小林聡美さん「心穏やかに暮らすささやかなコツ」

小林聡美さんに、大人が人生を豊かに生きる術を聞きました(撮影:梅谷秀司)

俳優・小林聡美さんといえば、自然体で生きる女性を演じつつ個性的な芝居をする、というイメージを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。映画『かもめ食堂』や『めがね』、「ペンションメッツァ」(WOWOW)などで、観ていて心が豊かになる作品に多数出演してきたからかもしれない。

4月29日に公開される主演映画『ツユクサ』でも、丁寧に生きる大切さと、大人が人生を豊かに生きる術を表現している。小林さんに、仕事に対する考え方や過去に経験しておけばよかったことなどを聞くと、作品の印象と同じく、自然体という言葉が似合う答えが返ってきた。

自主性を持って自分で気づき、取り入れていく

――14歳で俳優デビューしてから、今年で43年目を迎えます。先輩からアドバイスされて、仕事に活かしている言葉などはありますか。

このお仕事って年齢やキャリアはあまり関係ない世界だと思うんです。私自身、先輩からアドバイスをいただいたことはほぼありません。お芝居や芸の世界は何が正解かわからないし、自主性を持って自分で気づき、気づいたことを自分の中に取り入れていくしか術がないんです。私は自分が素敵だなと思える先輩がいたら、その先輩の作品をたくさん観たりして、自分もできそうなことは試してみるという試行錯誤でした。

先輩、後輩という垣根があまりなく、俳優同士は同じ土壌にいるという意識だからでしょうか。私もこの年(今年5月で57歳)になって、若手俳優さんに「こうしたほうがいいよ」とはおこがましくて言えません。

私は就職した経験がないので、ビジネスパーソンの方々が具体的にどのようなお仕事をしていらっしゃるのかわからないんですけど、人間力を試されるときはありますか?

――文部科学省の発表によると、人間力とは「知的能力的要素」と「社会・対人関係力的要素」と「自己制御的要素」の3つとの記載が。あると思います。

では、俳優のお仕事と似ている部分があるかもしれませんね。私の意見がビジネスパーソンの方々のお役に立ちますでしょうか……?

――「自主性を持って自分で気づく」という言葉が刺さった読者もいるかもしれませんね。小林さんが30代、40代で経験しておけばよかったと思うこともおうかがいしたいです。

過去を振り返って、「あれをしておけばよかった」と、後悔したことがないんですよね。後悔はしないことに決めている、と言いますか。また私の意見が参考にならずすみません(笑)。若い頃から「いつかは」と思っていたピアノを最近、習い始めて自宅で練習するという楽しみが増えましたし。軽い気持ちで始めた俳句の会も、10年続いています。

45歳で4年制大学に入学したきっかけ

――2010年、45歳で4年制大学へ入学。2015年春に卒業されました。入学しようと思ったきっかけは?

(撮影:梅谷秀司)

40歳の時に初めてちゃんと落語を聴いて、それがとても新鮮で面白くて、そこから自分が生まれ育った日本に深く興味を持つようになったんです。

日本には落語など世界に誇れる文化がたくさんあるし、日本でしか見られない絶景がたくさんある。そんなことに気づかないまま大人になってしまったことに愕然として、だったら今まで知らなかった日本の文化について、いっそのこと大学で学んでみるのも面白いかなと。

私は40代であらためて日本に目を向けることができましたけど、若い頃は異文化に興味を持つのは自然なことなのかもしれないですね。

実際に私も若い頃は、自国の文化よりも、海外への興味のほうが大きかったです。「自分の人生はこんなはずじゃない」「自分にはもっと向いている場所があるはずだ」と悩み、足元よりずっと遠くの世界に憧れていた気がします。

大学に入学したのはずいぶん遅かったですが、日本文化を通していろんな視野が広がったし、大学の4年間はとても貴重な体験だったと思います。そして一生をかけても回りきれないほど素敵な場所がたくさんある日本を、あらためて大好きになりました。

――大人の学び直しは、スケジュール調整が大変だったのでは。

私より、仕事をたくさんしながら大学を卒業している、芸能界の方々もいます。そのほうがよっぽど大変だったと思いますよ。若くて体力があるからかもしれませんが尊敬します。私は事務所や、周りの仕事関係の方々にご理解いただいて、それほど大変ではないスケジュールで通うことができたので本当に感謝しています。できるときにやりたいことに挑戦してみてよかったと思います。

「無音」の暮らしを楽しむ

――映画『ツユクサ』のお話も。小林さんが演じた五十嵐芙美は、気の合う職場の友人たちと海辺で手作り弁当を食べてほっこりした時間をすごしたり、うんと年の離れた親友の少年と心温まる関係を築けるような人物です。丁寧な暮らしをしている印象を受けました。小林さんが共感できたところはありますか。

芙美の暮らしは、作中ではそれほど多く描かれていないんです。ただ台本を読んだとき、テレビや音楽をつねにかけているという雰囲気ではないと思いました。私もそこは同じかな、と。それが丁寧な暮らしにつながるかどうかはわかりませんけど。

若い頃は家でもよく音楽をかけていましたけど、最近は無音の暮らしを楽しんでいます。テレビやラジオをつけず、無音の自宅にいると心が落ち着くんです。シーンと静まった空間にいるのが一番、居心地がいいというか。

テレビのニュースも普段はあまり観ません。観るとしたら、天気予報程度。ニュースは、不安になるような情報をメインに伝えてくるじゃないですか。そういう現実から目をそらすという意味ではなく、重大なニュースは今はスマホやどこかから嫌でも耳に入ってくるし、自分からわざわざ不安になりにいかなくてもいいのではないか、と思うようになりました。

そのほうが、心穏やかに暮らせるな、というのが今の心境です。きっと芙美もそんなふうに暮らしていそうだなと。ネットやスマホもあまり気にしていなさそう(笑)。

――ですが、芙美はお酒に依存して断酒会に参加しています。小林さんが依存しているものがあれば教えてください。

私は甘いものが大好きなので、「食べてはいけません」と言われたらつらいです。芙美さんがお酒を港に捨てるシーンがあるんですけど、好きなものを断つのは相当な覚悟がいるんだなという、想像はできました。私自身は普段、お酒を飲まないのですが、甘いものをお酒に置き換えるとその辛さがよくわかりました。

甘いものといえば現場では、共演した松重(豊)さんとも食べ物の話をよくしていました。松重さんも、美味しいものがお好きなんです。美味しいお店もたくさんご存じで、ご自身も畑をされているとか。私も菜園に興味があるので、畑をやっていて楽しいことや、苦労話をうかがったり。「餃子の皮はここのが美味しい」とか、話は食べ物のことばかりでした(笑)。

奇跡って実は、たくさん存在している

――松重さん演じる篠田吾郎と芙美の関係は、大人のラブストーリーに進展します。

恋愛作品はほとんど演じてこなかったので、完成作を観たときは正直、照れくさかったです(笑)。芙美さんと吾郎さんのような、あんな出会いから恋が始まることもあるんですねえ。

芙美は、1億分の1の確率といわれる、隕石とぶつかる奇跡的な経験もします。でも奇跡って実は、みなさんの周りにもたくさん存在していると思うんです。

私は1匹の猫が私のもとに来てくれたことが奇跡だと思っています。普通の暮らしの中にも奇跡はある。そして、苦難に見舞われてもそれを粛々と乗り越え、自分らしく生きていく。そんな芙美に共感していただけたら嬉しいです。

©2022「ツユクサ」製作委員会
映画『ツユクサ』 4月29日(金・祝)よりロードショー
監督:平山秀幸  脚本:安倍照雄
<キャスト>小林聡美、平岩紙、 斎藤汰鷹、 江口のりこ、桃月庵白酒、 水間ロン、 鈴木聖奈、 瀧川鯉昇、渋川清彦、泉谷しげる、ベンガル、松重豊

(内埜 さくら : フリーインタビュアー、ライター)

ジャンルで探す