「きらら」「ひえい」京都の秋を彩る叡山電車の復活

「えいでん」こと叡山電鉄は京都市街から八瀬や鞍馬へと走る紅葉を眺望する「きらら」は第1編成が新緑の色をまとい「青もみじきらら」となった (市原ー二ノ瀬間、写真:田中秀樹)
鉄道ジャーナル社の協力を得て、『鉄道ジャーナル』2022年1月号「『きらら』と『ひえい』の叡山電車」を再構成した記事を掲載します。

大阪淀屋橋からの京阪電車で終点出町柳に降り立ち、地下駅最先端の出口を上がると叡山電鉄、「叡山電車」の小さな始発駅に出る。これより下流は鴨川となる賀茂川と高野川の合流点にある。

「えいでん」と呼ばれる叡山電車は、東京で言えば東京メトロ銀座線サイズの長さ15m×幅2.6mの小型電車が1両または2両編成で運転され、京都市街北部の出町柳から比叡山西麓の八瀬比叡山口まで5.6kmと、宝ヶ池で分岐して鞍馬まで8.8km(出町柳から12.6km)を結ぶ。2021年9月18日のダイヤ変更から、朝晩を除いて八瀬方面、鞍馬方面とも15分間隔で運転されている。以前は鞍馬直通と八瀬方面それぞれ20分間隔の中に、鞍馬線二軒茶屋までの区間運転を挟んでいた。9月25日に実施した京阪の15分サイクル新ダイヤに合わせたわけである。

2019年に「青もみじきらら」が登場

距離が長い鞍馬行きは基本的に2両編成で、7編成中の2本が900系展望電車「きらら」である。運転時刻は固定されており、ホームページで公表されている。

京都と言えば紅葉であり、1997年に登場した1編成目は朱赤、翌年の2編成目は少し明るいオレンジの塗色だったが、鞍馬線開通90周年の節となった2019年に第1編成は「青もみじきらら」として、黄緑色になった。当初は周年記念で期間限定のはずだったが、光を透かす新緑のイメージが好評を呼び、期限未定でその色を維持している。「秋だけでなく、初夏も美しいですよ」というメッセージの発信でもある。

ガラス張りと言ってよい側窓に向けて配置した座席には地元の人々がエコバッグを抱いて座っており、生活の香も漂っている。京都市街から周辺住宅地、宝ヶ池から鞍馬線に入って次第に洛北の山が近づく郊外の街、さらに複線から単線になる二軒茶屋付近から家々は途切れないものの風景は谷になる。

アップダウンの勾配はきつく、33‰、40‰、それに50‰も現れる。途中から学校帰りの中学生も乗り込んでいたが、市原でほぼ全員が降りてしまうと、それからは深山となった。

この市原―二ノ瀬間が叡山電車で最も有名な「もみじのトンネル」で、時期には超満員の観光客を乗せて列車が通り抜ける。夜間は幽玄なライトアップが施される。

静謐な中で上下電車が行き違う二ノ瀬の次が貴船口。貴船神社や川床の料亭が人気を集める観光の玄関駅だ。そして引き続き山中を縫うと、天狗の面が駅内外に飾られている鞍馬に着く。駅から鞍馬寺へは約700mである。

だが、最近まで1年2カ月、貴船や鞍馬に電車は来なかった。2020年7月の豪雨により貴船口駅手前で大規模な土砂崩れが発生し、2021年9月18日に再開するまで市原―鞍馬間を運休していたのだ。

鞍馬へは鞍馬川の谷を遡る。貴船口駅前後には2020年の豪雨災害と2018年の台風の爪痕が残る (貴船口ー鞍馬間、写真:田中秀樹)

進行左側の斜面から崩れ落ちた約1500平方mの土砂と、約330トンという倒木が線路を埋めた。復旧に際しては、早期開通を目指す叡山電鉄が自力で線路上の堆積物を撤去のうえ、崩壊斜面の修復は林野庁が補助する治山工事として京都府が実施、破壊された線路(軌道や架線・信号設備等)は国土交通省の鉄道災害復旧補助を投入して叡山電鉄との区分で行われた。今、現地を走ると新しいPC枕木とバラスト、架線柱が立ち並ぶ線路に迫る斜面の全面が、コンクリート型枠工で覆われている。治山工事は2022年1月まで続く。

ところが、貴船口駅を出た付近でも尋常ではない姿の山が現れる。そちらは2018年の台風で無数の木々が倒れたそうで、その際も貴船口―鞍馬間が50日ほど運休となった。被災は山中一帯に広がっており、障害となる倒木の除去に続けて、激甚化する自然災害に対して今後のことも考え、現在も要注意箇所の伐採が続けられている。

観光と学生で賑わう路線もかつては存亡の淵に

叡山電鉄は、かつて京都市電の廃止により都心部への足を失い路線が孤立し、廃止が取り沙汰されるほど利用が減った。沿線から市街中心部に直結するバスに流れが移ったのだ。

だが、1989年の京阪鴨東線開業により京都中心部は言うに及ばす、大阪方面からの足付けがなされた。それにより洛北観光が手軽になり、また1か所が大規模開発される姿ではないが宅地化も進んでいった。

加えて沿線には京都精華大学と京都産業大学があり、鴨東線開業翌年に精華大の真横に京都精華大前駅を新設、通学可能範囲が大きく広がったこととの相乗効果で、電車は大学生らの若々しい活気を帯びている。地下鉄烏丸線が修学院駅や八幡前駅から1kmもない付近に延伸開業したのは響いたが、コロナ禍前まで基本的には上り調子だった。

最近の話題としては、2020年3月に貴船口駅のリニューアルを完成させ、トップシーズンには駅の外まで行列が伸びた狭い単線ホームと駅舎を改め、バリアフリーのエレベーター、清潔なトイレと待ち合いのスペースを用意した。台風災害に見舞われたのは、その4カ月後だった。

出町柳ー八瀬比叡山口間に走る732号「ひえい」(元田中駅、写真:田中秀樹)

延暦寺にちなみ仏教の輪廻を表現するような大胆な意匠と厳かな雰囲気は観光客に注目される (写真:鶴通孝)

一方、車両については、主に八瀬方面に運行する700系単行車両が次第に老朽化してきたため、リニューアル工事に取り組んでいる。

その1両が、比叡山の神秘的な気を集めるがごとくデザインされた観光電車「ひえい」で、2018年3月から運行を開始した。それに続いて2両も、新車のようなスタイルと赤および青の新しい車体色をまとい生まれ変わっている。

災害に伴う支出とコロナの減収で今年度は見送りとしたが、進めてゆく方針は変わっていない。

比叡山を越えれば京阪石山坂本線も

夕刻の八瀬比叡山口に回ると、732号「ひえい」に巡り合った。前面に金の楕円を配した一種異様なデザインは類例がないが、観光客や子どもに人気で写真に収められていると言う。

こげ茶色の壁に黄色いバケットシートの車内にはダウンライトの白熱色が注ぎ、どこかロウソクが揺らめく寺社のお堂、つまりここでは比叡山延暦寺を連想させた。座席の背は高く、頭を支える枕まであるが、それが楕円の窓と窓の間にうまく配置されて、車窓の下半分を失っていないレイアウトのさりげなさにも感心した。

八瀬比叡山口駅から徒歩数分の場所にケーブル八瀬駅があり、それより叡山ケーブルとロープウェイを乗り継ぎ、比叡山頂からシャトルバスで延暦寺へ。山内1時間ではどこを参拝するのも慌ただしいものの、ケーブル延暦寺から比叡山鉄道坂本ケーブルで坂本に下りて京阪の坂本比叡山口駅まで約3時間のコースが組み立てられる。そちら側でも京阪石山坂本線の小さな電車が待っている。

ジャンルで探す