昨対23%増「フェラーリ」コロナ禍でも絶好調の訳

2021年にデビューしたPHEVパワートレインの「296GTB」(写真:Ferrari)

フェラーリは2021年を通して、前年比23%増のおよそ48億ドルの売上高を達成した。年間販売台数も過去最高の1万1155台を記録しており、前年比22%増である。

近年における販売台数の推移を見ても、2020年はコロナ禍の影響で少し落ち込んだものの順調に伸びており、好調そのもの。そう、ウォール街の予想をも大きく上回る収益を上げ、投資家からも注目を集めているのだ。

ちなみにフェラーリは、一般的な自動車メーカーとしては考えられないほどの少量生産メーカーであり、また希少価値を維持するために、高い人気を保っているモデルでも戦略的にニューモデルへと入れ替えが行われる。各モデルの市場における希少性を重視するのが、伝統的な戦略なのだ。

フェラーリは基本的に受注生産がベースであるから、注文を入れてから顧客の手元に車両が届くまでにはそれなりに時間がかかる。ニューモデルであれば2年くらい待たされることも珍しくない。

だから「年間販売台数」よりも、どれだけ受注しているかという「受注獲得台数」の方が、フェラーリのビジネス環境をジャッジするために重要となる。

PHEVのフェラーリ「296GTB」

2020年には前述のように前年よりも販売台数が落ちているが、これはコロナ禍のために生産ラインが一時的に止まったことと、複数のニューモデルの導入が重なったためで、受注獲得台数は順調であったという。

この受注獲得台数は、2022年に入ってからも絶好調だ。新しいアーキテクチャに、これまで主力であったV8 ICE(ガソリンエンジン)に代わってV6 PHEV(プラグインハイブリッド)パワーユニットを搭載したニューモデル「296GTB」は、世界中で大きな反響を呼んでいる。

V6エンジンとモーターによりシステム合計出力は830psに達する(写真:Ferrari)

フェラーリのDNAはかつて12気筒エンジンにあったが、昨今販売の主力は8気筒エンジン搭載モデルだ。しかし、最新の3.9リッターV型8気筒エンジンですら、これからさらに厳しくなる排ガス・燃費規制への対応が難しくなってきた。

さらにフェラーリ独特の甲高いエクゾーストノートも騒音規制の強化のため、その存続が危うくなっている。大排気量スポーツカーにとって、受難の時代がきているのだ。

そこでフェラーリは、ダウンサイジングした6気筒エンジンとPHEVシステムを組み合わせることで、パフォーマンスを落とすことなく、厳しい規制に対応させる道を選んだ。

エグゾーストノートも、音量こそ下がったように感じたものの、「おっ」と思わせる、まがいもなきフェラーリ・サウンドがイタリア現地で披露された。

さらに過去のヘリテージを継承する、新世代のきわめてクリーンなスタイリングが採用されたことも、大きな反響の一因であろう。現在はこの296GTBのほかに「SF90ストラダーレ」、そしてグラントゥーリズモ的なテイストの「ローマ」などの人気モデルがラインナップにあるから、フェラーリの業績はここ数年安泰であろう。

2+2シーターのFRグラントゥーリズモ「ローマ」(写真:Ferrari)

2015年にFCA(現ステランティス)からスピンアウトし、ニューヨーク証券取引所に上々したフェラーリの株価も、市中での評価は高い。公開価格52ドルの株価は現在220ドルを超えており、電動化に関するトピックで株価が左右されがちな現在の自動車メーカーの株価とは、一味違った値動きをしている。

現在のフェラーリは、年間販売台数の記録更新をしたこと、順調に利益を伸ばし販売台数がバラツキなく上昇機運にあることから、株式市場においても高い評価を受けているのだ。とはいっても、フェラーリが電動化に背を向けているわけではない。

PHEVシステムと組み合わされる「296GTB」のV6エンジン(写真:Ferrari)

ラインナップのPHEV化のため、マラネッロのファクトリーにおいてはPHEVパワートレイン製造ラインが新たに設けられているし、BEVの開発に関しても明言されている。新たにCEOに任命されたベネデット・ビーニャは半導体のエキスパートであり、先日もクアルコム テクノロジーズとの戦略的技術提携を発表した。

これら電動化への取り組みも、上記のファクターに加えて株式市場で評価されていることは間違いない。フェラーリというメーカーは、かつて新技術の導入に関して非常に保守的であったが、今やそんな気配は微塵も感じさせなくなっている。

コロナ禍の逆風をもろともせず

コロナ禍において、当初はラグジュアリーカー市場の危機が語られたこともあったが、それは完全に杞憂であった。

富裕層は今まで以上に希少性をもったラグジュアリーカーを求めたのだ。そして、そういったラグジュアリーカーブランドの中でも、やはりフェラーリは突出して強かった。リセールバリューも安定しているから、フェラーリの正規ショールームは大賑わいであったし、中古車販売店の店頭からもフェラーリがどんどん消えていった。

「高年式のフェラーリを求めるお客様がとても増えました。相場ももちろん高騰です。しかし、私たちのビジネスとしては大変、難しいところです。というのも、品不足で中古車の仕入れができないのです」と、フェラーリに強い独立系中古車販売店のオーナーは語る。

富裕層がフェラーリをこぞって買いに走ったが、そこまで資産を持たない客層もそれなりに動いていたようだ。

「このコロナ禍で人生観が変わりました。スポーツカーマニアとして一生に一度はフェラーリを所有したいと思っていました。それはもう少し先かなと思っていたのですが、自分の命なんて、いつどうなるかわからない。元気があるうちに手に入れようと決心したのです」

そんな彼は、念願であった「F355」(もちろん中古車)を少し無理して手に入れたという。

筆者は先だってマラネッロのフェラーリ本社を訪問する機会があった。コロナ禍において、マラネッロが位置する北イタリアは初期に多くの犠牲者を出した地域でもあり、フェラーリ本社も2020年春から昨年後半に至るまで、外部からの取材などを完璧にシャットアウトしていた。

マラネッロのフェラーリ本社工場エントランス(写真:Ferrari)

しかし、久しぶりに訪問してみると、その間にもきたる日に備えて、本社工場内は留まることなく進化していたのだ。開発部門はリモート勤務が積極的に行われているが、製造部門は電動化に対応する生産ファシリティの拡大や前述した新世代エンジンの製造に向けて、リニューアルが進んでいた。

さらにはフェラーリのテストコースであるフィオラノ・サーキット内には、コア顧客のモータースポーツ活動をサポートするプログラム「コルセ・クリエンティ」の新ファシリティまでが完成していた。ここでは顧客が購入したF1マシンを含むサーキット専用モデルが管理され、スタッフはサーキット走行を楽しむ顧客のための総合的なサービスを行う。

上空から撮影したフィオラノ・サーキット(写真:Ferrari)

コロナ禍の沈静化とともに、ロイヤルティの高い重要顧客がサーキットランを楽しむことができるよう、虎視眈々と彼らは準備を重ねていたのである。ご存じのように、フェラーリブランドのベースにあるのは、創始者エンツォ・フェラーリのモータースポーツDNAであるから、彼らにとって市販車の開発・製造と同じ、いやそれ以上にモータースポーツへの取り組みは重要なのだ。

スーパーカーブランドの頂点であり続けるために

フェラーリのマネージメントは、コロナ禍においても留まることなくブランドパワーの最大化への歩みを止めていない。

電動化への対応、環境への配慮、そして近々デビューが想定されているブランド初のSUV「プロサングエ」(フェラーリとしてはSUVとは呼ばないようだが)など、スーパーカーブランドの頂点を維持するために、フェラーリは日々前進していることがよくわかる。

そういえば先日、こんなニュースが飛び込んできた。「2021年はフェラーリの従業員の情熱と献身によって特別な年になりました。皆の力によって達成された成果に応じて、従業員全員に1万2000ユーロ(約150万円)を超える特別なボーナスが支給されることになりました」。

昨年は、これ以外にも複数回の特別ボーナスが同様に支給されているという。フェラーリで働くということもまたステータスであることは間違いないのだ。

(越湖 信一 : PRコンサルタント、EKKO PROJECT代表)

ジャンルで探す