実は「山手線の終点」、田端駅周辺には何がある?

山手線・田端駅の北口駅舎。駅ビルは「アトレヴィ田端」(筆者撮影)

国土交通省が監修し、毎年発行されている『鉄道要覧』を見ると、JR東日本の山手線は「品川―池袋―田端間」と定義されている。確かにそこが“山手”にふさわしい区間ではある。もちろん山手線は1周する専用の線路を持っているが、実際の運転系統は別として、路線の正式名称では東京―品川間は東海道本線、東京―田端間は東北本線のそれぞれ一部である。

「鉄道の町」として発展

山手線内回り電車は、品川から並走してきた京浜東北線と田端で分かれ、それまで沿ってきた武蔵野台地へ突っ込んでゆくような形で急勾配を登り、次の駒込へと向かう。台地は田端駅の南西側がひときわ高くなっている。

北口を出て左手を見ると、珍しい一般道路同士の立体交差もある。上を通っているのが田端高台通り。階段で駅と結ばれているが、かなりの段数がある。一方の右手、北東側はむしろ階段を下がるような形で、中小の事業所と住宅が混在する下町へと続いている。上野や日暮里以上に、高低差を感じさせる駅だ。

ただ、繁華街や大規模な商業施設はとくにない。JR東日本ではその点に目をつけ、駅ビル「アトレヴィ田端」を展開。有名チェーン店をテナントとして入居させ、にぎわいの拠点としている。

田端駅周辺を走る新幹線

上下で交差する新幹線と田端駅のホーム(筆者撮影)

田端そのものは「鉄道の町」として発展してきた。最初は日本鉄道(現在の東北本線)の駅が1896年に開業。同年中には常磐線への分岐点となった。山手線の池袋―田端間も、最初は貨物輸送を目的として1903年に開業した。山手線、京浜東北線と三角形を描くように山手貨物線が田端―駒込間で交差している。現在では、湘南新宿ラインの電車が頻繁に走っているルートだ。

田端駅周辺の山手線

切り通しを抜け田端駅(右奥)へ到着する山手線の外回り電車(筆者撮影)

田端駅周辺の山手線

湘南新宿ラインと交差する山手線(筆者撮影)

2022年3月末に閉館した駅前の「JR東日本ホテルメッツ田端」は、オープン当初はJR貨物の関連企業ジェイアールエフ・ホテルがフランチャイズ経営しており、そうしたところにも田端と貨物輸送との関わりが感じられた。

新幹線や貨物列車も見られる

丘陵の下は、太古の昔は海であった平坦な土地。鉄道開通前は農村地帯で広い敷地が買収できたので、貨車の操車場や車両基地が設けられた。現在も新幹線や在来線の広大な基地が尾久駅との間に広がっている。かつて品川にもあったJR東日本の車両基地は、こちらへ整理統合されており、跡地のグローバルゲートウェイ品川としての開発、高輪ゲートウェイ駅開業へ、田端は間接的に貢献している。

JR東日本の東京支社も田端駅前にある。駅周辺にも、東北新幹線の高架下にある新幹線電車の連結器カバーや車輪など、鉄道の町を表すシンボル的なモニュメントが点在。新幹線の回送列車が地平を走って基地(東京新幹線車両センター)へ出入りする珍しい様子は田端駅のホームからも見える。貨物列車も多く通り、鉄道好きの名所にもなっている。

JR東日本東京支社

新幹線の線路の向こう側にあるJR東日本東京支社(筆者撮影)

新幹線の連結器カバー

展示されている200系新幹線電車の連結器カバー(筆者撮影)

一方、田端駅南西側に広がる高台は「田端文士村」と呼ばれる別の顔を持っており、散策ルートとして人気がある。駅から谷田川通りにかけての、起伏が多い一帯だ。

1901年に画家の小杉放庵、1903年に陶芸家の板谷波山が田端に居を構えたのが発端といわれ、その後、室生犀星、芥川龍之介、菊池寛、堀辰雄、林芙美子、萩原朔太郎、竹久夢二、田河水泡、野口雨情、サトウハチローらといった、そうそうたる面々が田端に集まってきて、交流を持ち、刺激し合った。まさに日本の文化史上の壮観だ。

芥川龍之介ゆかりの地

芥川龍之介旧居跡。記念館の建設計画がある(筆者撮影)

当時は交通が不便だった

ただ、山手線が電化され、上野―田端―池袋―品川―烏森(現在の新橋)間に電車が頻繁に運転されるようになったのは1909年になってから。非電化時代は東北、信越方面の長距離列車が片手間に田端に停車していたようなもので、交通至便とは言いがたかっただろう。

田端には都電もほかの私鉄も通らなかった。それなのに文化人が集まってきたのは、交通の不便さゆえだったからかもしれない。通信手段も限られていた時代である。遠くまで出かけずとも仲間が近くに集まっていたほうが、仕事にも何かと便利だった。日本橋や神田あたりの下町と違って家賃も安かったであろう。

農村だった高台がベッドタウン化したのは、1923年の関東大震災がきっかけだった。地盤が強固で、比較的被害が少なかったため注目された。山手線の電車が通じ、繁華街にもビジネス街にもすぐ行ける便利な土地になっていたことも後押しした。

田端駅近くの東台橋

田端駅の北口を出て左手にある東台橋。上が田端高台通り(筆者撮影)

今でもこのあたりは閑静な住宅地だが、さすがに100年以上も前の面影は少ない。1945年の空襲により田端も焼き払われ、雰囲気が大きく変わったという。文士村がどのようなところであったのかは、田端駅前に1993年に開設された、田端文士村記念館で知ることができる。芥川龍之介旧居跡や、室生犀星宅にあった庭石(童橋公園内へ移設)など、要所には案内看板も立てられた。

田端文士村記念館の外観

駅北口のそばにある田端文士村記念館(筆者撮影)

北区は芥川龍之介記念館の建設計画を、旧居跡地の一部を取得して進めている。情報収集や調査研究の拠点になるほか、書斎を忠実に再現。建物や内装、庭などを含めて、大正時代の生活がイメージできる施設になる予定だ。ただ、当初は2023年開館が目指されていたが、新型コロナウイルス感染症の流行により計画は遅れ、現在のところ、まだ工事は始まっていない。

人気アニメ映画の聖地にも

田端駅にはメイン改札口となりにぎわっている北口のほか、南口もある。そちらは小さな駅舎が崖の下に隠れるように建っているだけの、山手線の駅では屈指の目立たない出入り口だ。今は駅員も常駐していない。

田端駅南口駅舎

田端駅の南口は坂道を下った先にある(筆者撮影)

田端高台通りからは不動坂と呼ばれる階段を降りるか、緩やかな坂道を下るしかなく、地元の利用者以外に知る人は少なかったであろう。坂道はサクラやアジサイの名所で、行き交う人の目を楽しませてきた。

しかし、この南口が一躍、“聖地”となったのは、2019年に公開された新海誠監督のアニメ映画『天気の子』で描かれたため。主人公の森嶋帆高が、ヒロインの天野陽菜が住むアパートを訪ねるシーンでまず登場する。目的地は山手線と京浜東北線が分岐するあたりとされており、南口からは反対方向になるが、雰囲気のよさから選ばれたのか。

物語の終盤、帆高と陽菜は田端で再会する。そのとき、東京の東半分は水没しており、山手線も東半分が運転不能になっていた。しかし、田端駅南口に通じる坂道は健在。それだけ標高が高いところにあるとの描写だ。

(土屋 武之 : 鉄道ジャーナリスト)

ジャンルで探す