地形が複雑、山手線駒込駅の周辺には何がある?

駒込駅北口駅舎

駒込駅の北口駅舎(筆者撮影)

田端を発車した山手線の内回り電車は急勾配を上って、カーブしつつ西側の台地へと突っ込むような形で進む。東側に広がる車両基地などの一帯はかつての海であり、台地の端は海食崖である。京浜東北線を分かつと北側から湘南新宿ラインの列車などが走る山手貨物線が合流してくる。

「山手線唯一の踏切」がある

この場所では山手線が貨物線の上をまたいでいるため、台地上の一般道との交差が生じる。そこに設けられているのが「山手線唯一の踏切」である第二中里踏切だ。最寄り駅は駒込になる。しかし、この踏切が解消されれば山手線は完全立体化が達成され、かつほかの路線との直通運転がない。

そうした好条件から計画され、導入へ向けて実験が繰り返されているのが自動運転だ。第二中里踏切の代替道路は田端寄りに新規に建設される跨線橋である。ただ、完成までにはまだ時間がかかるため、当面、この踏切は廃止されない。

第二中里踏切から先は駒込駅まで線路は築堤の上を走り、さほどの勾配もないが、地形にはアップダウンがある。駅西側から東側を眺めると、かなり深い谷があるのがわかるが、その底を流れていたのが谷田川だ。昭和30年代には暗渠化され、谷田川通りや霜降橋といった名を残すのみ。ただ、山手線の下をくぐる地点は、かつては河道をまたぐ橋梁であったため、車が通れるギリギリの幅しかなく、歩道は別に設けられている。

山手線の第二中里踏切

山手線唯一の踏切である第二中里踏切(筆者撮影)

そして駒込駅の田端寄りの改札口(東口)はホームの下、低い位置にあるのに対し、巣鴨寄りの改札口(北口・南口)は橋上駅の形でホーム上にあり、高低差が極端だ。

東口側には庶民的な商店が連なっている。山手線は駒込から巣鴨へ向けて堀割の中を走る。両側の斜面にはツツジが多く植えられており、春には人の目を楽しませる。一方の台地上は、閑静な住宅街。駅周辺には中層住宅、ビルが集まる。

谷田川が流れていた場所

谷田川をまたいでいた地点(筆者撮影)

駒込駅東口

ホーム下にある駒込駅東口(筆者撮影)

駅メロは「さくらさくら」

東京メトロ南北線は巣鴨寄りの本郷通りの地下を走っており、駒込駅は山手線よりさらに深い位置に設けられた。1971年に都電が廃止されて以来、接続する鉄道がなかったが、1991年に同線の駒込―赤羽岩淵間の開業により、再び乗り換え駅となった。ただ南北線は1996年に四ツ谷まで延長されたため、都心方面への山手線への乗換客が減り、JR駒込駅の乗降客数は減少傾向となっている。

駒込駅の「駅メロ」は「さくらさくら」だ。地域を象徴する曲として地元商店街からJR東日本への要望で実現した駅メロディで、2005年に春季のみの期間限定で始まり、後に季節を問わず流れるようになっている。

駒込駅東口側の商店街

駒込駅東口側の商店街(筆者撮影)

駅北口から北西へ、染井通りを10分ほど歩いたところに染井霊園があるが、この付近が江戸時代の染井村。大名屋敷に出入りする造園師や植木職人が多く集まって住んでいたところで、古来、サクラの名所として知られていた。

ここで江戸時代後期、エドヒガンとオオシマザクラの交配により生み出されたサクラの品種が現在、もっともポピュラーになったソメイヨシノだ。当初は奈良県のサクラの名所にちなんで「吉野桜」と称して苗木が販売されていたが、本来の吉野の桜(ヤマザクラ)と混同されないよう、染井を冠したソメイヨシノの名が定着した。

染井吉野発祥の記念碑

染井吉野発祥の里記念碑。駒込駅北側の公園にある(筆者撮影)

駒込駅の北側にある公園は染井吉野桜記念公園と名付けられ、園内には「染井吉野櫻發祥之里駒込」の石碑が立てられており、エドヒガンとオオシマザクラも植えられている。この公園と東側に隣接する都営住宅は、かつての東京都電駒込車庫の跡を再開発したところだ。

連絡線が山手線のルーツ

現在の東北本線などを建設した私鉄の日本鉄道が、官設鉄道との接続のために建設した連絡線が山手線のルーツだ。東海道本線の全通以前、1885(明治18)年に品川―赤羽間が開業し、最初は品川線と呼称されている。

さらに1896年に現在の常磐線の一部に当たる田端―土浦間が開業すると、この鉄道との直通のため、豊島線の名で池袋―田端間の建設が始まり、1901年には品川線と合わせて山手線と改称。1903年に完成、開業した。

この時点ではまだ駒込駅はなく、日本鉄道の国有化後、1909年に上野―池袋―新宿―品川―烏森(現在の新橋)間と赤羽―池袋間の電化が完成。電車運転が始まって利用客が増え、1910(明治43)年11月15日に高田馬場、五反田、鶯谷などと前後して、増設の形で開業している。

駒込駅東口側から見た谷田川の谷

駒込駅東口側から谷田川の谷を見る(筆者撮影)

山手線と湘南新宿ライン

駒込駅の西側。堀割の中を走る山手線と湘南新宿ラインの電車(筆者撮影)

こうした経緯により、隣の巣鴨駅までは0.7kmと、加減速性能にすぐれた電車でなければ対応が難しい距離しか離れていない。貨物営業が行われた例もなく、今日に至るまで旅客専用駅として推移している。

駒込の地名自体は、現在もかなり広い範囲で使われている。中央を貫いている本郷通り(都道455号)は元の日光御成道で、徳川将軍の日光参拝の際に使われた道だ。江戸開府前は純農村であった一帯にも、寺院や武家屋敷が次第に集まってきて町場となった。

都立庭園の「六義園」は駒込駅のすぐ近くにあるが、ここは徳川綱吉の側用人として知られる柳沢吉保の屋敷跡で、庭園が今に伝えられているところである。

六義園の染井門

駒込駅に近い六義園の染井門(筆者撮影)

豊島区と文京区の区境

六義園の北側、駒込駅北・南口から巣鴨駅にかけて山手線の線路を挟んで、比較的、町の区画が大きく、マンションや文教施設が多いエリアがあるが、このあたりが加賀藩前田家、津藩藤堂家などの屋敷が並んでいた一帯である。歴史的な経緯を知れば、戸建て住宅中心で下町の香りがする東口、谷田川通り沿いとの対比が面白い。

本郷通りと豊島区・文京区の境

本郷通りと豊島区・文京区の境(筆者撮影)

東京メトロ本駒込駅

東京メトロ本駒込駅(筆者撮影)

駒込駅のすぐ南側には豊島区と文京区の区境があり、現在の町名では豊島区側が駒込。文京区側が本駒込などとなっている。これは決して、本駒込側が本村であったわけではなく、元は豊島区側が上駒込村、文京区側が下駒込村で、先に下駒込村が東京市本郷区に編入されたときに、「本郷区の駒込」との意味から「本駒込」と称し、文京区に合併されてもそのまま現在に至っているのだ。東京メトロ南北線にも本駒込駅があるが、そちらが駒込の中心地との意味ではない。

(土屋 武之 : 鉄道ジャーナリスト)

ジャンルで探す