和歌山のパンダ「ひとり立ち」と同時に引っ越す訳

じゃれつく楓浜(手前)と母の良浜。楓浜のひとり立ち前日の2022年4月11日(筆者撮影)
1歳の雌のジャイアントパンダ楓浜(ふうひん)は、この3カ月の間に、成長の証しである2つの大きな経験をしました。前後編の2回に分けて紹介します。

楓浜ひとり立ちから3カ月

和歌山県白浜町にあるアドベンチャーワールドで生まれたジャイアントパンダの末っ子、楓浜がひとり立ち(親離れ)して、7月12日で3カ月となった。

子どものパンダにとって、ひとり立ちは、成長するうえでの大きなステップだ。パンダファンの関心も高く、東京・上野動物園で生まれた雌のシャンシャン(香香)がひとり立ちする前日の2018年12月9日(親子一緒の最後の公開日)、筆者は観覧列に4時間並んだ。シャンシャンが無理なく安全にひとり立ちできるように、上野動物園は同年11月から段階的に練習を進めていたが、観覧列では「お母さんと離されてシャンシャンがかわいそう」と泣いている人もいた。

楓浜と母親の良浜(らうひん)が親子一緒に公開されたのは、2022年4月11日が最後。この日、筆者は早朝の飛行機で東京から白浜へ向かった。アドベンチャーワールドに着き、4800円の入場券を買って入り口前に並び始めた午前9時過ぎには、すでに150人ほど並んでいた。開園の午前10時近くになると、入り口前は大勢の人で埋め尽くされた。

入場すると、ほとんどの人が、入り口から徒歩10分ほどの場所にある「ブリーディングセンター」へ向かう。楓浜と良浜は、この外の運動場でじゃれ合っていた。時折、良浜が楓浜をギュッと抱きしめたり、覆いかぶさったりしている。観覧通路は多くの人で身動きできないほどだったが、話し声はほとんど聞こえず、観客は親子の様子をじっと見守っていた。

午前11時ごろ、屋内に通じる扉が開いて良浜が入ると、池にいた楓浜はトコトコと走って良浜を追いかけ、一緒に扉の奥へ入った。しばらくして楓浜だけが外に出てきた。これで親子一緒の最後の公開は終わった。

楓浜は、休園日の4月12日にひとり立ちした。翌13日も休園日で、14日からひとり立ちした姿を観客にお披露目した。ひとり立ち後の楓浜は、落ち着いて竹やおやつを食べ、人工乳も飲み、穏やかに過ごしている。

一方、良浜はどうだったのだろう。良浜は、楓浜を含め10頭の子どもを無事に生み育ててきた。この数は、良浜の母親で、次々と出産して「浜家(はまけ)のゴッドマザー」と呼ばれた梅梅(めいめい、2008年死亡)を上回る。ただ、だからといって良浜が子どものひとり立ちに慣れているかは、筆者にはわからない。

楓浜と別れた後の良浜の様子について、飼育スタッフの中谷有伽さんに尋ねると、「良浜は数日間、落ち着かない様子を見せたこともありましたが、少し経つと落ち着きました。食欲も旺盛で、竹もしっかり食べています」とのことだ。

楓浜のひとり立ち前、スタッフは親子で過ごす時間を段階的に短くしていった。それにより、良浜が「もうすぐ娘とお別れ」だと理解していたかどうかは、スタッフにもわからない。

楓浜(手前)を抱きしめる良浜。2022年4月11日(筆者撮影)

新居で暮らす練習は7日間

楓浜は2022年2月下旬から、ひとり立ち後に暮らす施設「パンダラブ」で過ごす練習をしてきた。以前から夜間などは良浜と別々に過ごしていたため、この練習は1頭で過ごすことよりも、「パンダラブ」に慣れることが目的だ。

「ブリーディングセンター」と「パンダラブ」の間は徒歩5分ほど。行き来する際は、楓浜をケージに入れ、スタッフがケージを押しながら歩いて運ぶ。

アドベンチャーワールドによると、ひとり立ちと同時に「パンダラブ」へ引っ越すのは、親子が互いの匂いや存在を近くに感じないようにして、子どもがスムーズにひとり立ちできるようにするためだ。

楓浜が「パンダラブ」で過ごす練習は、主に休園日を利用して合計7日間に分け、段階を踏んで実施した。時間は日によって異なり、1日のうち日中から夕方にかけて、およそ1時間~6時間半だ。楓浜は最初の頃、「パンダラブ」で初めて嗅ぐ匂いが気になり、外の運動場へゆっくりと慎重に出て行った。だが次第に慣れ、落ち着いて竹を食べるようになった。

「パンダラブ」では、楓浜の姉で双子の桜浜(おうひん、7歳)と桃浜(とうひん、7歳)、結浜(ゆいひん、5歳)も暮らしている。姉妹とはいえ、年齢が離れていて体格が異なり、縄張りや食べ物を巡って攻撃される恐れがあるので、一緒の部屋には入れない。ちなみに年齢が同じ双子も、幼い頃は一緒にいても、成長すれば縄張り意識が生まれて相手を攻撃しかねないので別々の部屋にする。

楓浜は、練習で「パンダラブ」に行ったとき、桜浜・桃浜と初めて対面した。「楓浜がケージに入ってやって来たので、桜浜と桃浜は、まずケージの音に反応しました。知らないパンダが来たことは、どのパンダも認識していると思います。環境に馴らすため、他のパンダと隣り合う運動場で、ガラス越しに顔合わせも行いました」(中谷さん)。

結浜は以前「ブリーディングセンター」で暮らしていたとき、楓浜と顔を合わせたことがある。「パンダラブ」で再会したときは、桜浜や桃浜に比べ、反応がやや薄かった。それぞれの性格もあるのだろう。楓浜と姉たちは、相手を過剰に威嚇することもなく、基本的に互いをあまり気にしていないそうだ。

楓浜(左)と姉の桜浜。透明のガラスを挟んで互いの姿が見える。2022年5月29日(筆者撮影)

寝室は隣同士にしない

「パンダラブ」の屋内運動場は、透明のガラスで仕切られている。筆者は、楓浜に限らずパンダ2頭がこのガラスを挟んで寄り添うように竹を食べている様子を何度も見たことがある。何か意味はあるのだろうか。パンダは視力が弱いとされるが、見えているのだろうか。中谷さんはこう語る。

「互いの姿は見えているでしょうから、興味を持って、なにかしらアクションをしていることはあると思います。ただ、例えば桜浜がいるから、ほかのパンダが近づくのではなく、歩いていて、その先にたまたま桜浜がいる、ということが時々あるのかと推測しています。

私たちが隣の運動場を掃除していると、ガラス越しにパンダが私たちを見ていることもあるので、パンダ同士だからというわけでもないと思います」

「パンダラブ」にいる4頭は、夜は寝室で過ごしている。「パンダラブ」には寝室が6部屋あり、1部屋が独立しているタイプと、2部屋が隣り合わせのタイプがある。夜は飼育スタッフがずっと見ていられないので、部屋割りは、通路などを隔てて、パンダが隣同士にならないように配慮している。

姉妹でコミュニケーションを取ることもあるのだろうか。中谷さんに尋ねると、「群れで生活する動物なら、鳴き声などで情報交換をすることもあります。でもパンダは単独で生活する動物なので、鳴き声でほかのパンダとコミュニケーションをとることはほとんどないに等しいと思います」とのことだ。

そもそも、なぜ子どものパンダがひとり立ちするかというと、パンダは群れをつくらず、単独で生きる動物だから。単独生活する動物の親子が別れる時期は突然訪れる。母親は突然、子どもに対する態度を変え、攻撃的になり、自分の縄張りから子どもを追い出そうとすることがある。

野生下では、子どもは母親から逃げるように旅立っていくが、飼育下の狭い場所ではこれらが難しい。子どもが母親に攻撃されて、逃げ場がないという事態になりかねない。そこで飼育下では、計画的にひとり立ちさせる。

その時期について、アドベンチャーワールドは1~2歳としている。上野動物園でシャンシャンがひとり立ちしたのも1歳半になる直前だった。

一方、欧米の動物園で生まれたパンダは、2歳過ぎまで親子一緒に過ごすことが珍しくない。例えば、楓浜の約半年前にオランダのアウエハンツ動物園で生まれたファンシン(梵星)は、2歳の誕生日を迎えた2022年5月1日も、プレゼントのおが屑の上で母親と一緒に転げ回っていた。

なぜこのような違いが出るかというと、母親の性格、子どもの発育状況、運動場の広さ、飼育方針、連携している中国の施設の判断、野生のパンダの状況など、さまざまなことを考慮して、それぞれの動物園がひとり立ちの時期を決めているためだ。

野生のパンダがいつまで親子一緒にいるかは諸説あるが、2歳頃までだとしても、完全に離れるわけではなく、子どもは母親の縄張りに少し重なるか、近い場所で暮らすこともある。また、野生と飼育下では環境が違うので、必ずしも野生とまったく同じにするわけでもない。

母子がじゃれ合った時間も記録

良浜と楓浜の場合は、良浜が楓浜を構わなくなったというよりも、良浜と楓浜それぞれが1頭で過ごす時間が長くなったことが、ひとり立ちの時期を判断するポイントになった。

「楓浜が良浜に『遊んで!遊んで!』とくっついていた時間が短くなり、良浜と違う場所で竹を食べるなど、別々に過ごす時間が長くなりました。1日にどれくらい良浜とじゃれ合っているかなど、ずっと観察して情報を集めています。そうした記録のほか、楓浜が良浜の元を離れても、しっかり竹を食べて生活できるかなどを判断して、ひとり立ちの時期を検討しました」(中谷さん)

楓浜は、ほかのきょうだいよりも少し遅いひとり立ちとなった。例えば、2016年9月18日生まれの結浜は1歳0カ月、2018年8月14日生まれの彩浜は1歳2カ月でひとり立ちした。一方、2020年11月22日生まれの楓浜は、あと10日で1歳5カ月というタイミングでのひとり立ちだ。その理由について、アドベンチャーワールドは「その年ごとに母親と子どもの様子を見ながら判断しています」と説明している。

1歳の誕生日の結浜(右)と良浜。結浜はこの約3週間後にひとり立ちした。2017年9月18日(筆者撮影)

子どものひとり立ちは、母親が繁殖できるようにするためという場合もある。2000年9月6日に生まれた良浜は、生後4カ月ほどでひとり立ちした。当時はアドベンチャーワールドに限らず、パンダに関する知見が豊富な中国でも、それくらいの時期にひとり立ちさせていた。

初めての出産で戸惑う様子を見せた良浜

世界のパンダの数が現在よりもはるかに少なく、絶滅の危険度が高かったことも理由だろう。パンダは授乳していると繁殖できないので、子どもをひとり立ちさせて、母親が繁殖できるようにするというわけだ。

しかしその後の研究で、母親と過ごす期間が短いパンダは、成長すると、ほかのパンダと上手にコミュニケーションをとれない場合があるとわかった。パンダは単独で生きる動物だが、交尾するときや、子育てするとき・されるときなどは、ほかのパンダと接する。

良浜は、初めての出産・子育てでは戸惑う様子を見せた。そのため、このとき生まれた双子の梅浜(めいひん)と永浜(えいひん)は、わずか177日齢で親離れした。その後の良浜は愛情深く、立派に子育てしている。

楓浜がひとり立ちしたことで、次の繁殖はどうなるのか。楓浜の父親の永明(えいめい)は2022年9月に30歳、良浜は22歳となる。パンダの年齢のおよそ3倍が人間の年齢という説を採用すれば、永明は人間なら約90歳、良浜は約66歳になる。永明と良浜は今後も繁殖可能なのだろうか。アドベンチャーワールドに尋ねたところ、「それぞれの様子をみて判断してまいります」とのことだ。

楓浜がお姉さんになるかはわからないが、引き続きすくすくと育ってほしい。

楓浜(右)の1歳の誕生日に授乳する良浜。2021年11月22日(筆者撮影)

(中川 美帆 : パンダジャーナリスト)

ジャンルで探す