各地で感染急拡大 新型コロナ最新情報

分離してヘッドセットになるスマートバンドのハイテク感がすごい!

マラソンやウォーキングを日課にしている人や、日常生活で健康意識を高めるウェアラブル端末として、利用している人も多いスマートバンド。作業中やスポーツ中など、手が塞がっている状態でも操作できて便利ですが、最近ではバンドから取り外して靴に装着できるモデルも登場しています。

さまざまなデジタルデバイスを取り扱うファーウェイから、ヘッドセットにもなるスタイリッシュなスマートバンド「HUAWEI TalkBand B6」(実勢価格:2万2000円前後)が登場。画期的なデザインが魅力的な、これまでにない新しいデバイスを体験できます。

「HUAWEI TalkBand B6」は、スマートバンドの3D曲面ディスプレイ部分が着脱式になった、ヘッドセットに早変わりするスマートバンドです。スマホに接続していれば、ディスプレイで相手を確認して取り外し、Bluetoothヘッドセットとして電話にでられます。

スマホを慌てて取り出す必要もなく、両手を塞がず会話ができるのでとっても便利。人間工学に基づいた設計による快適なフィット感と装着感で、長時間の通話でも快適にこなせます。ディスプレイ本体は約12.6gと軽量なので、長く装着してもほとんど気にならない重量感。フル充電なら、約8時間の通話に対応します。

カーブしたデザインが特徴的な1.53インチのAMOLEDカラースクリーンは、天気やメッセージ、急ぎの連絡などをひと目で確認可能。上下左右にスワイプして、便利で自由な使い方を思いのままに楽しめます。

低消費電力のBluetooth 5.2 SoCチップを搭載しているので、高度なアルゴリズムにより干渉の少ないスムーズな通信を実現。障壁に強いので、スマホから少し離れた状態でも安定した接続を保てます。また、デュアルマイクによるノイズキャンセリングと、独自開発の最適化アルゴリズムで、驚異的な精度と低遅延で会話が可能となっています。

もちろんスマートバンドの機能も充実しており、血中酸素レベル測定に対応。仕事が忙しい時でも有益な情報を提供し、健康的な生活をサポート。心拍数モニタリングは運動中や睡眠中でも、リアルタイムで心拍数を追跡。ワークアウトや睡眠習慣の分析に役立つだけでなく、心拍数が安全レベルを超えた場合はアラームが表示されます。

 

睡眠モニタリングは睡眠状態を記憶し、昼寝を含めた睡眠スコアを細かく分析。6つの主要な睡眠課題を特定し、睡眠に良いとされる情報を提供します。生活がストレスフルになってきたら、内蔵されているガイダンス付きの呼吸トレーニングによってリラックスすることも。日々のライフログを記録することで、健康的な生活や仕事に集中できる環境作りを手助けしてくれます。

ワークアウトもしっかり管理し、毎日の歩数や中強度から高強度の活動、活動時間を常に記録。7種類あるワークアウトモードを選択して、心拍数や消費カロリー、ランニングのペースや距離などを記録します。また、屋内外のウォーキングやランニングを自動的に識別するので、急に走り出したとしてもワークアウトの全てを記録できます。

洗練されたスマートなデザインに、ライフログだけに限らず、ヘッドセットにも早変わりするインテリジェンスな相棒「HUAWEI TalkBand B6」。手首を上げるだけ自分のやりたいことを察知してくれる、気の利いたアシスタントして活躍してくれそうです。

>> ファーウェイ「HUAWEI TalkBand B6」

<文/&GP>

 

【関連記事】
◆タッチしやすくアクティビティ対応も増えた「Mi スマートバンド6」
◆心拍も血中酸素も常時測定!スマートバンドで自分のカラダを見える化しよう
◆シューズにも付けられるスマートバンドで自分のランニングを手軽にデータ化! 

ジャンルで探す