緊急事態宣言 11都府県に発令中

スクエニ「ドラゴンクエスト」シリーズの配信ガイドラインを改定 個人による動画の収益化を解禁へ

「ドラゴンクエスト」シリーズ作品の動画配信における個人利用時の収益化解禁について

 スクウェア・エニックスは1月14日、同社の「ドラゴンクエスト」シリーズにおける配信ガイドラインを改定し、個人による収益化を部分的に認めることを発表しました。

【画像】ガイドライン対象作品一覧

 これまでのガイドラインでは原則、動画・画像などの商用利用を禁止していましたが、今回の改定により、「ガイドラインに定める動画共有サイトの収益化機能を通じて個人が収益を得る行為」については「商用利用とみなさない」という形に。例えばYouTubeなどのサイトで「ドラゴンクエスト」シリーズのプレイ動画やゲーム実況などを配信・投稿し、広告やスーパーチャットによる収益を得ることも今後は可能になります(ただし法人の場合は引き続き対象外)。

 対象となる作品は、「ドラゴンクエスト」1~11までの本シリーズに加えて、「ドラゴンクエストビルダーズ」や「星のドラゴンクエスト」といったスピンオフやスマートフォン向けタイトルも。詳細なタイトルや利用条件については公式サイトから確認することができます。

 今回のガイドライン改定にあたり、同社は「コミュニケーションのありかたは時代とともに変化し、現在ではネットワークを通じてのコミュニケーションはごく当たり前のものとなりました。ゲーム作品のプレイ動画をネットワーク上で配信することは、友達同士での会話と同じように、ゲームの楽しみかたのひとつとして定着しつつあります」と、ゲームの楽しみ方の変化に触れつつ、「このガイドラインによって、皆様のコミュニケーションがより盛んになり、『ドラゴンクエスト』シリーズをこれまで以上に楽しんでいただけるようになることを期待いたします」と説明しています。

ジャンルで探す