40度に迫る危険な暑さ 熱中症警戒を

ゲーム中毒の子に苦悩する親に知ってほしい心得

ゲームを買い与えるならば親には覚悟が必要です(写真:takeuchi masato/PIXTA)
新学期を迎え、一学年成長したわが子の変化に、戸惑う親も多いのではないでしょうか。
「うちの子、もしかして反抗期!?」と悩む前に、親側が準備できる心構えとは?
児童の自主性・自立性を引き出す授業で定評のある小学校教諭・沼田晶弘氏の著書『もう「反抗期」で悩まない! 親も子どももラクになる“ぬまっち流”思考法』より、子どもがゲームをやめられないときの対応を解説します。
前回:反抗期の子を失望させる「早くしなさい!」の不毛(4月21日配信)
前々回:反抗期の子を絶望させる親の何とも残念な接し方(4月13日配信)

ゲームをやめられないのは当たり前

これまで何度も、親御さんから「うちの子は決められた時間にゲームをやめられない」という相談を受けてきました。

ゲーム機という機器をお子さんに与えるときは、その瞬間から、長きにわたるゲームとの闘いが繰り広げられることになるのだと、覚悟が必要です。

なぜなら、面白いからです。任天堂やソニーなど、日本が世界に誇るスーパークリエイターたちが、日夜必死でゲームを開発しています。世界中がそれを買い求め、熱狂しているのです。面白くないわけがありません。

何が言いたいかというと、

「30分だけゲームさせて」

と、お子さんが言ったとしても、30分でやめられはしません。ゲームに熱中していたら時間はあっという間に過ぎていき、たった30分ではゲームをした気になれません。あっさり切り上げられるゲームがあったとしたら、それは間違いなくつまらないゲームです。

この事実を知らずに、

「30分だけね。いいよ」

と言ってしまうと、30分後には、

「ゲームをやめなさい! 約束したでしょ!」

と、叱ることになってしまいかねません。

ゲームをお子さんに渡すとき、

「やめなさい、と言ってもやめられない」

という状況が必ず今後起こることを見越して、事前に、ゲームに関するルールを決めておく必要があるのはそのためです。もし今、

「ゲームをやめなさい!」

と、叱る状況になっているとしたら、すでにこの問題は末期状態です。早急にルール作りを行って、お子さんがそれを守れる環境を整える必要があります。

ゲームのルール作りについては、

「ゲームは1日1時間」

「ゲームは1週間に5時間」

「勉強を1時間きっちりやれば、寝る時間までゲームをやってOK」

といったルールの決め方の他には、

「今日は、何時までゲームをする予定なの?」

と尋ねてみて、その日の終了時間をすり合わせておくのも効果的。

「8時まで」

「8時から宿題すると、寝る時間がなくなっちゃうよ。6時でお願いします」

「やだ。7時」

「夕食も食べなきゃいけないので6時で。ただし、プラス10分おまけしますよ」

 と、交渉してみてください。

実現可能で子どもにも裁量のあるように

また、ゲームのジャンルにもよるのですが、1つのステージが終わったら、次のステージが開いて……と、段階で進んでいくタイプの場合、新ステージに入ってしまうと、途中で終わらせるのが難しくなることがあります。ですから、

「残り5分を切ったら、新しいステージには行かないようにしよう」

「区切りのいいところで終わらせたら、残りの時間は明日に持ち越そう」

といった、お子さんが「ゲームをここで終わらせてもいいかな」という気になりそうな提案ができたら、効果がありそうです。

お子さんと話し合って、実践してみて、改善部分を検討し、生活に支障の出ないルール作りを目指すといいでしょう。

子どもにゲームを与えると、「ゲームをやめない問題」に続いて問題となるのが「寝不足」です。

とくに、インターネットをつないで友人と一緒にゲームをするようになると、歯止めがきかなくなる傾向があります。この点については、ゲームをやる時間帯だけでなく、お友達との関係性など含めて、親御さんがどれだけしっかり管理できるかにかかっています。

ボクは、親戚の子から「プレゼントにNintendo Switchを買ってほしい」と頼まれたとき、頑なに買いませんでした。お金の問題ではありません。子どもにゲームを与えるなら、今後必ず起こるであろう、子どもの「ゲームやりすぎ問題」「ゲームのせいで寝不足問題」に対して、親が相応の覚悟を持ったうえで、自ら与えるべきだと思うからです。

「ゲームだからダメ」と決めつけない

最後に、ゲームは魔物ですが、必ずしも悪い魔物ではない、ということも付け加えておきたいと思います。付き合い方次第では、いい教材になりうるのです。

たとえば、2020年3月に発売された「あつまれ どうぶつの森」、通称「あつ森」は、当時、世界中に新型コロナウイルスが蔓延したことで、自粛を余儀なくされた人々が多かったという背景も影響したのか、日本はもとより海外でも、爆発的な人気を博しました。

ある親御さんは、小学校低学年のお子さんがコロナ禍で自宅にこもるなか、このゲームを家族でやってみたそうです。最初に自分の「島」を与えられ、そこで虫を取ったり魚を釣ったりすると、ゲーム内のお店で買い取ってもらえます。栽培した果物や作製した家具も売買できて、そこから得た収入で、家を建てたり、街を作ったりするのが大筋のストーリーです。

もう「反抗期」で悩まない! 親も子どももラクになる“ぬまっち流”思考法

お子さんは、このゲームで虫取りと魚釣りにハマりました。次々と生き物の名前を覚え始めたばかりか、自粛があけた途端、虫取り網をもって毎日のように公園で虫取りをするようになったそうです。虫や魚の図鑑を愛読するようになり、釣りにも興味津々で、新聞紙とガムテープで釣り竿を作って、日々竿を振る練習をしているといいます。

ちなみに「あつ森」は、ゲームを通して経済の仕組みについても学べます。別の島へ行って果物のやり取りをするのは輸出入の考え方ですし、材料を集めて作った家具を売ることで、ものづくりに関する仕入れや売値について学べます。株取引の仕組みを学べるイベントもあります。

ゲームには種類が様々ありますが、選び方次第、付き合い方次第で、お子さんにプラスの影響を与えることも可能です。「ゲームだから」という理由で毛嫌いせずに、親御さんも興味をもって調べてみると、いい発見があるかもしれません。

前回:反抗期の子を失望させる「早くしなさい!」の不毛(4月21日配信)

(沼田 晶弘 : 国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭)

ジャンルで探す