。バッテリー切れのピンチも救ってくれます。

なお、出力ポートは、20AのACコンセント×4つ、30AのACコンセント×1つ、USB-Aポート×4つ(内ふたつは急速充電対応)、USB-Cポート×2つ(PD100)、シガーソケット×1つ、DC出力ポート×2つ、アンダーソン出力ポート×1つで、最大15台のデバイスを同時に給電することが可能。

これほど容量が多いと充電に時間がかかるのでは…と思ってしまいそうですが、そこはご安心を。“X-Stream”という特許出願中の技術により、ACコンセントを使ってわずか3.1時間でフル充電に。2時間でも80%ほど充電でき、わざわざ出かける前日から充電する必要もありません。

充電方法は、AC充電、ソーラー充電、シガーソケット充電、スマート発電機、EVステーションの5パターン。全国のEVステーションで充電できるので、キャンピングカーや車中泊の旅に最適!

そして、さらに容量を増やしたい時には、専用エクストラバッテリーを接続したり、スマート発電機を接続したり、専用のハブを使ってDELTA Proを2台接続したり、カスタマイズすることも。DELTA Pro×2台とエクストラバッテリー×4台を接続すれば最大容量を21600Whまで増やせます。

その他にも、専用のスマートホームパネルを家に取り付けて、家庭用蓄電池として省エネ対策や停電時予備電源としても活用することも可能です。

>> Makuake

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆大容量・大出力でしかもサブバッテリーまで付けられるポータブル電源
◆ジャンプスターター機能までも備えた頼りになる大容量ポータブル電源 
◆キャンプによく似合うデザインの大容量ポータブル電源 

ジャンルで探す