経済・IT

ドトールが“非正規雇用者向け退職金制度”を導入 飲食業界初

働きやすい環境ができそうです

 ドトールコーヒーが、飲食業界初となる非正規雇用者向け退職金制度「パートナー退職金制度」を導入すると発表しました。「飲食サービス業に従事する方々の地位向上と資産形成をサポートすべく導入に至った」とのこと。

【画像】ドトールコーヒー

 ドトールコーヒーでは、非正規雇用のパート・アルバイトを重要な戦力と捉え、「パートナー」と呼んでいます。そんな「パートナー」に対し。長期勤続がメリットを生む、福利厚生の拡充を目的としたのが今回の施策。

 同制度の対象者は、社会保険加入済みで厚生年金保険被保険者である非正規雇用者(3カ月平均で週30時間以上であれば対象)。9月1日から導入されており、確定給付企業年金制度を利用しています。