スズキ「新型アルト」買うならどのグレード?

2021年12月22日に発売した新型アルト。価格は94万3800円~137万9400円で、2WDと4WDを設定する(写真:スズキ)

2021年12月22日に発売した新型アルト。価格は94万3800円~137万9400円で、2WDと4WDを設定する(写真:スズキ)

昨年12月に9代目へとフルモデルチェンジを果たしたスズキのベーシック軽セダンである「アルト」。この新型アルトは、ベーシックカーという基本に立ち返り、「ゲタを極める」というコンセプトのもとで誕生したモデルとなっている。

つまり、高級化が目覚ましい軽自動車において、装備を厳選して移動のアシとして価格を抑え、47万円という低価格を実現した元祖ベーシックカーの初代モデルを目標として生まれた1台というわけだ。

そうは言いつつも時代の流れはしっかり反映し、アルトとしては初のハイブリッドモデルを設定したほか、先進安全装備のスズキセーフティサポートを全車に標準装備とし、フロントシートSRSサイドエアバッグやSRSカーテンエアバッグも全車標準装備とするなど、安全装備に抜かりがないのは、ライバル車であるミライースに対するアドバンテージとなっている。

そんな基本はしっかり押さえたベーシック軽の新型アルト、実際に購入するとしたらどのグレードがオススメなのだろうか?

ハイブリッド2グレード、ガソリン2グレードの合計4グレード

新型アルトのカラーバリエーション(写真:スズキ)

新型アルトのカラーバリエーション(写真:スズキ)

新型アルトのグレード体系は、価格が高い順から「HYBRID X」「HYBRID S」「L」「A」という4グレードとなり、上級の2グレードは、その名前からもわかるようにハイブリッドモデルとなっている。気になる価格は以下のとおりだ(すべて2WDの価格)。

HYBRID X 125万9500円
HYBRID S 109万7800円
L  99万8800円
A  94万3800円

従来型に存在していたホットモデルの「ワークス」や、商用登録となる「バン」は今回用意されておらず、ビジネスユーザー向けには「A」がその役割を果たす。

Aグレードのインテリア(写真:スズキ)

Aグレードのインテリア(写真:スズキ)

そのため、Aグレードでは加飾らしい加飾はすべて省かれてホイールカバーすら備わらず、後部ドアのウインドウは開閉機構が省かれた固定式になり、電動格納ミラーも省略されるといった簡素ぶりであるため、5.5万円を抑えるためだけにAグレードを選ぶのはオススメしづらいというのが本当のところ。

ハイブリッド車にするか、ガソリン車にするか

今回、アルトにはじめて設定されたハイブリッドモデルだが、パワートレイン以外の装備が似通った「HYBRID S」と「L」で比較すると、その価格差はおよそ10万円となる。

アルトに搭載されているマイルドハイブリッドの動作イメージ(写真:スズキ)

アルトに搭載されているマイルドハイブリッドの動作イメージ(写真:スズキ)

ハイブリッド車と聞くと低燃費というイメージが強いかもしれないが、アルトに搭載されているハイブリッドシステムはマイルドハイブリッドとなっており、カタログ上でのWLTCモード燃費の数値は、ガソリン車の「L」が25.2km/Lであるのに対し、ハイブリッド車の「HYBRID S」が27.7km/Lと、そこまで差がない。

では、ハイブリッド車のアドバンテージはなにかというと、モーターアシストによる力強さだ。ガソリンモデルでは最大トルクは5.6kgf・mとなっているが、ハイブリッドモデルではエンジンの5.9kgf・mというトルクに加え、モーターの4.1kgf・mのトルクもプラスされるため、明らかに力強さを体感できる。

そのため、山坂道が多い地域に住むユーザーや、長距離運転をすることもあるユーザーにとっては、ハイブリッドモデルを選ぶアドバンテージもあると言えるだろう。

ハイブリッド車で選ぶなら、どのグレードがオススメ?

HYBRID Xの外観(写真:スズキ)

HYBRID Xの外観(写真:スズキ)

もし、あなたがハイブリッドモデルを検討しているのであれば、オススメしたいのは「HYBRID X」だ。価格こそ「HYBRID S」の16万1700円高となるが、アルミホイールやLEDヘッドランプ、フルオートエアコンにスモークガラスなどが標準装備となり、新型アルトでは唯一となるキーレスプッシュスタートシステムを装着するグレードということで、日常使いをするうえでも我慢を強いられることがない装備が備わっている。

HYBRID Xのシート(写真:スズキ)

HYBRID Xのシート(写真:スズキ)

また、「HYBRID S」には備わらない運転席シートリフターやチルトステアリングも装備されるため、適切なドライビングポジションを取ることができる点もオススメしたいポイントである。

ガソリン車で選ぶなら、どのグレードがオススメ?

ガソリン車でオススメとなるLグレードの外観(写真:スズキ)

ガソリン車でオススメとなるLグレードの外観(写真:スズキ)

一方、ガソリンモデルを検討しているのであれば、オススメしたいのは「L」にメーカーオプションの「アップグレードパッケージ」をプラスした仕様である。

価格こそ113万800円と、「HYBRID S」を若干上まわってしまうが、「HYBRID S」には備わらないLEDヘッドランプ、フルオートエアコン、リヤシートヘッドレスト、助手席シートヒーター、スモークガラス、運転席シートリフターなど、あるといいなと思える装備がプラスされるため、購入後の満足度が非常に高い仕様といえるのだ。

メーカーオプションはどれを選ぶべきか

メーカーオプションについては、前述の「L」グレードに装着をオススメした「アップグレードパッケージ」のほか、「HYBRID X」には「全方位モニター付ディスプレイオーディオ装着車」「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」が、「HYBRID S」には「LEDヘッドランプ装着車」が、「HYBRID S」「L」「A」には「バックアイカメラ付ディスプレイオーディオ装着車」がそれぞれ設定されている。

すれ違い支援機能のモニター画像(写真:スズキ)

すれ違い支援機能のモニター画像(写真:スズキ)

「HYBRID X」に用意される全方位モニターとは、クルマを上空から見たような映像をモニターに映し出してくれるほか、すれ違い支援機能として狭い道を低速で走行中、自動で左側+フロント映像を表示してくれるなど、運転に不安のあるユーザーにはうれしい装備となっているほか、フロントウィンドウに情報を投影するヘッドアップディスプレイもプラスされる。

ただし、全方位モニター付ディスプレイオーディオ装着車はプラス11万2200円、全方位モニター付カメラパッケージ装着車は7万9200円で別途対応するオプションのナビゲーションの装着が必要となるため、コスト的に悩ましい部分と言える。

LEDヘッドランプ装着車は5万7200円高となり、スモークガラスとUVカット機能付ガラスもプラスされるが、こちらも費用対効果を考えると微妙というのが本音である。

7インチディスプレイおーディの装着イメージ(写真:スズキ)

7インチディスプレイオーディオの装着イメージ(写真:スズキ)

一方、バックアイカメラ付きディスプレイオーディオ装着車は、5万5000円で装着できるにもかかわらず、Bluetooth対応のディスプレイオーディオにバックアイカメラ、USBソケット、GPSアンテナ、ハンズフリーマイク、ステアリングスイッチなどが一括装着されるため、非常にコストパフォーマンスに優れ、対応するグレードをチョイスするのであれば、ぜひ選んでおきたい。

正直、完全な移動のアシとして割り切るのであれば、「A」でも充分実用に耐えうる装備を持つ新型アルトではあるが、日々の移動を少しでも楽しく快適にしたいと考えているのであれば、前述した2グレードをオススメしたいところである。

(小鮒 康一 : フリー(ライ)ター)

ジャンルで探す