侵攻後ロシアが日本中古車をこぞって求める事情

港湾で待機する中古自動車(写真:POP/PIXTA)

ロシアへ経済制裁中の日本から、中古車(中古乗用車)は2022年上半期(1~6月期)に大きく輸出額を伸ばした。金額は経済制裁前の昨年上期から約1.5倍の610億円。ロシア向け輸出台数7万3949台は、2位のアラブ首長国連邦向け5万6971台を大きく引き離してトップだ(財務省貿易統計より)。ロシア国内では以前から日本車の人気は高かったが、ウクライナ侵攻後、そうした傾向はますます高まるばかり。その背景を探った。

政府は高級自動車などを輸出禁止に

2022年上半期の対ロシア輸出額は約2900億円。もっとも多いのは輸送用機器(大半は自動車)で約1554億円と輸出総額の54%を占めている。そのうち中古車が610億円という構図だ。政府は3月に600万円以上の高級自動車を、6月には貨物自動車やブルドーザーなどを輸出禁止対象にしたが、普通乗用車は規制対象外なのだ。

トヨタをはじめ国内自動車メーカーはロシアのウクライナ侵攻直後に、ロシア内における生産停止とロシア向け輸出中止を発表した。このため5月以降は日本からの自動車輸出は、ほぼ全量が中古車となっている。

もっとも日本車人気は今に始まったことではない。2017年から2021年にかけて、ロシアへの輸出台数は乗用車全体で大きく伸びた(グラフ参照)。中古車にいたっては6万3000台から15万3000台へ2.4倍も増えている。同期間に輸出額は3倍に膨れ上がった。台数が2.4倍で輸出額が3倍ということは、1台当たりの単価も上昇しているということになる。

2022年に入ってもその勢いは止まらない。今度は中古車に限って見ると、ロシアがウクライナに侵攻を開始した2月24日直後の3月、4月はやや落ち込んだものの、5月からやや盛り返し、6月は一気に1万7294台まで跳ね上がった(下グラフ参照)。1台当たり単価も、2月の73万4000円から6月は109万8000円へと急騰している。

1台当たり単価急騰の理由を探るべく、国内における中古車の流通事情を見てみよう。大手オークション会社USSの2023年3月期第1四半期決算資料によると、「部品不足により新車供給不足→下取り車が減少→中古車の流通台数が減少→需給が逼迫→オークション相場が高騰」という状況で、「1台当たり成約車両金額は2020年6月より25カ月連続で前年同期実績を上回る」となっている。実際、2022年7月の成約車両単価は115万9000円で、前年同期の92万2000円と比べ1.26倍に高騰している。

輸出額が跳ね上がった背景に、日本国内の中古車相場の高騰があるのは間違いない。国内で開催される中古車オークションには、ロシアの販売業者からオーダーを受けた業者や外国人(ロシア人など)が経営に絡んでいるとみられる業者が参加し、競り落として国内の港からウラジオストクへ輸出するというのが一般的だという。仕入れ価格の高騰が輸出額増加に結び付いているということだ。

ルーブル高がロシア側の購買力を高めた

ウクライナ侵攻後のロシア国内の経済状況で注目すべき点はルーブル高だ。侵攻直後こそ1ルーブル=0.73円付近まで下落したが、最近は1ルーブル=2.29円あたりまで高騰している。侵攻前の今年1月の水準よりも1.4倍ほど高い。日本国内の中古車価格高騰のあおりでロシア向け販売価格も高騰しているが、未曽有のルーブル高も販売増に貢献している。

一方、日本や欧米の大手メーカーの現地事業停止やロシア向け輸出ストップなどでロシア国内での外国車の新車流通が激減。しかも、ロシアの国産車製造も経済制裁に伴う自動車部品の輸入ストップなどで、生産台数が大幅に減少している。こうした事情が重なってロシア国内市場での中古車需要が高まり、品質の良い日本車人気が過熱しているとみられる。

では、日本から輸出される中古車はどういったルートで積み出され、運ばれていくのか。貿易統計を見ると中古車の税関別の輸出状況が分かる。今年上半期のトップ5(輸出台数)は表のとおりだ。

トップ5のうち、木更津以外はすべて日本海側にある。輸出台数、輸出金額ともにトップの伏木の今年上半期の実績は、前年同期と比べると輸出台数は1.68倍、輸出金額は2.4倍に膨れ上がっている。

元々はロシアからの原木を運んできた船の採算性を高めるため、帰りに日本の中古車を「帰り荷」として運んだのがはじまりだとされる。半世紀ほど前の話だ。それが今では、伏木富山港は日本最大のロシア向け中古車輸出向け拠点となっている。

8割以上を日本車が占める中古車展示場

さて、こうして日本の港から積み出された中古車の大半は極東最大の港町・ウラジオストク(人口約60万人)に運ばれる。ウラジオストク市郊外の丘陵地帯には巨大な中古車展示販売場があり、8割以上を日本車が占めているといわれ、そこにロシア国内各地から業者が買い付けに来ている。

また最近は、展示場売買を介さないオンライン取引が活発化してきていて、日本のオートオークションで仕入れたクルマの情報をサイトにアップして、ユーザーに直接販売するといったビジネスモデルが確立されているとの情報もある。

ロシア国内は右側通行(自動車は左ハンドル)だが、ウラジオストクやモスクワなどでは、右ハンドルの日本の中古車が当たり前のように走っている。ユーチューブやグーグルのストリートビューでその様子を確認できる。

日本の中古車は135カ国・地域に輸出されている。世界各地で再利用され、その国の人々の生活に役立っていることは喜ばしい話だ。とはいえ、一方的な軍事侵攻を行い、世界の多くの国が経済制裁を科しているロシアへの中古車輸出が当たり前のように行われ、輸出規模が拡大している現実には、なんだか釈然としないものがある。これがグローバル経済、ビジネスの実態ということか。経済制裁の実態、実効性が問われている。

(山田 稔 : ジャーナリスト)

ジャンルで探す