ロシア ウクライナに軍事侵攻

都営地下鉄からメトロへ交代、「くまでん」の主役

北熊本の車庫に休む。右から最新形式の元東京メトロ日比谷線03系の03形、元銀座線01系の01形 、そして入換車として命脈を保った「青ガエル」5101号(写真:久保田 敦)
鉄道ジャーナル社の協力を得て、『鉄道ジャーナル』2022年2月号「くまでん訪問記」を再構成した記事を掲載します。

熊本電気鉄道は、熊本市街の藤崎宮前から北へ合志市の御代志まで9.7kmと、上熊本―北熊本間3.4kmの2線を持ち、JR鹿児島本線と豊肥本線の間のエリアに延びている。地元ではJR、市電に対し「電鉄」の名で通っているほか、かつては菊池まで延びていたので、土地の高齢者からは今でも「菊池電車」「菊電」の呼び名を聞く。その路線をたどりながら、興味深い話題を拾い集めてゆこう。

鐘の踏切音を聞き、酒屋の脇を走るワンマン電車

起点の藤崎宮前は、その名の通り熊本の総鎮守社、藤崎八旛宮の近傍にある。だが、市街中心地の水道町からは北に1kmほど離れている。ビルの中に隠れるような駅に入ると、2両でいっぱいの1線2面のホームに東京メトロからお輿入れした元日比谷線03系が停車していた。

九州産交が発売している「わくわく1dayパス」は熊本市電やバスと合わせた1日乗車券で、窓口で扱っている。熊本電鉄は中間部の堀川まで含まれる券が700円、須屋まで含まれる券が900円、熊本県ほぼ全域をカバーし熊本電鉄も全線乗車できる券は2000円と3種類がある。藤崎宮前〜御代志間は片道410円で、市電・バスも含めて乗り降りを繰り返すならば便利である。整理券方式のワンマン電車だが、全国共通のICカードも使えるようになっている。

御代志行き電車は30分間隔で出ており、日中は5分前ぐらいから、少ないながらも三々五々乗客が集まってくる。

発車して600m走ると道路端の併用軌道に差し掛かる。 カラー舗装に見えるがそうではなく、バラストを網袋に入れて敷き詰めてある (藤崎宮前ー黒髪町間、写真:久保田 敦)

運転士が乗り込み短くベルを鳴らすと、発車する。路地裏のような空間に踏み出す線路は、カンカンと正真正銘、鐘の音を響かせる踏切を横切り、やがて生活道路の道端に出て酒屋の軒や軽トラをかすめるように進む。舗装された併用軌道ではないが専用軌道とも言い難い名所で、S字のカーブを描いている。速度は時速20km程度だ。

古さひとしおの黒髪町駅からは少しだけ速度を上げ、北熊本へ向かう。今どきと思える木製の架線柱は曲線部分ではカントに合わせて平行四辺形に傾いている。ビームも木材で橋渡しといった様子は、昭和も30〜40年代の姿ではなかろうか。熊本城の外濠でもある坪井川沿いで上熊本線に寄り添うと北熊本。御代志行きと藤崎宮前行きが行き違い接続する上熊本線の電車も並ぶ。2面3線のホームに隣接して車両基地が広がる中枢の駅である。

熊本電鉄の営業用電車は全8編成ある。目下最新の元東京メトロ日比谷線03系の03形は、2018〜2020年度に計3編成が導入された。車体に変化は少なく日比谷線当時の姿をしっかり残すが、御代志方の車両は電動車化されパンタグラフを搭載する。前面床下に排障器も取り付けている。

03形導入により数を減らしたのが、以前の主力車両だった都営地下鉄三田線車両の6000形で、5編成があったうちすでに3編成がなくなり、現在は2編成。とは言え、車両計画としては6000形3編成を03形3編成で置き換えたのではない。以前はほかに南海電車を出自とする200形が1編成だけあったので、6000形2本と200形1本が03形導入による代替廃車であった。そして6000形3本目の廃車は最近の2021年10月で、これについては、2022年早々に搬入予定の元静岡鉄道1000系が代替の新形式車両となる。

静鉄1000系は、2023年度にもう1本の導入を予定しており、それにより6000形はさらに1本が廃車となり残り1本となる。しかし、以後の車両計画は未定であり、廃車の部品で予備品も確保できるため、その6000形は差し当たって以後も残ることになる。

ブームになった全国最後の青ガエル引退劇

基本的に上熊本線に運用されるのは、2015年に導入された元東京メトロ銀座線車両の01形で、2編成がある。元来は第三軌条集電だった電車にパンタグラフを載せており、さらに小型で他車より細身の車両のためドア部にステップが張り出すなど、銀座線時代との変化が見出せる。「くまモン電車」にラッピングされている。

この01形導入によって引退したのが元東急の「青ガエル」こと5000形で、2両在籍したうちの最後の1両が2016年2月に営業を退いた。ところが、その5101号は今でも北熊本の車庫に姿を見ることができる。事業用車として残されているのだ。その顛末は話題に富んだものとなった。

大都会東京と地方都市の熊本では鉄道に接する機会が異なり、当初、当地の人々の多くはその存在すら知らなかった。ところが、「青ガエル」は鉄道技術上大きなエポックを築いた車両であるとともに、そのニックネームを頂戴するほど親しまれた。その全国最後の1両である。渋谷ハチ公前に置かれてテレビ画面上にもよく登場する電車(現在は秋田県大館市に譲渡)と同じと知った熊本のテレビ局が、廃車までの約1年を追跡取材し、廃止数カ月前に放映をした。すると他のマスコミも追随してあっという間に知れ渡り、ブームと言える状況となった。

その気運の中で、買い取って移設保存したいと申し出るグループもあったが、きわめて専門性が高いその移送費は想像以上のもので、経験のない業者に託すと強度的に冷房も積めなかった経年60年の超軽量車両は、車体自体が折れてしまう可能性もあった。ゆえに移設は断念された。

北熊本駅は2面3線の配線で藤崎宮前-御代志間の上下電車が行き違い、御代志行きホームの反対側には上熊本線の電車が待ち受ける(写真:久保田 敦)

そこで車籍を抜いた備品扱いで残すことになり、工場の入換牽引車となったのである。それまでの牽引車は1928年製の元広浜鉄道71号で、これも大事に管理され、2009年にはレストア工事を施したものの、さすがに経年90年で継続使用に不安が強まっていた。その代替の役割を果たす。車庫の一角で行う体験運転にも使用される。

一方、北熊本駅構内においては車両更新と並び、変電所の更新も大きな事業として挙がる。近年の災害の激甚化に鑑み、脇を流れる坪井川の氾濫による機能停止を避けるために大きく持ち上げて設置する計画だ。電車は危険が予測された段階で高い地点に回送できる。信号もいざとなれば昔の通票閉塞で乗り切れる。その場に固定され、移動が不可能な変電所がいちばんの課題とされたからだ。

国道3号の下にパークアンドライドの駐車場

北熊本を出るとほどなく県道とピタリと並行する。途中の行き違い駅、堀川では駅舎と駅前分の距離を開けるものの、単線1面の停留所は完全に道路に張り付く姿だ。往時に遡れば、菊池への街道沿いに線路が敷かれたとわかる。沿線はずっと家並みが途切れない。架線柱は相変わらず木製で、ときに傾いでいるが、線路はPC枕木化による軌道強化が進められている。木枕木と混在させつつ、徐々にPCの割合を高めている模様で、バラストもそれなりに厚い。藤崎宮前付近の併用軌道区間とは少々様子が異なる。

国道3号バイパスと交差する新須屋駅。高架道路の下にP&R用の駐車場が設けられているとともに階段で国道上と結ばれている(写真:久保田 敦)

新須屋で国道3号の高架橋と交差する。その高架下にパークアンドライド(P&R)の駐車場が用意されている。熊本電鉄は経営改善策として2008年に運賃改定を行ったが、利用者に負担を願う施策の一方で、以後、利便性を引き上げる施策にも取り組んだ。その1つがP&Rであり、ほかに北熊本・黒石・御代志駅に駐車場を設け、電車利用者が格安に利用できるようにした。3号線と直結する新須屋と、朝の通勤時に電車の始発駅として確実に座れる御代志は必然的に人気が高く、いずれも70台規模とされている(御代志は後述する区画整理事業のため今後は流動的)。

ちなみに利便向上策のもう1つは運転時間帯の拡大だ。ダイヤ改正前、熊本電鉄は縮小均衡に傾いており、終電が藤崎宮前発20時15分であった。電車・バス共通定期券が用意されているので、朝は道路混雑を避けて電車を利用する人も、帰宅は繁華街から距離を置く藤崎宮前駅へ行くのが面倒で中心部からバスに乗る。そうした使い分けがあり、終電が早かったのである。

それを2時間繰り下げ4本増発し、P&Rや駐輪場整備の施策などと組み合わせて誘客を図った。また、朝の御代志発始発電車も1本増発により15分早めた。これで北熊本での上熊本線接続が1本早くなり、以前のバス利用よりも30分早く上熊本に到着できるようになった。この電車の利用は主に通学の高校生であり、朝の活動に参加しやすく、という要望に応じたものだった。

須屋を過ぎると郊外の雰囲気で、小山に囲まれた緑の中に入っていくと同時に、木製架線柱がコンクリートに変わった。そこから黒石駅の先までは、並行する国道387号を拡幅するため2001年2月に線路移設を行った区間であるからだ。距離は1.7kmほど、最大で東へ140m振っているので、完全な新線化に等しい。線路も全部PC枕木に統一されている。ただ、もうその切り替えから20年が経過しており、当然ながら旧の線路は道路に呑み込まれてしまったので、電車から見ている限り、付け替え地点の明確な判断は難しくなっているようだ。

終点御代志は区画整理で新ターミナルに

この新線区間にある三ツ石駅も、注目したいポイントである。線路切り替えと同時に、付近の利便を高めるために新設された。ちょうど九州自動車道との交差地点にあり、ホームの一部は高速道路の盛土下に突っ込んでいる。そのような立地から、近年は新しい役目が期待されるようになったのだ。すなわち高速バスとの連携である。

福岡―熊本間には高速バス「ひのくに号」が、1日約70往復運転されている。一方、その高速バスの熊本アクセスは市街からかなり離れた益城熊本空港IC経由で大回りする。そこで三ツ石駅に近い西合志バス停を利用すると、下道走行と迂回の分が短縮されて所要時間が短縮できる。「福岡ー西合志間+電車」という企画乗車券も販売している。

ただ、三ツ石駅と高速バス停の間に徒歩で8分ほどの距離があり、住宅地をくねくねと辿らねばならないため利用は1日平均数人といった模様である。

その先では、終点の御代志付近が近々に変化する。合志市の区画整理事業が、ようやく工事段階に入ってきたのだ。国道387号を拡幅するとともに新たな駅前広場・ロータリーを作り、その前後に公園や交流施設を作る。そのため熊本電鉄の線路は約80m東側に新線を敷き、御代志駅を約200m南に移すという計画である。移設時期は当初2022年4月と予定されたがやや遅れ、今は同年内と見込まれている。

ジャンルで探す