8~9月「名神集中工事」名阪間に影響大 9月上中旬は周辺路線も一気に夜間止まる

北陸道、新名神、京都縦貫、京滋バイパスの通行止めもあります。

影響区間が広大 迂回も要注意

 NEXCO中日本名古屋支社とNEXCO西日本関西支社は2021年7月30日(金)、名神高速などで集中工事を8月29日(日)22時から9月18日(土)6時まで実施すると発表しました。
 
 工事エリアは名阪間にまたがります。名神の小牧IC~吹田IC間のほか、周辺路線においても、車線規制、夜間通行止め、IC閉鎖などが実施されます。主な内容は次の通りです。特記以外は上下線の規制で、予備日程は記載していません。

Large 210730 meishin 01

集中工事の範囲(画像:NEXCO西日本)。

●昼夜連続車線規制
・名神 一宮IC~大垣IC、関ヶ原IC~八日市IC:8月29日~9月18日
・名神 八日市IC~栗東IC:8月30日~9月1日
・名神 八日市IC~瀬田東JCT:9月6日~9月11日および9月13日~9月17日

●夜間通行止め(各日20時から翌6時まで)
・名神 関ヶ原IC~栗東IC:8月30日、31日、9月1日(3夜間)
・北陸道 米原JCT~木之本IC:8月30日、31日(2夜間)
・北陸道 米原JCT~長浜IC:9月1日
・名神 瀬田東JCT~吹田IC:9月6日、7日、8日、9日、10日、13日、14日、15日、16日(9夜間)
・新名神 高槻JCT~高槻IC:同9夜間
・京都縦貫道 大山崎JCT~長岡京IC:同9夜間
・京滋バイパス 久御山淀IC~大山崎JCT:同9夜間

 このほか、いくつかのICが夜間を中心に閉鎖されます。

 規制期間中は、名神で最大20kmの渋滞を予測しているとのこと。利用時間の変更や、名古屋方面から三重県方面を介した迂回ルートの利用などが呼び掛けられています。

近畿の名神周辺がことごとく閉鎖 9月上旬から中旬の夜間どう切り抜ける?

 最も大きな影響が予想されるのは、9月上旬から中旬にかけての平日9夜間に実施される、名神 瀬田東JCT~吹田IC間および周辺区間の夜間通行止めでしょう。

 同時期には中国道の中国池田IC~宝塚IC間で終日車線規制をともなうリニューアル工事も実施されていますが、その迂回ルートとなる新名神(高槻~神戸)も一部閉鎖に。滋賀・三重県方面から神戸方面へ抜けるには、京滋バイパス~第二京阪~近畿道を経由、もしくは大きく南に迂回して、名阪国道などを経由することになります。

 なお、この瀬田東JCT~吹田IC間の夜間通行止め期間中は、第二京阪を介した迂回料金調整も実施されます。

Large 210730 meishin 02

名神とその周辺道路も集中工事の範囲に含まれる(画像:NEXCO西日本)。

 NEXCO中日本と西日本は、「高速道路ネットワーク機能を長期にわたり健全に保つために必要な工事です。高速道路をご利用のお客さまおよび沿道の皆さまには、交通規制に伴う渋滞や迂回によりご迷惑をおかけいたしますが、走行経路を選択
ていただけるように所要時間や渋滞が予測される時間帯の情報をご提供し、ご迷惑を最小限とするよう取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします」としています。

ジャンルで探す