ロシア ウクライナに軍事侵攻

活用の手本「ロード・オブ・ザ・リング」ロケ地の今

『ロード・オブ・ザ・リング』撮影地「ホビット村」では、映画の公開20周年を記念して上映会が開かれた  ©Hobbiton Movie Set
J・R・R・トールキンの傑作ファンタジー小説を3部作で映画化した『ロード・オブ・ザ・リング』(以下LOTR)。2001年に第1作が公開(日本公開は2002年)されたのを皮切りに世界中で記録的なメガヒットを記録。米国アカデミー賞をはじめ数多くの映画賞に輝いた。公開から20年たった現在でもなお、ファンタジー映画の金字塔として世界中の観客に愛されている。
そんな『LOTR』の舞台といえば、幻想的な世界観が広がる「中つ国」であるが、撮影した場所は、ピ―ター・ジャクソン監督の出身地で、雄大な自然とドラマチックな景観を擁するニュージーランドだ。
海外作品の撮影を積極的に誘致してきたニュージーランドでは、これまでも『ラストサムライ』『ナルニア国物語』『アバター』『ピアノレッスン』『世界最速のインディアン』など、数多くの映画が撮影されてきたが、その中でもLOTRシリーズの成功は、ニュージーランドに大きな経済効果をもたらした。
撮影地ニュージーランドでは、公開から20年以上たった現在でもなお、LOTRの世界を堪能できるツアーが多数催行されている。日本を含む世界各国から観光客も集まる。ニュージーランド政府が実施した2019年国際訪問者調査によると、国外からの観光客の18%が、ニュージーランド訪問に興味を持ち始めた理由としてLOTRや『ホビット』シリーズがきっかけだったといい、約33%が映画のロケ地を実際に訪れている。
LOTRの公開20周年を記念して、2021年12月10日には撮影場所となったホビット村で、オセアニア初となる、映画『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』4K野外上映会などのイベントが開催された。その様子はどんなものだったのか、そして『LOTR』シリーズがもたらしたものは何だったのか。ホビトン・ムービーセットのある農地を所有する創設者兼CEOのラッセル・アレクサンダー氏に話を聞いた。

ロード・オブ・ザ・リング公開20周年

――2021年12月10日にはLOTR公開20周年をお祝いしたイベントが行われたそうですね。

おかげさまで、今までわれわれが過ごしてきた旅路を振り返るような、非常に素晴らしい日となりました。あれから20年も過ぎたのか、という思いとともに、最初にこのホビット村を作り始めた時からの、いろんなことを振り返っていました。もちろんここ数年はコロナのことがあったんで、今までのように素晴らしい年だったとは言い難い部分もあるんですが、基本的には、おかげさまで20年間、素晴らしい年月を過ごさせていただいたなと思っています。

――イベントはどのような様子だったのでしょうか。

当日は約120人ぐらいの方に集まっていただきました。夕方の5時ごろにホビット村のツアーが始まり、それから皆さんに、フルーツや焼きたてのパン、チキンやデザートといったお祝いのためのお食事を用意しました。その後はお食事とともに楽隊が入って生の演奏に耳を傾けたんです。それはまるでパーティーのような雰囲気でしたね。

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』のワンシーン。ガンダルフ率いる9人の旅の仲間たちが歩く場所はニュージーランドのロケ地だ ©2021 WBEI

そしてそこからはパーティー・フィールドの真ん中に大きなスクリーンを設営して、LOTR第1部の野外上映会を行いました。とても幸運なことに当日はお天気も非常に良かったので、皆さまにも非常に楽しんでいただけたと思います。このイベントに、ニュージーランド国内外のメディアの方々が注目してくれたことに驚きましたが、お祝いのムードに満ちた、素晴らしい夜を過ごすことができました。

ラグビー観戦中に撮影隊が訪れる

――映画が撮影された場所で、その映画を観るというのは格別なものなのではないでしょうか。

本当に特別な瞬間でした。実際に映画の中でも、ビルボの誕生日をみんなで祝うシーンがありましたが、その場所にLOTRの仲間たちが集まって映画を観ていると、あたかもそのお祝いの席に自分も参加してるような、そういった非常にノスタルジックな気持ちになって。とても特別な瞬間になりました。

当時の撮影シーン (写真:Hobbiton Movie Set)

――アレクサンダーさんがこのプロジェクトに関わるようになった経緯はどのようなものだったのでしょうか?

このホビット村が作られた場所というのは、もともと、わたしたちが家族で経営していた牧羊地だったんです。わたしの父と兄弟が1978年に入手して、移り住んできた場所だったんですが、そこでは羊や食用の牛などを育てているような、典型的な牧羊場でした。そこに撮影隊の皆さんがロケハンにいらっしゃった。ここがいいのではないか、ということになり、わが家の玄関をノックしたんです。

――突然いらっしゃったということですか。

これは半分ジョークなんですけれども、ちょうどその時というのが、ニュージーランドでは非常にメジャーなラグビーの試合の決勝戦の真っ最中だったんです。わたしの父としては、ちょうどハーフタイムの最中だったこともあり、「はいはい。適当にその辺、自由に見て回っていいですよ。その代わりゲートを開けっ放しにしないように。羊たちがゴチャゴチャにならないようにさえしてくれれば、ご自由にどうぞ」といった感じで。それだけ聞いて、また父は試合を観るためにテレビの前に戻ったというわけです(笑)。

――撮影隊はどんな感じでした?

検討させていただきたいということで、その時は写真を撮られたりしてお帰りになりました。それから監督さんに写真を見せたり、イメージスケッチを作ったりして、検討なさったようです。6週間ぐらいたった後にまた電話をいただいた。今度は監督をはじめ大勢でいらっしゃいました。そこでホビット村としてここを使うのはどうだろうかと再検討なさった結果、交渉がスタートしたということです。

ホビット村は、セットをそのまま利用して公開後開業した ©Shaun Jeffers

――いきなり映画の撮影ですと言われて、気持ち的にすんなりと受け入れられたんですか。

そうですね。すべてがいっぺんに始まったわけではなく、いろんなプロセスを踏んで実現したということです。もちろんお話がきてからいろんな質問をさせていただきました。映画の撮影をすることで、どういった影響があるのかということも重要でした。当時は羊も1万2000頭ぐらいいましたし、それ以外にもたくさんの家畜がいたので、いわゆる撮影と農場経営がちゃんと同時並行できるのか。そういったことをきちんと確認しなければいけませんでした。

手つかずの自然が残っていたのが決め手

――そうした話し合いはスムーズに行ったのでしょうか。

3カ月間ぐらいいろんな話し合いを行ったんですが、撮影隊の方たちも皆さん感じの良い方たちでしたし、交渉というよりは、どうしたら撮影が成功するか、お互いに協力し合いながら話し合ったという形だったと思います。最終的には1999年3月に契約を結ぶことになりました。その後、8カ月間ほどかけて、いわゆるホビット村を建設し、そこから撮影が始まりました。

Russell Alexander(ラッセル・アレクサンダー)/ニュージーランドのタラナキ地方出身。1978年に家族とともにマタマタのバックランド・ロードに移転し、父とともに牧場経営に携わる。2002年から世界的に有名な観光名所「ホビトン・ムービーセット(ホビット村)」の創設者兼CEOに就任 (写真:Hobbiton)

――撮影で農場を貸し出した範囲は、所有する土地の何%ぐらいだったんですか。

広さで言うと1%ぐらいですかね。わたしたちの農場はトータルで1250エーカー(東京ドーム約108個分)くらいあるんですが、実際の撮影に使っていたのは12エーカーほどなので、われわれの農場の大部分が撮影に占められたというわけではなかったですね。

――われわれが考える以上に大きなスケールの牧場なんですね。

われわれの農場を選んでくださった理由の一つは、ニュージーランドの手つかずの自然がそのまま残されていたということだったようです。

また、ピーター・ジャクソン監督もニュージーランド出身ということで、ニュージーランドに対する特別な思い入れもありますし、何よりもやはりこのニュージーランドの素晴らしい自然ですよね。おそらく他の世界のどの国でも撮影できないような美しい自然や景観を映画のために提供できますから。ホビット村がある北島もそうですし、南島にもいろんな川や渓谷、山など、撮影場所として最適な素晴らしい自然があります。

――撮影場所を観光地化しようというのは、どの時点で決まったのでしょうか。

第1作目の「旅の仲間」が公開された直後に、映画会社の方とそういった形の話し合いを始めました。

――スムーズにお話が進んだ感じですか。

もちろん何事にも時間は必要なので、きちんと必要なプロセスを踏んでいくことは重要です。権利の問題など、ワーナー・ブラザーズさんなどとの話し合いだけでなく、インフラの部分で、撮影用に建てた構築物をどういうふうに使うかなどいろんな課題がありました。そうした意味での話し合うべきことはたくさんありましたが、きちんと踏むべき段階を踏んで、スムーズに行われていきました。

日本から訪れる人も多い

――ツアーの来場者はどれぐらいですか。

最初の時期は年間2万3000人ぐらいの方にいらしていただき、その後もどんどんお客さまに来てもらっています。来場者数は右肩上がりです。

この場所をホビトン・ムービーセットとして、永久に保存しようという形になってからは、さらに来場者が増えました。コロナ禍が始まる前は、世界中から年間で65万人ぐらいの方が来てくださるような、非常に人気のアトラクションとなりました。

――日本からの来場者はいかがですか。

もちろん日本人のお客さまは非常に重要だと考えています。数字はあいまいですが、来場者の7~8%ぐらいを占めていると思います。ただその数字とは関係なく、日本の市場、日本のお客さまというのは、われわれにとって非常に重要な位置を占めているのは間違いありません。

――撮影現場ツアーではどのようなものが見られるのでしょう。

基本的に映画制作がどういうふうに行われるのか。実際に牧羊場だった場所がどのようにしてホビット村に変わっていったのかを、段階を踏んで見ていただけたり、学んでいただけたりするようなツアーになっています。またLOTRだけではなく、いわゆる映画がどういうふうに作られるのか、というようなことも学んでいただけるようになっています。

――20年たってなおLOTRの人気は健在ということですね。

最初の作品が公開されてからもう20年たっているわけですが、おかげさまでいまだに人気ですし、逆にある程度、人数制限もするような状態でした。ただもちろん新型コロナがあってからは、海外も含めて、お客さまもいらっしゃらなくなったということで、かなりの人数減となったんですが、状況が変われば海外からのお客さまもまた戻ってきていただけると信じています。

――今後の展望はいかがですか。

基本的には、われわれの施設をより良いものにして、皆さんにより良い経験をしていただくことだと思います。そのための新しいアイデアもいろいろとありますし、そういったものをこれからも継続的に実践していきたいと思います。

今は新型コロナの関係で非常に特別な状況になっておりますので、まず世界中から旅行者の方に戻ってきていただきたい。世界がそういう状況になりましたら、いろんな今温めているアイデアを実現していって、より良い経験を皆さんにしていただいて、楽しんでいただきたいですね。

ジャンルで探す