グリーン車、お得に「長く乗れる」新幹線はどれか

新幹線N700S(確認試験車)のグリーン車内(撮影:尾形文繁)

出張や旅行でグリーン車を使うかどうか、悩む人も多いだろう。乗車時間と料金次第では、ゆったりしたグリーン車に乗りたいと思う人も多いはずだ。

せっかくグリーン車を利用するなら、とくに急がない旅行であれば少しでも長く乗っていたいのが人情。当然ながら速い列車より遅い列車のほうが長い間乗っていられる。視点を変えると、同じ料金でも遅い列車のほうが時間当たりの単価が安くなるわけだ。同じお金を払うのでも、そのほうが「お得な気分」になれる。

そこで、乗車1時間当たりのグリーン料金と、料金1000円当たりの乗車時間(金額÷分、1000円÷1分当たり金額) を、同じ路線の速い列車と遅い列車とで比較してみた。なお、乗車時間は出発の数分前には車内にいるであろうことも考慮して、例えば正確な乗車時間が57分なら1時間といった形で想定している。

ビジネス利用なら速いほうがいいと言われるだろうが、時間単価によってはグリーン車でゆったりと仕事をしつつ移動したほうが、目的地に早く着いてからカフェを探してコーヒー代を出すよりいいと思えることもあるのではないか。

グリーン料金は高いが…

東海道新幹線・東京―新大阪間のグリーン料金はどの列車でも5720円だ。これを「のぞみ」の乗車時間2時間半で割ると1時間あたり2288円となる。「ひかり」であれば大まかに3時間で割って1時間あたり1907円、「こだま」の乗車時間4時間で割ると1時間あたり1430円と3分の2になる。

ということは、グリーン料金だけで見れば「のぞみ」より「こだま」のほうが1時間当たり858円お得ということになる。一方、1000円当たりの乗車時間で見てみると「のぞみ」は26分だが、「こだま」は42分で、約15分長くグリーン車を楽しめるということだ。グリーン車は全席コンセント付きでシートも広い。

とはいえ、そもそも5720円は高いという人は多いだろう。だが、安く利用できる方法がある。

よく知られている商品だが、JR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」を使うと、普通車は1万700円、グリーン車は1万2200円だ。つまりグリーン料金は実質1500円。料金の高い繁忙期であっても1500円の差である。これを4時間で割ると、1時間当たりたったの375円だ。東京―新大阪間は「のぞみ」の場合、自由席でも1万3870円なので、この方法ならグリーン車に乗っても1600円以上安い。

東京―新大阪間の移動、とくにビジネス利用だと「のぞみ」1択という人が多いだろう。だが、もし出発前、あるいは目的地に着いた後で用事までの間にカフェなどで仕事をするつもりであれば、「こだま」のグリーン車で仕事をするのもありではないか。1時間当たり375円と考えれば安いものだ。今はオフィス車両もあるが、座席はグリーン車のほうがゆったりだ。

余談だが東海道新幹線のグリーン車座席には雑誌「ウェッジ」が置いてあり、買うと550円のこの雑誌を無料で持ち帰ることができる。グリーン車が実質1500円で雑誌付きと考えれば読みたい人にはメリットであろう。

遅い列車でグリーン車を満喫

JR東海ツアーズはぷらっとこだまのほかに、東京―新大阪間の新幹線往復とホテルのセット往復で、新幹線運賃料金2万7740円(自由席)よりも安いパック商品を販売している。このような商品は「のぞみ」「ひかり」普通車利用の場合、片道3100円(6時台後半〜10時台、16~19時台発は4600円)の追加料金が必要になる。

一方、グリーン車の場合は「こだま」が2200円(終日)、「のぞみ」「ひかり」は5400円(同7500円)の追加料金が必要だ。普通車利用の追加料金と比較すると、「のぞみ」「ひかり」のグリーン料金は実質2300円(同2900円)ということになる。これを基に計算すると、

閑散時間帯(6時台前半、11~15時、20~21時台発)
「のぞみ」:2時間半、1時間当たり920円、1000円当たり65分
「ひかり」:3時間、1時間当たり767円、1000円当たり78分
「こだま」:4時間、1時間あたり550円、1000円当たり109分
繁忙時間帯(6時台後半〜10時台、16~19時台発)
「のぞみ」:1時間当たり1160円、1000円当たり52分
「ひかり」:1時間当たり967円、1000円当たり62分
「こだま」:1時間当たり550円、1000円当たり109分

繁忙時間帯の便なら「こだま」は1000円当たり「のぞみ」の2倍の時間、グリーン車を満喫できる。

なお、この料金は「ダイナミックぷらっと」プランの場合の料金(2021年11月時点)である。また「のぞみ」の場合「新幹線ダイレクトパック」なら乗車日によって料金の変動は激しいが、追加料金はこれより安い。

「こだま」のグリーン車は日曜の夕方でも空席だらけで、密を避けるにはもってこいである。また、駅の停車時間が長く、例えば名古屋では「のぞみ」待ち合わせのため5分停まるので、その間に駅弁を買うことができる。ほかにも三島や浜松などホームに駅弁屋がある駅もあるから、買って次の停車駅までの15分前後で食べ、また次の駅で買って……を繰り返せば、移動時間内だけでかなりの数の駅弁を制覇することができるだろう。

次いで東北新幹線も見てみよう。東京―仙台間、「はやぶさ」「やまびこ」のグリーン料金は4190円だ。所要時間の差は45分程度。遅い「やまびこ」のほうがその分長く乗っていられるが、時間単価で比較するとどうなるか。

「はやぶさ」:1時間半、1時間当たり2793円、1000円当たり21分
「やまびこ」:2時間15分、1時間当たり1862円、1000円当たり32分
(白石蔵王のみ通過タイプ)

「やまびこ」なら「はやぶさ」よりも、1000円当たり1.5倍の時間乗っていられる。1時間当たりの料金で見ると約930円お得だ。

また、東京―仙台間は新幹線だけでなく、常磐線の特急「ひたち」も使える。JR東日本のグリーン料金は新幹線も在来線特急も同じなので、こちらも4190円だ。

「ひたち」:4時間半、1時間あたり931円、1000円当たり64分

「ひたち」なら、「はやぶさ」と同じグリーン料金で1000円当たりの乗車時間がなんと3倍だ! ただ、車内設備は「ひたち」のE657系グリーン車よりも、新幹線E5系のほうがゆったりしている。

長く乗りたい「グランクラス」

最後に、東京―盛岡間でグリーン車よりも上位の「グランクラス」に乗るとしたらどうか。

E5系「グランクラス」の室内(撮影:尾形文繁)

速達タイプと一部区間各駅に停まる「はやぶさ」、そして「やまびこ」を比較すれば、所要時間の差はかなり大きい。遅い列車なら時間が延びる分ドリンクサービス(やまびこは除く)を使える時間も延び、ワインを2〜3杯余計に飲めるのではなかろうか。東京―盛岡間のグランクラス料金は9430円(ドリンクサービスがない「やまびこ」は7340円)だ。

「はやぶさ」:2時間15分、1時間当たり4191円、1000円当たり14分
「はやぶさ」:2時間50分、1時間当たり3332円、1000円当たり18分
(*上記は仙台―盛岡間各駅停車の場合)
「やまびこ」:3時間20分、1時間当たり2204円、1000円当たり27分

「やまびこ」なら同じ金額で速達タイプの「はやぶさ」と比べて乗車時間は1.5倍、見方を変えれば時間あたりの金額は「はやぶさ」のほぼ半額で済むことになる。ただしドリンクサービスはない。

いかがだったであろうか。「ケチの美学」を唱える筆者だが、たまには贅沢もしてみたい。ただ、どうせ同じ金額を払うなら長い時間使えたほうが得ではないかという視点(がすでにケチかもしれないが)でさまざまな列車を比較してみた。

「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く」。たまには遅い列車を選んでゆっくりグリーン車に乗ってみてはいかがだろうか。

ジャンルで探す