新幹線客も使いやすい「100円」遊覧バスの利便性

種差海岸駅前の「ワンコインバス・うみねこ号」

JR八戸線・種差海岸駅前に停まる八戸市営バスの「ワンコインバスうみねこ号」(筆者撮影)

九戸郡洋野町は岩手県沿岸部の最北端にある。久慈市の経済圏だが、広域的には青森県八戸市とのつながりが深い。町内を走る車も岩手ナンバーばかりではなく、八戸ナンバーも目立つ。JR八戸線の列車は、陸中夏井を発車すると峠に差し掛かり、駅名とは違って山間部にある侍浜駅を過ぎ、市町境を越える。そこから北は、比較的平坦な道のりだ。

鉄道は巨大防潮堤の外側

9月8日木曜日、久慈13時03分発の八戸行きに乗った。13時27分に着いた陸中中野からが洋野町域。駅前には町営バス中野線が待っている。町が公開している時刻表では13時23分発になっており、接続しないと思っていたが、さすがに要望が強かったのか手直しされていた。買い物帰りの客が何人か乗り継ぐ。

八戸線の陸中八木駅

海岸に近い八戸線の陸中八木駅(筆者撮影)

町内は、概ね八戸線がいちばん海岸線に近いところを通る。陸中中野を出ると防風林越しに海が見えはじめ、有家―陸中八木―宿戸間では波打ち際に近いところを快走。風光明媚な区間だ。ただ、一部ながら町営バスのほうが海沿いとなる区間がある。中野線だと玉川から種市にかけてである。

陸中八木駅付近

大規模な防潮堤で区切られた陸中八木付近の八戸線(筆者撮影)

東日本大震災では、洋野町にも10mを超える津波が押し寄せた。しかし防潮堤によって大きく減衰され避難も迅速に行われたため、犠牲者を出さずに済んでいる。もっとも大きな被害を受けたのが、漁港がすぐ近くにある陸中八木駅付近。震災後、集落と海との間に高い防潮堤が築かれた。しかし、鉄道は防潮堤の外になった。次に津波に襲われれば、ひとたまりもない。敷地の問題もあろうし、やむを得ないと割り切られたのであろうか。

海沿いを走る洋野町営バスは、中野線のほか、種市行き5本、種市発3本がある大沢線のうち1日1本、片道だけ、角浜(JRの駅名は角の浜)から種市高校を経由する便がある。翌日は6時40分発の八戸行き列車でまず角の浜へ向かう。

この列車も八戸方面へ通う高校生の乗車が多い。バス停は、駅から国道45号へ出ると難なく見つかった。 2005年以前の、JRバス東北時代の標識を流用している。目と鼻の先に青森県階上町との県境を示す看板がある。

岩手と青森の県境

岩手と青森の県境。奥が青森県階上町側(筆者撮影)

7時28分に数人の高校生を乗せたマイクロバスが脇道から現れ、またすぐ国道から左折して海沿いの県道に入る。江戸時代の三陸浜街道で、今は生活道路。台地の上を走るルートで海の眺めもよい。

種市高校で高校生を降ろすとすぐ、川尻地区センターで今度は小学生が乗り込む。そういえばこの便だけ、運行拠点である種市庁舎を越えて、種市小学校まで走ることに気がついた。生徒以外の利用客は1人だけで、スクールバスに便乗しているようなかっこうである。なお、洋野町営バスの運賃は、100円均一。土休日は予約が必要になるが、運賃は変わらない。

角浜地区を走る洋野町営バス

角浜地区を走る洋野町営バス(筆者撮影)

中野線のバス

平日1日2往復だけ走る中野線(筆者撮影)

こちらは7時40分に着いた種市駅で下車。7時51分発の八戸行き列車のほうが、8時18分発の久慈行きより、高校生を含めて利用客が多い様子を眺める。乗り残している玉川―種市間へ向かうべく、久慈行きに乗り込むが、中野線も平日のみ1日2往復が走るだけ。

時間があるので8時31分着の陸中八木まで乗って、防潮堤を眺め、駅から少し離れた小子内(おこない)バス停から、9時04分発の種市庁舎行きに乗った。陸中八木発の種市方面行き列車で言うと、7時39分発の次は9時49分発までないので、町営バスが間を埋めている。それゆえか10人以上の利用があって、マイクロバスは補助椅子まで使われる盛況。多くが9時27分に着いた種市駅で降り、近くのスーパーマーケットへ向かった。この路線も、元はJRバス東北が運行していたルートを代替したものだ。

誰もいない絶景の地

再度、八戸行きに乗って、改めて北隣の青森県三戸郡階上町へ向かう。岩手・青森の県境は列車内からではわからなかった。

八戸線階上駅と階上町コミュニティバス

八戸線階上駅と階上町コミュニティバス(筆者撮影)

階上町にもコミュニティバスが走っているが、海岸線がさほど長くなく山間部へと広がっている町域のため、東部線のごく一部が海沿いを通っているだけ。運行ルートは複雑で町内を循環するような形。階上駅前―旧小舟渡(こみなと)小学校前間に乗るようにした。

10時14分に階上に着いた列車から、10時27分発が接続している。こちらは、小型ながら路線バスらしい車が待っていた。運賃は100円だ。

漁港に近い住宅地の中を抜けて、旧小舟渡小学校前まで乗車時間はわずか4分ほど。名前の通り、閉校になった小学校の横にバス停があり、折り返すようにバスは去って行く。学校の向こう側が階上灯台がある小舟渡海岸。この日は快晴で、草地が広がる台地は心地よい。だが人影はほぼなく、もっと観光地として売り出す方法はないかとも思う。

旧小舟渡小学校前バス停

旧小舟渡小学校前バス停(筆者撮影)

ここまで来ると、最寄り駅は階上ではなく角の浜になる。なんでもない小川が県境で、これを越えて10分ほど歩くと朝に来たばかりの駅に戻れた。12時03分発の八戸行きに乗って、大蛇を出ると八戸市内に入り、最初の駅が金浜。ここまで八戸市営バスが路線を延ばしている。

ワンコインバスで鮫駅へ

堀割の中にある金浜駅から階段を登って、駅前の道へ出ると金浜駅前バス停がある。

金浜付近を走る八戸線の列車

金浜付近を走る八戸線の列車(筆者撮影)

金浜駅前に到着する八戸市営バス旭ヶ丘営業所行き(筆者撮影)

ここに停まるバスは1日5往復。次に種差海岸方面へ行く便は13時28分発だが、先に金浜小学校行きが18分に「M15」の系統番号を掲げて現れた。これが旭ヶ丘営業所行きとして折り返してくる。ところが系統番号は「3」。八戸市営バス独特の番号のつけ方で行先別になっており、上りと下りで異なる。

さらにほとんどの系統が通る八戸中心街ターミナルからの方面別のアルファベットが添えられている。「M」は鮫方面を表す。珍しいやり方だが、旅行者にとっては難解だ。

この時は、海の景色を右手に見ながら三陸浜街道を通り、種差海岸インフォメーションセンターまで10分、270円の区間を乗っただけなので、さほど問題ではなかった。八戸市営バスには2022年2月26日より交通系ICカード「ハチカ」が導入されており、Suicaなど全国共通利用できる交通系ICカードでも支払い可能だ。

種差海岸は観光色が強く、インフォメーションセンターも充実。小規模ながら貸切バスも停められるバスターミナルも整備されていた。八戸線種差海岸駅からも海が近く、コロナ禍から抜けつつある時期とあって、列車に乗り降りする観光客も多かった。

旭ヶ丘営業所行きはこの先、陸奥白浜駅付近から内陸部に入ってしまうため、鮫まで八戸線が海岸線にもっとも近い公共交通機関となるが、八戸市交通部が種差海岸駅―鮫駅間に「ワンコインバスうみねこ号」を、2003年から走らせている。

種差海岸や白浜海水浴場、蕪島などの観光地を結ぶ1日7往復(冬季は土休日のみ4往復)の観光巡回バスで、名に違わず1回100円で乗れる、大盤振る舞いだ。運転間隔は不揃いだが、鮫における八戸線、さらには八戸での東北新幹線との接続に配慮したダイヤとなっている。

路線バスだが観光案内が入る

もちろん喜んで、種差海岸駅14時13分発に乗り込む。車両はふつうの路線バスタイプで、要所で観光案内が入り、民家が見当たらない観光道路も走るが、途中の集落にもバス停がある。実質的にはワンコインで乗れる路線バスである。しかし、平日にもかかわらず、数名ずつながらも観光客の乗り降りがあるのは心強い。八戸線からも海の風景が眺められる区間ではあるが、バスから眺めるとまた違った趣きがある。

JR鮫駅

サメのモニュメントが特徴的なJR鮫駅(筆者撮影)

鮫駅前14時41分着。八戸市東部の交通拠点で、鮫―久慈間は1日8往復だけ(他に階上発八戸行き1本)の八戸線も、八戸―鮫間には1時間に1〜2本程度の区間運転が入る。「うみねこレール八戸市内線」と愛称も付けられ、市内交通の一翼を担っている。

ただ、八戸市営バスの乗り場は、サメのモニュメントが飾られている駅から80mほど離れている。駅前広場はそこそこの広さはあるのだが、バスは目の前を通り過ぎてゆく。各地で見られる事例だが、何とか乗り入れられないのだろうか。

(土屋 武之 : 鉄道ジャーナリスト)

ジャンルで探す