GWを家でのんびり過ごす人にお薦め「ゲーム」5選

GWに遊んでほしいソフトを紹介します(筆者撮影)

2022年もゴールデンウィークがやってきましたが、いまだに新型コロナウイルスの脅威は去っていません。外出を控える人も少なくないと思いますが、しかし暇なのは困りますよね。

やはりこういうときにベストなのが、家で楽しく遊べるテレビゲームです。しかも今年は良質なゲームがたくさん発売されており、まさに遊ぶのにぴったりなタイミングなのです。

今回はゲームの専門家である渡邉卓也が、2022年に発売された最新タイトルを中心にGWにおすすめのゲームを5つ紹介します。

もっとたくさんのゲームを知りたい方はこちらの連載もご覧ください。

東京のロケーションがギュッと凝縮されている

①怪異あふれる東京で霊能バトル『Ghostwire: Tokyo』

画像は『Ghostwire: Tokyo』公式サイトより

『Ghostwire: Tokyo』は、人がいなくなってしまった東京で、さまざまな怪異や超常現象と戦うアクションアドベンチャーゲーム。本作は「バイオハザード」シリーズなどで知られる三上真司氏が率いる「Tango Gameworks」によって開発されています。

本作の東京では、謎の般若面の人物の陰謀により、人間が消えてしまう霧が発生します。主人公である「暁人」は、「KK」と名乗る霊に取りつかれたことにより、偶然この現象から難を逃れます。

暁人は妹を助けるため、KKは般若面の人物と決着をつけるため、人が消えた東京で問題解決の方法を探します。しかし、この東京には「マレビト」と呼ばれる怪異がはびこっているのです。

KKの力を借りて口裂け女やてるてる坊主と戦ったり、カッコよく印を結んで封印を解いたり、東京のあちこちを歩いて「きさらぎ駅」のような都市伝説に遭遇したりと、盛りだくさんな内容になっています。

街並みや看板のみならず、コンビニの商品や店内放送までばっちり作り込まれているのも驚きです。

本作は渋谷のスクランブル交差点のみならず、東京のさまざまなロケーションがギュッと凝縮されて再現されています。実際に東京を知っている人はよりおもしろく感じられるでしょう。

・遊べるゲーム機:PS5、PC
・公式サイトはこちら
②誰でも楽しめる3Dアクションゲーム『星のカービィ ディスカバリー』

画像は任天堂公式サイトより

今年で30周年となる『星のカービィ』シリーズ最新作も発売されています。今回の『星のカービィ ディスカバリー』はシリーズ初の3Dアクションになっているほか、カービィが車や自販機をほおばってその形になってしまう「ほおばりヘンケイ」が特徴です。

カービィといえば子ども向けの印象が強いかもしれませんが、より正確に言うのであれば「多くの人が楽しめるゲーム」です。普段ゲームに慣れていない人が気軽に楽しむのはもちろん、ゲーム経験者でも多様なカービィのアクションを楽しめる内容になっています。

本作の舞台は、まるで滅んだ地球のような「新世界」。ポストアポカリプス(終末世界)ものに近い雰囲気があり、荒廃したショッピングモールや緑に覆われたビルなども見どころになっています。

2人協力プレイにも対応しており、子どもから大人まで多くの人におすすめできる一作です。無料体験版もあるので、ひとまず試してみるといいでしょう。

・遊べるゲーム機:Nintendo Switch
・公式サイトはこちら
③小学生がノートで作った(設定の)『RPGタイム!~ライトの伝説~』

画像は『RPGタイム!~ライトの伝説~』公式サイトより

『RPGタイム!~ライトの伝説~』は、小学生のケンタ君が作ったノート上のRPG(ロールプレイングゲーム)を楽しむという設定の作品です。しかし子どもだからと侮ることなかれ。本作、異常といえるほどの作り込みが特徴となっています。

机の上はRPGを遊ぶためのステータス・操作画面になっており、ゲームを表現するための小物・描き込みでびっしり。メインとなるノートの中身も実際に手描きでグラフィックが用意されており、細かく描き込まれているうえボリュームもかなりたっぷり用意されています。

ダンボール工作で作られた街もあり、さまざまなミニゲームもあり、迷路あり、野球あり、eスポーツありと、ケンタ君が作りたかったものがいっぱい詰め込まれているのです。その情熱に圧倒されること間違いなしでしょう。

昨今はインディーゲーム(個人制作者や独立した開発者によるゲーム作品)が注目を集めていますが、本作はとくにインディーゲームらしい一作です。制作陣のこだわりを強く感じられますよ。

・遊べるゲーム機:Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Windows)
・公式サイトはこちら
④ガチのアクションを楽しみたい人のためのゲーム『Sifu』

画像は『Sifu』公式サイトより

師父を殺された弟子として、敵を討つためにカンフーで戦うアクションゲームが『Sifu』です。本作はかなり歯ごたえのあるゲームで、仇討ちのためには努力が必要になります。

敵は容赦なく集団で襲いかかってくるうえ、立ちはだかるボスもかなり強い。勝つためには敵の動きを見極め、周囲に落ちているデッキブラシや瓶も使いこなす必要があるでしょう。

主人公は特別なお守りのおかげで、死んでも復活できる力を持っています。復活するたびに歳をとってしまいますが、年齢を重ねるほど攻撃力が増していきます。一定の年齢になると復活できなくなってしまいますが、ピンチになればなるほど強くなっていくわけです。

最初こそ『Sifu』はかなり難しく感じるかもしれませんが、見切り(PlayStation版の場合は「L1+上 or 下」で発動)が使えるようになると、相手をガンガン倒していける気持ちいいゲームになります。また、練習しやすい作りになっているのも嬉しいところ。

カンフーのモーションが非常にカッコよく、本作を遊んでいると主人公の動きを真似したくなってしまうほど。やりごたえのあるゲームを求めている人におすすめです。

・遊べるゲーム機:PS4、PS5、PC
・公式サイトはこちら
⑤人気ボードゲームがスイッチで遊べる『レッツプレイ!オインクゲームズ』

画像は任天堂公式サイトより

ボードゲームの制作会社として有名な「オインクゲームズ」。その会社の作品をNintendo Switchで遊べるようにしたゲームが『レッツプレイ!オインクゲームズ』です。

本作では5つのゲームが収録(記事執筆時点)されており、すごろく形式でお宝を集める「海底探険」、投資をしてお金儲けをするカードゲーム「スタータップス」、宇宙飛行士として決死の物資回収ミッションに挑む「月面探険」などが遊べます。

そのなかでも筆者イチオシなのが「エセ芸術家ニューヨークへ行く」。これはお題に従って一筆書きで絵を描くゲームなのですが、プレイヤーのなかに1人、お題を知らない「エセ芸術家」が混じっています。芸術家はいかにそれを見破るか、エセ芸術家はいかにバレずに描くかとなるわけですが、わかりやすいルールなうえ非常に盛り上がるのです。

追加アップデートも実施されており、福笑いのような形式でお題に沿った顔を作り出す「この顔どの顔?」も遊べるようになっています。どれも気軽に遊べてみんなで盛り上がれるゲームなうえ、オフライン・オンラインにも対応しているのが嬉しい一作です。

・遊べるゲーム機:Nintendo Switch
・公式サイトはこちら

(渡邉 卓也 : ゲームライター)

ジャンルで探す