「思考が深い人」「浅い人」そもそもどこが違うのか

普通の人でもできる、「深く考える」ための頭の使い方をご紹介します(画像:Fast&Slow/PIXTA)
東大生、慶応生、早稲田生を中心に、クチコミのみで募集される「伝説の『論理思考』講座」がある。受講した学生のうち「82%が戦略系コンサルティングファームに内定」という実績は、少しでも内情を知る人からすればまさに「驚異の講座」だ。
その「門外不出の講座」のエッセンスをまとめた書籍『東大ケーススタディ研究会 伝説の『論理思考』講座』が、ついに刊行された。
「東大生といえども、最初は『間違った論理思考』をしている人が大半です。でも、正しい方法を知ってトレーニングすれば、コンサルタントの実務でも十分通用するレベルに到達できます」
そう語るのは、経営コンサルタントとして第一線で活躍する傍ら、本講座を主催してきた、著者の白木湊氏だ。白木氏が所属する「東大ケーススタディ研究会」については、シリーズ35万部を突破したロングセラー『フェルミ推定ノート』『ケース問題ノート』の著者として、ご存じの方も多いだろう。
ここでは3回にわたって、白木氏に本講座のエッセンスを紹介してもらう。後編の今回は、「思考を深める」ための具体的な方法を解説する。
第1回:東大生も感動!「伝説の"論理思考"講座」を大公開
第2回:「思考が狭い人」「広い人」分ける頭の使い方のコツ

「思考を深める」ための具体的な方法とは?

第1回の記事では、「論理的な解」を導くうえで、あくまで「想像力」が基礎として重要であり、論理力については「想像力を論理力で補佐」という形で発揮することが重要である点を、具体例(ケース問題)をもとに解説しました。

東大ケーススタディ研究会 伝説の「論理思考」講座: ケース問題で「広い視野」「深い思考」をいっきに鍛える

そして、第2回の記事では、「思考を広げる」ためには、どのように「想像力を論理力で補佐」すればよいのかについて、解説しました。

それでは、次の「思考を深める」検討において、「想像力を論理力で補佐」するためには、具体的にどのようなアプローチで考えればよいのでしょうが。

よく「考えが浅い」「深掘りできていない」といった指摘がありますが、その原因は、単に「検討が不十分」「頭を使って考えていない」などの理由で済まされやすいです。しかし、「どうやって考えれば、これ以上深掘りできるのかわからない」というのが実情ではないでしょうか。

そのため、本記事(第3回)では、「思考を深める」うえで、どんな思考や工夫が有効なのか(どのように「想像力を論理力で補佐」すればよいのか)について、ケース問題を具体例として利用しながら解説していきます。

さて、よりよい回答・打ち手を作成するためには、しっかり「深掘り」することが重要です。

「深掘り」された課題・打ち手とは何か?

1.「深掘り」が不十分に終わることが少なくない

しかし、深掘りをうまく進められない場合が少なくないのが現実です。その具体例を、第2回の記事でも利用した、以下のケース問題を利用しながら、見ていきましょう。

問い:とあるフィットネスクラブのチェーンA社の売上を上げるには

上記の問いに対して、「会員の継続率を上げるために、入会してから間もない&利用回数が少ない人を対象とした、運動継続のフォローの連絡と相談を実施しましょう」といった方向性の打ち手を考える人を、よく見かけます。

しかし、この方向性の打ち手は、さまざまな意味で深掘りが不十分です。

・そもそも、「継続率」が本当に重要な課題(大きな問題)なのか
・「継続率」を向上させるうえで、「フォロー」が本当に有効なのか(フォロー不足が課題なのか)
・「フォローの連絡と相談」と言っているが、具体的に何をするのか

もしくは、そもそも「深掘りしろと言われても、どのように深掘りすればよいのかわからない」と途方に暮れてしまい、単なる思いつきで「運動継続のためのフォローが必要」といった単純な打ち手を述べる人も少なくありません。

さて、上記のような、しっかり深掘りできていない打ち手に終わることを防ぐためには、どうすればよいのでしょか。

2.「深掘り」された課題・打ち手の特徴とは?

ところで、「しっかり深掘りされた打ち手・課題」とは、そもそもどんなものなのでしょうか。うまく深掘りを進めるための工夫を解説する前に、少し考えてみましょう。

まずは、以下の2つの打ち手の例を見てください。どちらの打ち手が、より深掘りされた打ち手に見えるでしょうか。

【打ち手例1】「平日昼」の客数増の施策を実施する
【打ち手例2】フィットネスは「固定費」の比率が高いため、すいている「平日昼」の無駄が大きい。平日昼の時間帯は、「(仕事がある)社会人」は来店できないが、「年配者」なら来店できると思われるので、年配者の客数を増やしたい。ただし、年配者は、「長期間運動をしていない」人も多いので、「運動需要の喚起」が必要である。そのため、「初心者向け」の「運動教室」を、「会員向け」と「非会員向け(※体験教室)」の両方で実施する。運動教室の内容は、長期間運動をしていない人に配慮して、「足腰への負担」が少ない内容がよい。具体的には、「水泳」を想定している。

どちらも同じ方向性の打ち手になりますが、おそらく、後者の「打ち手例2」のほうが「しっかり深掘りされている」と感じた方が多いと思います(本当に「平日昼の客数増」という課題の筋がよいのかについては、別途しっかり議論すべきですが、今回はいったん省略します)。

では、上記の2つの打ち手の違いは、何なのでしょうか。

違いは、単に「文章が長い」だけではありません。2つ目の打ち手には、「平日昼」だけでなく、「固定費」「年配者」「長期間運動をしていない」「運動需要の喚起」「運動教室」「会員向け・非会員向け」「足腰への負担」などの「多様な切り口が含まれている(多様な切り口が関連付けされている)」点がポイントです。

このように、しっかり深掘りされた課題・打ち手は、「多様な切り口が含まれている」という特徴を持っていることが多いです。

3.うまく「深掘り」を進めるための工夫は?

それでは、「うまく深掘りを進める」ためには、どんな工夫をするとよいのでしょうか。

ここで、直前で解説した、しっかり深掘りされた課題・打ち手は「多様な切り口が含まれている」という特徴を、少し異なった視点から解釈してみましょう。

実は、現実的な視点から見ると、「試しに複数の切り口を紐づけてみたうえで、何か関連性を導けないかを考えてみる」ことを意識すると、深掘りを進めやすくなる場合が多いです。以下、その詳細を見ていきましょう。

工夫1:複数の「切り口を紐づけ」ながら深掘りを進める

引き続き、先ほどの「フィットネス」のケース問題を利用しながら、解説を進めていきます。

1.検討例:2つの切り口の関連性を検討することで課題を導く

先ほど示した「打ち手の例(2つ目)」を思い出してください。

この打ち手の場合、深掘り初期に導かれる課題は、「すいている平日昼に、年配者の客数を増やす」という課題になると思われます。

さて、この課題を、どのように導けばよいのでしょうか。このとき、ついつい「思考力が高い」「発想力が高い」「頭の回転が速い」といった理由ですませがちですが、「途中の検討プロセス」を詳細に確認してみましょう。

さて、試しに「時間帯」と「客層」の切り口の関連性を検討してみます。

まず、2つの切り口の内容(分け方)を確認しておきます。今回は、以下のような項目に分けてみましょう。

【時間帯】「朝(~12時)」「昼(12~17時)」「夕方(17~21時)」「夜間(21時~)」
【客層】「~高校生」「大学生」「社会人」「主婦・主夫」「年配者」

上記の分け方を念頭に置きながら、2つの切り口の関連性を検討してみましょう。以下、検討の流れの例を記載します。

【Step1】フィットネスの主要客層は「社会人」である(そもそも社会人の人口規模が大きいうえに、フィットネスクラブの利用率も高いと思われるため)。つまり、「社会人」のお客さんが最も多い。
【Step2】「社会人」の立場からすると、平日は仕事があるので、平日は「夕方以降」しか来店できない。仕事帰りに来店する人が多いと思われるので、「平日の夕方」の来店者が多いと思われる。
【Step3】上記の「社会人が主要客層である」「平日における、社会人の主な来店時間が夕方である」ことを考慮すると、「平日の夕方」はとても混雑していると思われる。

【Step4】逆に、すいている時間帯を検討してみる。たとえば、「平日の昼」の場合、主要客層である「社会人」が仕事で来店できないので、すいている時間帯であると思われる。
【Step5】すいている「平日の昼」に来店できそうな客層を考えてみる。たとえば、「年配者(+主婦・主夫)」であれば、平日の昼でも来店可能であると思われる。

あくまで一例ですが、上記のような検討を経ることで、「すいている平日昼に、年配者の客数を増やす」という初期課題に到達できます。

ところで、少し話がそれますが、上記の「Step2」の検討では、「社会人の平日1日のフロー」を具体的にイメージすることで、「平日は夕方以降しか来店できない」「仕事帰りに来店する人が多い」といった内容を洗い出しています。このように、「思考を深める」段階でも、「思考を広げる」段階と同様、「想像力」を発揮することが重要になります*。

*補足:「思考を広げる」段階では、「曖昧な利用者(全客層)」をイメージしている可能性が高いです。一方、「思考を深める」段階では、深掘りの内容・進捗に合わせて「社会人」に限定して具体的にイメージしている点が違います。

2.まとめ:なぜ意識的に「切り口を紐づけ」を行うとよいのか?

さて、上記の検討例を振り返ってみましょう。

「2つの切り口の関連性を考えてみる」だけでも、上記のように、さまざまな検討ステップが必要である点に注意が必要です。

そのため、頭の中だけで何となく検討を進めても、「2つの切り口から課題を導ける」ことに気がつく前に「別の検討へ意識が移ってしまう」ことが少なくありません*。

*補足:たとえば、上記の検討例の場合、ついつい「社会人」の立場を前提として置いてしまい、Step4の箇所で「平日昼は、仕事がある人ばかりだから、お客さんを増やせないよね」と安易に判断して検討を終えてしまう人が少なくありません。

もちろん、「思考力が高い人」や「この分野に詳しい人(上記の検討例のような検討内容をあらかじめ頭の中で整理済みである人)」であれば、頭の中で何となく考えるだけで、うまく課題に到達できるかもしれません。

しかし、それ以外の場合は、「意識的に2つの切り口を紐づけて、入念かつ網羅的に考えてみる」というプロセスを経ることが有効です。そうすることで、「切り口の関連性の検討が中途半端に終わる」ことや、そもそも「どうやって深掘りの検討を進めればよいか途方に暮れてしまう」といった状況に陥りにくくなります。

補足:「切り口の紐づけ」に関する補足事項

ここでは、「切り口の紐づけ」に関する補足事項を、いくつか確認しておきます。

補足1:紙の上にメモを取りながら考える

先ほどの検討例のように、初期課題に到達するだけでも、細かく見ていくと、多くの検討ステップを経る必要があります。

このとき、先ほど言及したとおり、何となく頭の中で考えるだけだと、途中で検討に詰まることが少なくないため、対策として、「切り口を紐づける」ことを意識することが有効です。加えて、より見落としなく検討しやすくするためには、強引に「頭の中だけ」で処理しようとせず、2軸の表などの形で「紙のメモの上に可視化」しながら考えることも有効です。

たとえば、先ほどの検討例の場合、「時間帯」×「客層」の2軸の表を「紙のメモの上に可視化」しながら検討を進めることが有効です。そうすることで、Step4の「平日昼がすいている」という検討をしているとき、「年配者」という文字がふと目に入りやすくなります。その結果、「平日の昼の客数を増やすことは困難」と安易に結論づけてしまうリスクを減らすことができます。

このように、「紙のメモの上に可視化」しながら検討を進めることで、「現在の検討箇所」や「未検討の箇所」などの全体像が可視化されるため、見落とし(安易な結論づけ・検討の終了)を自然に防ぎやすくなります。

補足2:さまざまな切り口を追加で紐づけていく

さて、先ほどの検討例は、あくまで「初期課題」を導いているだけです。そのため、引き続き深掘りを続けて、「より深い課題⇒打ち手」へと深めていく必要があります。

このときに有効な工夫は、先ほど解説した工夫と、ほぼ同じです。引き続き、その時点の課題に対して、他の切り口を紐づけていくことが有効です。

ただし、3つ以上の切り口を一括で紐づけて検討するのではなく、いずれかの1つの切り口に、新たに切り口を紐づけていくことが有効です。

たとえば、上記のフィットネスの検討例の場合、「時間帯」「客層」のうち、「時間帯」のほうに「コスト(固定費+変動費)」の切り口を紐づけて2軸の表を書いてみたうえで、「すいている平日昼に、年配者の客数を増やす」という現時点の課題を、より深めることができないか、考えてみることになります。

補足3:紐づけの候補となる切り口を、先に洗い出しておく

さて、「切り口の紐づけ」を繰り返していくことで、より深い課題・打ち手へと深めていくことになります。このとき、「打ち手例2(※本記事の2ページ目)」でも示したとおり、紐づけるべき切り口は「数が多い」うえに「種類も多様」である点に注意が必要です。

そのため、「”感覚的”に思い付いた切り口を紐づけていく」という流れでは、紐づけることができた切り口の数が少なくなる(深掘りが不十分に終わる)可能性が高くなります。

このようなミスを防ぐためには、「紐づけの候補となる切り口を、先に一覧化しておく」ことが有効です。そのためには、「思考を深める」検討に入る前に、まずは第2回(「思考が狭い人」「広い人」分ける頭の使い方のコツ)で解説した「思考を広げる」検討を入念に実施して、多様な切り口を洗い出しておくことが有効です。

※補足: 加えて、試しに紐づけてみた2つの切り口から、必ずしも課題が導けるわけではない点にも注意が必要です。たとえば、先ほどの検討例では、課題が導出できる「客層」と「時間帯」の切り口の紐づけの例を示しましたが、この検討の手前には「課題を導けなかった”切り口の紐づけ”の検討」が複数存在しているはずです。つまり、課題を導くためには、多くのパターンの切り口の紐づけを試してみる必要があります。そのためにも、「紐づけの候補となる切り口を、先に一覧化しておく」ことが有効です

工夫2:「既存の打ち手を逆算」して課題を抽出する

さて、上記の「切り口の紐づけ」は、論理を「積み上げる」ことで、少しずつ課題を深めていくというアプローチといえます。

基本的には、この「積み上げ」の方法がメインになりますが、一方で「既存の打ち手から課題を”逆算”する」というアプローチも有効です。

たとえば、フィットネスの問いの場合、もし「フィットネスクラブの店舗の見学」をした経験があれば、「平日昼の利用限定だが、価格が安い料金プラン」や「平日昼に多くの運動教室を開催している(客数が少ない時間帯なのに)」という情報・打ち手を見たことがあるかもしれません。

その場合、「なぜこのような打ち手を実施しているのか」を考える(逆算する)ことで、「平日昼の客数を増やしたい」という課題を導くことも可能です。

1.注意:既存の打ち手の逆算”だけ”では不十分

ただし、この「逆算」による課題特定には、いくつか難点があります。

・「既存の打ち手がすでに対象としている課題」しか導けません。つまり、多様な課題を広く洗い出すことは困難です。そのため、先ほどの「切り口の紐づけ」のような「積み上げ」による課題特定が、別途必要になります。
・「逆算した課題」は、上記の例のとおり、深さが不十分であることが大半です、そのため、逆算して導いた課題をさらに深めていくために、「切り口の紐づけ」のような「積み上げ」による深掘りが、追加で必要になります。

一方、打ち手の逆算による課題特定は、「既存の打ち手が対象としている課題なので、重要課題である可能性が高い」という側面もあります。つまり、効率良く重要課題を特定しやすいため、実際によく実施されている思考でもあります。

そのため、あくまで「積み上げ(切り口の紐づけ)」による深掘りが「メイン&必須」ではあるものの、「既存の打ち手の逆算」による課題特定も併用していくことが有効です。

2.まとめ:「思考を深める」ときのポイント

以上のように、「深掘りする(課題や打ち手を考案する)」といっても、結局は「現状の深掘り内容」に対して「別の視点・切り口からの検討を加える」という検討が基本です。そのため、うまく深掘りを進められない場合は、「さまざまな視点・切り口を考慮する(紐づける)」ことで、より課題が深まらないかを検討していくことが重要です。

そして、検討例で示したように、1段階の深掘り(例:時間帯×客層)であっても、細かく見ていくと、多くの検討ステップが必要になります。そのため、「切り口の関連性の検討(深掘りの検討)が中途半端に終わることを防ぐ」ためには、2軸の表のような形で「紙のメモの上に可視化」しながら整理・検討していくことが有効です。

加えて、2軸の表などの形で、検討内容を「論理的」に整理しつつも、紐づけた切り口から課題を導く過程では、「社会人が来店する時間帯を特定するために、社会人の1日のフローをイメージする」といった形で、深掘りの進捗に応じて「想像力」を発揮する必要がある点にも注意が必要です。

まとめ:「広く、深い思考」には想像力が欠かせない

これまでの全3回の記事の中で、「なぜ論理思考を自力で実践できないのか」について示しつつ、「思考を広げる」「思考を深める」の両方について、対応策・工夫の概要を解説してきました。

そもそも、「論理的な解」を導くと言っても、そのための検討時間の大半は、「想像力(具体的なイメージ)」を発揮することに利用されていました。

そして、「論理的」に考えている場面であっても、単に「フレームワーク」「ロジックツリー」などの「論理思考のツール」を使っているわけではありませんでした。「誰の立場で考えるか」「どんな場面(フロー)をイメージするか」「どの視点・切り口の間の関連性を考えるか(紐づけるか)」などの「何を検討すべきか、全体像を整理したうえで、1つずつ検討する内容を選択していく」というアプローチが中心になっていました。

これらのアプローチにおける検討は、いずれも「問い特有」の思考であり、フレームワークのような「一般化・汎用化された手法」による思考とは、根本的に異なる点に注意が必要です。

そして、このような「問い特有の思考」を自力で実施できるようになるためには、「抽象的な方法論」の学習だけでは不十分です。「具体的な問い」をたくさん解きながら、少しずつ慣れていく(少しずつミスを減らしていく)という学習手法が有効です。

このような学習を進めていくうえで、具体的な問いとして「ケース問題」を利用しながら、「今回の記事で紹介したさまざまな工夫」をご活用いただけますと幸いです。

(白木 湊 : 東大ケーススタディ研究会メンバー)

ジャンルで探す