孫23頭!30歳になったパンダ「永明」のすごい過去

アドベンチャーワールドで30歳の誕生日を迎えた2022年9月14日朝の永明(筆者撮影)

扉の向こうから登場すると、氷で作られた「HAPPY BIRTHDAY」の匂いを嗅いだ雄のジャイアントパンダの永明(えいめい)。その後、室内運動場をチェックするようにゆっくり歩いて1周し、安心したのか、氷のそばに戻って竹を食べ始めた。永明は味にうるさいが、この竹は気に入ったらしい。

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで暮らす永明はこの日、9月14日に30歳の誕生日を迎えた。1972年10月28日に日本に初めてパンダが来てから、今年でちょうど50年。数カ月間の短期滞在のパンダと生後間もなく死んだパンダを含めると、50年間で約50頭が日本で暮らしたが、日本で30歳を迎えたパンダは永明が初めてだ。

パンダの平均寿命は「野生下で約15歳、飼育下で約20~30歳」「雄は17歳、雌は22歳」など諸説あるが、いずれにしても永明はかなりの高齢。現在、飼育下で生存している雄のパンダで、永明は世界で2番目に高齢とのことだ。

孫は23頭、ひ孫は3頭

日本で生まれて、無事に育った永明の子どもの数は16頭に上る。さらに中国にも1頭いた。永明の精子を中国へ送り、人工授精で雌のシューラン(蜀蘭)が生んだランバオ(蘭宝、2012年死亡)だ。

ちなみにシューランは、永明と交尾して6頭を生み育てた梅梅(めいめい、2008年死亡)の双子の姉。永明は、双子姉妹の姉と人工授精、妹と自然交配で子をもうけたのだ。

日本生まれの16頭の子どものうち、11頭は繁殖のため中国へ渡った。中国が2019年11月に出したスタッドブック(血統登録書)によると、永明の孫は23頭、ひ孫は3頭。スタッドブックは2019年11月を最後に発行されていないので、孫とひ孫の数は、もっと増えている可能性もある。

16頭目の子どもは、2020年11月22日に生まれた雌の楓浜(ふうひん)で、当時の永明は28歳。「世界最高齢で自然交配して繁殖した飼育下のパンダ」という自身の記録を更新した。

飼育スタッフの品川友花さんは「永明は長い鼻、面長な顔立ち、うちわのような大きな耳、すらっとした長い手足が特徴です。16頭の子どもたちの中には、お父さんの特徴を受け継いだ子どももいます」と説明。「これまで大きな病気もせず、元気でいてくれることに感謝しています。永明が世界最高齢のパンダになるのが私の夢です」と語った。

やぐらのような遊具に登った永明。この1週間ほど前、永明が登り降りしやすいように、遊具の足を切って短くした。2022年9月14日(筆者撮影)

1994年に北京から成都へ移動して日本へ

永明は1992年9月14日に中国の北京動物園で生まれ、1994年5月に繁殖研究のため、四川省にある成都ジャイアントパンダ繁育研究基地へ移された。

同年9月3日に、雌の蓉浜(ようひん、1997年死亡)と一緒に成都から上海へ行き、検疫などで3日間滞在。関西国際空港が9月4日に開港して2日後の9月6日、2頭は上海から飛行機で関空へ渡り、同日夜にアドベンチャーワールドへやって来た。永明が1歳11カ月のときだ。

副園長の中尾建子さんは、1994年に永明と蓉浜を中国へ迎えに行き、一緒の飛行機で日本に戻った。パンダが日本へ行くには、輸送用の檻に入る必要があるが、永明はすんなり入った。

獣医師でもある中尾さんは「私はいろいろな動物の輸送に関わりましたが、こんなに簡単に餌につられて檻に入っていく動物はいないなと思いました。普通に通路を通るように檻に入り、扉を閉められても慌てることなく。警戒心のないパンダだなと思いました」と懐かしそうに目を細める。

2頭は無事、アドベンチャーワールドに到着した。その後、永明はパンダ飼育に大きな貢献をすることになる。エサの改良だ。

永明は、アドベンチャーワールドに来てから、お腹を壊すことが増えた。当時のエサは、リンゴほどの大きさの巨大な団子やミルク、リンゴ、竹。竹の量はわずか2kgほど。竹を与えても、団子でお腹がいっぱいになって食べないのだ。こうした高カロリーのメニューは、アドベンチャーワールドに限らず、当時は中国を含め各国の施設でも同様だった。

エサが合わないのか、永明は突然、苦しそうに体を丸めて動かなくなり、頻繁に粘液便(腸の粘膜が剥がれ落ちて出る便)を排泄する。下痢もする。永明は2歳になり、成長期でどんどん体重が増える時期なのに、ほとんど増えない。

そこでアドベンチャーワールドは、中国や上野動物園の人に相談しながら、エサを少しずつ変え、竹を中心に与えるようにした。竹のほかは、ペレット(動物用ビスケット)やニンジンを与え、ミルクなどはほとんど与えないようにした。すると永明の体調が良くなっていき、1日のふんの量は2~5kgだったのが15~25kgに増えた。消化器系の疾患は減った。この状況になるまで6年ほどかかった。

「エサをうまく改善できなかったら、30歳になれたか分かりません。永明で学んだことは、ほかのパンダたちのエサにも応用しています。消化器系ではあまり不自由しなくなったのは、永明に教えてもらったことかなと思います」と中尾さんは振り返る。

子どもの頃の永明には、なんとか竹を食べさせようと良質の竹を与えたので、永明はおいしい竹を選ぶことを覚えた。そのため前述のように、竹の味にうるさいパンダに育った。

かつて永明を飼育した熊川智子さんは「チェーンソーとナタとノコギリとロープを持って竹藪に入り、竹をとっていました。永明のグルメ度に合わせて、いろいろな竹をとって来ても、匂いを嗅いでポイッと捨てるのです」と永明に手を焼いたエピソードを披露しつつも嬉しそう。結果的に永明は長寿となって、大家族を形成した。

永明の歴代スタッフでトークイベント。左から熊川智子さん、中尾建子さん、中谷有伽さん。映像は永明が日本に来た頃のエサ。2022年9月14日(筆者撮影)

竹が基本のエサ

上野動物園も1972年に北京動物園からカンカン(康康)とランラン(蘭蘭)が来たときは、竹のほかにミルク粥やパンなどを与えていた(参照:『パンダ来日の扉を開いた?ニクソン訪中から50年』)。

当時は北京動物園のやり方を参考にしており、その後、上野動物園で暮らしたパンダたちにも、果物や団子などの副食を中心に与えた。だが2011年2月に来園したリーリー(力力)とシンシン(真真)は、野生のパンダがいる四川省から来た。四川省の飼育施設にならい、この2頭のエサから、野生のパンダの食性に近い、竹を大半とする内容に変えた。

今や、世界のパンダ飼育も基本的にエサの大半が竹で、それ以外は、栄養補給やトレーニングのご褒美などで与える程度になっている。

高齢の永明のために、飼育スタッフはさまざまな配慮をしている。

1つはエサだ。現在、永明が食べる竹の量は1日に15kgほどで、22歳の良浜に比べ少ない。2022年9月10日時点の永明の体重は110kg。昔から太りにくい体質で、最高でも120kgほどだったが、最近は体重が増えにくくなっている。

高齢になって、食べるスピードが遅くなり、食べる竹の量も減ったためだ。また、硬い竹を食べると、歯が摩耗して、あまり多くの竹を食べられなくなる。

そこで飼育スタッフは、おいしくて新鮮で栄養のある竹を用意するのはもちろんのこと、竹の硬い部分に切れ込みを入れたり、半分や4分の1に割ってあげたりして、永明が食べやすいようにしている。

口腔内も定期的に検査する。竹は奥歯を中心に使って食べるので、奥歯がすり減りすぎて、竹を食べられなくなると致命的だ。永明の奥歯は、すり減ってきているものの、立派に残っているという。

永明も血圧測定

2つ目は、健康診断の頻度と内容を少し増やしたこと。血圧測定やレントゲン撮影などを加え、さまざまな面から病気などがないかチェックしている。血圧測定では、人と同じように永明の腕にカフを巻く。

健康診断では、飼育スタッフがパンダと接する。パンダは猛獣だが、永明はとても穏やかな性格なので接しやすい。健康診断の経験の浅いスタッフが永明で自信をつけて、ほかのパンダに応用できるようになっており、この面でも永明は貢献している。

3つ目は、室内の温度管理。一般的にパンダは寒さを好むが、永明のいる部屋は、暑すぎず、寒すぎずの温度にしている。暑い9月中旬時点の室内の温度は20度前後。冬は10度くらいを下限にして、1桁台になるような寒い日は暖房を使うようになった。

永明の誕生日に先立ち、東京都内で和歌山県観光連盟と雑誌「男の隠れ家」がアドベンチャーワールドのパンダのイベントを2022年8月28日に開催。タレントの杉浦太陽さん(左)と飼育スタッフの中谷有伽さんがトーク(筆者撮影)

4つ目は、運動場のリニューアル。室内運動場のやぐらのような遊具は最近、足を切って短くした。「高齢になった永明は、高い所に登るのが大変になってきたので、登り降りしやすいようにしました」(品川さん)。

永明は今年の夏の間、体調管理のためにあまり公開していなかったが、これから涼しくなれば、公開の機会が増えるかもしれない。

永明が30歳になった2日後の9月16日、神戸市立王子動物園で暮らす雌のタンタン(旦旦)も誕生日を迎えた。タンタンも27歳と高齢だ(参照:『成都便再開でパンダ中国行きに現実味も残る課題』)。

タンタンは心臓疾患のため、3月14日から半年以上、公開を休止しているが、9月16日は報道関係者にのみ短時間、公開された。久しぶりに目にしたタンタンは、水を飲んだり、ガラス越しに筆者の目の前まで歩いてきてくれたりした。

飼育員の梅元良次さんは「今はお腹の水を抜くことに成功して、体調がとても安定しています。元気です」と話し、タンタンが27歳を迎えられたことを喜んだ。

パンダのタンタン

神戸市立王子動物園で27歳の誕生日を迎えたタンタン。報道関係者が詰めかけた。2022年9月16日(筆者撮影)

誕生日プレゼントは、お月見をイメージして、団子やタンタンの好物のブドウ、サトウキビジュースなどで作られた(参照:『「パンダの心臓疾患は珍しい」神戸の旦旦を襲う病』)。飼育員のお手製だ。例年のような氷や果物でつくった豪華な誕生日ケーキと違い、シンプルに見える。

シンプルな誕生日ケーキの理由は?

梅元さんに理由を尋ねると「この子は心臓の病気なので、ストレスになると良くないと思いました。2020年の25歳の誕生日は、ケーキにびっくりしていました。それで吉田さん(飼育員の吉田憲一さん)に『抑え気味で(プレゼントのデザインを)考えて』と言いました」とのこと。構想には1カ月かけたそうだ。

27歳とタンタンと25歳のタンタン

タンタンの誕生日プレゼント。左が27歳(2022年9月16日の神戸市立王子動物園公式Twitterより)、右が25歳(2020年9月16日筆者撮影)

医療の進展により、人間と同じくパンダの世界も高齢化が進んでいる。2022年はメキシコのシュアンシュアン(双双)が35歳、香港のアンアン(安安)が35歳(野生出身のため年齢は推定)まで生きて、この世を去った。高齢になっても、パンダたちができるだけ健やかに暮らせるように願いたい。

(中川 美帆 : パンダジャーナリスト)

ジャンルで探す