JR西、「他県より鉄分多め」で攻める岡山観光戦略

JR西日本が岡山DCに合わせて投入する観光列車「SAKU美SAKU楽(さくびさくら)」(記者撮影)

JR旅客6社は地元の自治体や旅行事業者と組んで、「デスティネーションキャンペーン(DC)」という大型の観光施策を3カ月ごとに実施している。DCの対象地に選ばれると、期間中は観光地をPRするポスターが全国のJR駅構内に掲示され、多くの人の目に留まることになる。

今年の1〜3月には京都DCが実施され、桜や紅葉といった定番ではない、冬の京都の魅力が全国に伝えられた。7月1日から9月30日までは岡山DCが実施される。

近年、JR各社の間でDCに合わせて新しい観光列車を導入する例が目立つ。観光列車目当てに現地を訪れる旅行客が増えるという直接的な効果のほかに、観光列車がニュースとして取り上げられることが観光地のPRにつながるといった間接的な効果もある。

そんな背景もあり、JR西日本は岡山DCに合わせて観光列車「SAKU美SAKU楽(さくびさくら)」を投入、7月1日から土日を中心に週4回運行する。

新観光列車は「岡山県北」にスポット

岡山DCは2016年4〜6月にも実施された。このときはデザイン性に富む「La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)」と昭和30〜40年代の懐かしいカラーリングを再現した「ノスタルジー」という2つの観光列車を投入し、大きな話題となった。「次回の岡山DCにも新しい観光列車を走らせたい」。関係者たちがこう考えるのは自然な流れだった。

ラ・マル・ド・ボァは瀬戸内エリアを中心に、ノスタルジーは県北エリアの岡山―津山間を運行した。1本だけ造る新たな観光列車のルートに選ばれたのも岡山―津山間。JR西日本岡山支社の伊東暁ふるさとおこし本部長は「名湯・美作三湯や桜の名所など豊かな自然が旅心を誘う県北エリアにスポットを当てたいと考えた」と理由を説明する。

新たな観光列車の運行に伴い、ノスタルジーは「みまさかスローライフ列車」として、因美線の津山―那岐間を運転日を限定して運行する。

SAKU美SAKU楽に使われる車両は1980年に製造されたキハ40形。今年2月から6月にかけて、JR西日本の後藤総合車両所(鳥取県米子市)で観光列車への改造が行われ、その後、岡山市内にある岡山気動車区でのラッピング作業を経て、6月15日に完成した。

外観デザインは沿線の四季折々の花びらをピンク色で表現した。著名な外部デザイナーには頼らない社内のデザイン。外観のピンク色は塗装で、文字やロゴはラッピングだ。

真新しい輝きを取り戻した車両を前に、岡山気動車区の齊城吉晶区長も「昔からある車両が新しくなった。1台しかない車両。大切にメンテナンスしていきたい」と感慨深げ。万全の状態で走れるよう、駆動装置はとくに念入りにメンテナンスしたいという。

内装は山や森をイメージ

6月22日には岡山ー福渡間における習熟運転のもようが報道陣に公開された。車内の公開もこの日が初めてだ。内装デザインは緑色や茶色が主体。岡山県北エリアの山や森をイメージしたという。シートは真新しくなったが、天井には昔ながらの扇風機がぶら下がっている。「古さと新しさのコントラストを楽しんでください」とJR西日本の担当者が笑った。座席の上には吊り革があった。万一の際には定期列車として使うことを考慮したものだ。

この観光列車のプロデュースを担当するJR西日本岡山支社ふるさとおこし本部の原拓也氏は、「プロジェクトが動き出したのはおよそ2年前」と振り返る。「最も苦労したのは何か」という質問に対しては、「さまざまな意見を1つにまとめるのが大変だった」と即答だった。

多くの人の思いが1つに結実して完成した新しい観光列車。発表されている運行スケジュールはDC期間内の9月までだが、10月以降も運行予定という。

鉄道ファンの力で話題性アップ

岡山DCをPRするホームページを見ると、アートを満喫する旅、歴史に触れる旅、食を楽しむ旅などさまざまな旅のプランが提案されているが、JR西日本はちょっとユニークな企画を発表した。「おか鉄フェス2022」という鉄道に特化した観光キャンペーンだ。

ラインナップがすごい。ノスタルジーを活用したリバイバル急行「砂丘」の運行、「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」「ハローキティはるか」といった人気列車の特別運行、通常は昼間走るラ・マル・ド・ボァを夕方から夜に走らせる等々。さらに津山駅では運転士が実際に訓練で使用しているシミュレータを操作できる運転士体験、また、岡山総合実設訓練センターでは小学校4年生から中学校3年生という条件こそあるものの、訓練線で本物の車両を用いて約800mの運転を行ったり車掌体験を行ったりするといったファン垂涎の企画が目白押しだ。

「かつての国鉄の岡山鉄道管理局は“岡鉄局”と呼ばれており、それに由来して“おか鉄”と名付けました」と、JR西日本岡山支社の須々木淳副支社長が話す。“おか鉄“と言われても一般の人にはまず響かないが、鉄道ファンならピンとくるものがあるはずだ。

全国で姿を消しつつある旧国鉄型車両が多数残っている岡山・備後エリアはファンの間で「鉄道の聖地」と称される。「全国の鉄道ファンのみなさまに岡山・備後にでかけてみようというきっかけになってほしい」と須々木副支社長は期待する。

しかし、鉄道ファンだけをターゲットにしているわけではないだろう。観光列車が鉄道ファンのみならず一般の旅行客からも関心を集めていることからもわかるとおり、鉄道ファンの間で話題になったものは日々のニュースにも取り上げられる。ニュースを見ていると、鉄道はほかの話題と比べ取り上げられる頻度が多いように感じられる。おか鉄イベントが回り回って、岡山DCの認知度向上につながる可能性は高い。

岡山DCが成功を収めれば、その要因の一翼は鉄道ファンが担っているといってよいだろう。

(大坂 直樹 : 東洋経済 記者)

ジャンルで探す