ファミマ、「AIロボ」が飲料補充を24時間作業! 300店導入へ 従業員の負担軽減目指す

AIロボット「TX SCARA」が飲料を補充する様子(ファミリーマート提供)

AIロボット「TX SCARA」が飲料を補充する様子(ファミリーマート提供)

 ファミリーマート(東京都港区)が、飲料商品の補充が可能なAIロボットと従業員向けの作業分析システムを8月から順次導入します。今後、300店舗で導入する予定で、従業員の負担軽減を目指します。

飲料補充をAIロボに一任

 同社が導入するのは、遠隔操作・人工知能ロボット事業を手掛ける「Telexistence」(東京都中央区、以下「TX」)が開発したAIロボット「TX SCARA」と、店舗作業分析システム「TX Work Analytics」です。

 飲料商品は、従業員が低温のバックヤード(売り場裏のスペース)で補充しています。補充のたびに売り場を離れなければならないことや、長時間にわたって作業を強いられるため、従業員にとって負荷が大きい業務の一つです。

 ファミリーマートは、AIロボット「TX SCARA」をバックヤードに配置。AIシステムによる自動制御で飲料補充業務を24時間行い、これまで従業員が行っていた補充業務を完全になくすとしています。TXのロボット・AI技術の活用により、店舗人員を増やすことなく新たな時間が生み出され、店舗の労働環境や売り場のさらなる質の向上、店舗の採算性の改善が可能となります。

 また、「TX Work Analytics」は、従業員が位置情報の発信機を装着し、店内に設置された受信機が位置データを認識することにより、各時間帯における業務の作業時間を可視化・分析するシステムです。

 同社は「店舗業務の一部をAIロボットが担うことを前提とした最適なワークスケジュールと人員配置を進めることで、店舗経費の低減とより質の高い店舗運営の実現につなげてまいります」と説明しています。

オトナンサー編集部

ジャンルで探す