上野の「シャンシャン」初の引越しを追ってみた

上野動物園の東園から初めて車に乗るシャンシャン。2022年7月4日。画像は動画からの切り出し(画像:公益財団法人東京動物園協会)

東京・上野動物園で生まれた雌のジャイアントパンダ、シャンシャン(香香)が7月4日に引っ越した。行き先は園内の「パンダのもり」。東京都が約22億円をかけて整備し、2020年9月にオープンした豪邸だ。

「パンダのもり」の敷地面積は約6800平方mで、ジャイアントパンダ舎、レッサーパンダ舎、鳥舎、トイレがある。ジャイアントパンダ舎には産室が2つあり、公道に近いほうの産室(図の産室1)にシャンシャンが入った。

「パンダのもり」の概略図。2022年7月5日現在、シャンシャンは「産室1」、シンシンと双子は「屋外放飼場B」「室内展示1号室」とその横の「寝室」、リーリーは「屋外放飼場C」「室内展示2、3号室」とその横の「寝室」を利用。2022年3月23日撮影(筆者撮影)

もう1つの産室では2021年6月23日、上野動物園で初めて双子パンダが誕生した。産室は公道に近いが、窓を二重サッシにするなどし、パンダが安心して出産・子育てできる環境を整えている(参照:『シャンシャンに弟妹?上野「新パンダ舎」の底力』)。

5頭のパンダが暮らす

上野動物園では一家5頭のパンダが暮らしている。シャンシャンが2017年6月12日に生まれてから2022年7月4日の引っ越しまでいたのは東園。「パンダのもり」は、そこから徒歩10分ほどの西園に位置する。

西園パンダ舎の部屋割りは現在、①シャンシャン、②シャンシャンの母のシンシン(真真)、弟妹(双子)のシャオシャオ(暁暁)とレイレイ(蕾蕾)、③シャンシャンの父のリーリー(力力)となっている。

この3組は、互いに顔を合わせることはないが、パンダは聴覚や嗅覚が比較的鋭いとされるため、もしかしたら音や匂いは分かるかもしれない。

シャンシャンにとっては、両親と弟妹の元への「里帰り」。なのに家族と顔を合わせないのは、かわいそうだと思われるかもしれないが、パンダは群れをつくらず単独で生きる動物。子育て中や交尾する時、幼い双子が一緒にいる時を除けば、動物園のパンダも普段は1頭ずつ区切られたエリアで暮らす。

シャンシャンが引っ越したのは、東園パンダ舎で使ってきた空調機器が老朽化したため。冷房機能が低下したり、場合によっては、故障して冷房が使えなくなったりする恐れが出てきた。

上野動物園によると、現在の東園パンダ舎の空調機器は、1988年4月にこのパンダ舎を建設した時からずっと使われている。

だが、冷房が使えなくなってからでは遅い。パンダのふるさとは標高1300~3500mの山岳地帯なので、パンダは、寒さは平気だが、暑さは苦手だ。しかも今夏の東京は猛暑が予想される。上野動物園はリスクヘッジのため、空調機器を追加して、冷房機能を補強する工事に踏み切ることにした。

シャンシャンを飼育しながら工事をした場合、騒音などによるシャンシャンへの悪影響が予想される。そこで、シャンシャンを西園パンダ舎に一時的に移して、工事を進めることにしたのだ。

母親のシンシンにも配慮

シャンシャンが生まれた当時も、近くの工事を休止していた。上野動物園の正門を建て替える間、近くに仮設の表門を新設する工事だ。この時の工事休止も、シャンシャンと、シャンシャンを懸命に育てている母親のシンシンに配慮した対応だった。

パンダ舎など園内の施設の工事は、基本的に東京都が入札して発注する。だが今回の空調機器の設置は、東京都の指定管理者である公益財団法人東京動物園協会が随意契約で発注している。費用は、寄付金などによる「ジャイアントパンダ保護サポート基金」で賄う。

「ジャイアントパンダ保護サポート基金」の用途はさまざまだ。2020年度は例えば、西園パンダ舎屋外放飼場での洞穴の建設に1177万円、パンダの健康管理のための採血盤購入に22万円、体重計の購入に239万5360円などを充てた。建設された洞穴は日差しを避けられるので、リーリーが時々入って休んでいる。

シャンシャンの引っ越しは、上野動物園が休園日の7月4日に実行された。前述のようにパンダは暑さが苦手なので、シャンシャンの負担が最小限となるように、気温が低い時間を狙った。

まずはシャンシャンがケージに入る。事前に入る練習をしていたので、スムーズに入ることができた。体重102.6kg(6月25日測定)のシャンシャンが入った輸送箱は、パンダ柄のフォークリフトでトラックの荷台に積まれた。輸送箱の柵の部分は板で覆われ、シャンシャンは外が見えないようになっている。

トラックは園内をゆっくりと走り出した。上野動物園で生まれたシャンシャンにとって、東園パンダ舎から出るのも、車に乗るのも初めての経験だ。

東園と西園の間には公道があり、その上に「いそっぷ橋」が架かっている。西園は東園よりも標高が低いので、橋の先は急な坂を下る。

西園に到着して板(左)が外された。2022年7月4日。画像は動画からの切り出し(画像:公益財団法人東京動物園協会)

シャンシャンは無事、西園パンダ舎に到着した。輸送箱の扉を引き上げると、シャンシャンはすぐに出て、産室にすんなり入った。上野動物園によると、移動直後のシャンシャンは、慣れない施設に落ち着かないようすも見せたが、健康状態に変わりはないとのこと。その後は問題なく食事、睡眠をとっているそうだ。

フォークリフトで移動。シャンシャンは柵を手(前肢)でギュッと握っている。後ろを飼育係がついて歩く。2022年7月4日。画像は動画からの切り出し(画像:公益財団法人東京動物園協会)

筆者が見た限り、シャンシャンは東園にいた頃、屋内の台の上や、屋外のやぐらの上で寝ることが多く、床や地面の上で寝ることはほとんどなかった。西園の産室にも台があるので、そこで寝ているのかもしれない。

緑色の輸送箱から産室にすんなり入ったシャンシャン。2022年7月4日。画像は動画からの切り出し(画像:公益財団法人東京動物園協会)

シャンシャンの公開休止期間が変わる可能性も

シャンシャンは2022年7月5日~7月19日の間、公開休止となる。この期間ずっと工事をするわけではなく、シャンシャンが東園と西園を行き来して慣れる時間も踏まえている。今後の工事の状況とシャンシャンの様子によっては、この公開休止期間が変わる可能性もある。

一方、シンシンと双子は、抽選に当たった人とその同伴者だけが観覧できる。6月の抽選倍率は、土日が約10倍、平日が約3倍だった。リーリーは誰でも観覧できる。

近くにシャンシャンの母と弟妹がいる。2022年6月20日(筆者撮影)

西園パンダ舎は工事が遅れ、竣工は2020年夏になった。当初はリーリーとシンシンだけでなく、シャンシャンも西園に移る可能性があった。

だが、東京都と中国野生動物保護協会の協定に基づき、2020年12月31日までに繁殖のため中国に行くことになっていたので、4カ月ほどしかいられない。短期間での移動の連続は心身に負担がかかるとして、シャンシャンは東園に残ることになった。

シャンシャンの中国行きはコロナ禍で延期を重ね、現在は2022年12月31日が期限となっている。あと半年を切った。中国へ行く時も輸送箱に入るが、長時間の移動になるので、おそらく今回使った輸送箱とは異なる。

リーリーとシンシンが2011年2月に中国から来た時に入っていた輸送箱は、輸送の途中でエサを追加できる投入口や、扉を開けずに安全に水を追加できる機能が備わっていた。

今年はパンダ来日50周年

シャンシャンが中国へ旅立った場合、東園パンダ舎がどうなるのかは未定。東園の出口そばの事務所は、間もなく取り壊される予定だ。上野動物園ではほかにも整備が進んでいる。「アフリカの動物エリア」の建設構想もあり、基本構想の作成をプレック研究所が約1699万円で受注している。

今年はパンダ来日50周年。日本の動物園で最も歴史が長い上野動物園が開園してから140年に当たる。シャンシャンの新居での暮らしに思いをはせつつ、建設に着目して動物園を巡るのも面白い。

(中川 美帆 : パンダジャーナリスト)

ジャンルで探す