東名/新東名/中央道も通行止め 高速道路 大雨がUターン直撃か 九州は全線解除

関東~関西、北陸道回りすら難しそうです……

影響範囲がだんだん東へ

 2021年8月11日(水)からの大雨の影響で、高速道路の通行止め区間が西日本から東日本方面へ移ってきています。
 
 15日(日)6時の時点では、九州北部から中国地方にかけて多くの路線で通行止めが実施されていましたが、10時30分現在、九州内はすべて通行止めが解除されています。

Large 210815 ame 01

8月15日10時30分現在、NEXCO中日本管内を中心に多くの路線が通行止めになっている(画像:NEXCO西日本)。

 10時30分現在で通行止めとなっている路線は、次の通りです。

●中国・近畿地方
・中国道:三次IC~千代田IC、広島北JCT~戸河内IC下り線
・広島道:広島北IC~広島北JCT北行き
・浜田道:旭IC~浜田JCT
・新名神:高槻IC~神戸JCT
・舞鶴若狭道:綾部IC~三田西IC

●中部・関東地方
・東海環状道:土岐JCT~山県IC
・長野道:岡谷JCT~更埴IC
・東海北陸道:美濃IC~飛騨清見IC
・中央道:小淵沢IC~恵那IC
・東富士五湖道路:富士吉田IC~須走IC
・東名:大井松田IC~沼津IC
・新東名:新御殿場IC~長泉沼津IC
・圏央道:圏央厚木IC~高尾山IC
・上信越道:松井田妙義~佐久IC

 東名と新東名だけでなく、中央道や上信越道も通行止めとなっており、関東と中京圏を結ぶ主要路が軒並み寸断されている形です。

 NEXCO中日本によると、今後の降雨の状況で通行止めが拡大する可能性があるとしています。「やむを得ず高速道路をご利用になる場合は、今後の気象予測や道路交通情報をご確認ください」とのことです。

ジャンルで探す