各地で感染急拡大 新型コロナ最新情報

はあちゅう「自分ゴトの解決が社会のためになる」

「『自分ゴト』の解決が、人々の選択肢を増やすことにもなり、社会につながっていく」と語るはあちゅう氏(写真提供:筆者)
イギリスのロボット科学者であるピーター・スコット-モーガン博士は、全身の筋肉が動かなくなる難病ALSで余命2年を宣告されたことを機に、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだ(詳しくは「人類初『AIと融合』した61歳科学者の壮絶な人生」参照)。
「これは僕にとって実地で研究を行う、またとない機会でもあるのです」
彼はなぜ、そんな決断ができたのか。経営コンサルタントとして活躍してきた彼が、なぜ「人間のあり方を変える」ような偉業を成し遂げられたのか。ピーター博士が自らの挑戦の記録として著し、発売直後から世界で話題騒然の『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』がついに日本でも刊行された。
本書を「自己改革、社会改革、困難に打ち勝つという『改革の物語』だ」と語るのが、ブロガー・作家のはあちゅう氏だ。ピーター博士の挑戦に見る「自分と社会の関係の持ち方」について解説してもらった。

改革の物語

『ネオ・ヒューマン』を読んで、人間のサイボーグ化が、未来ではなく、リアルタイムで起きていることに驚きました。

著者のピーター・スコット-モーガンさんは、かなり画期的なことをされている、世界で唯一無二と言える存在なのに、これまであまりスポットライトが当たってこなかったことが意外です。

本書には、自己改革、社会改革、困難に打ち勝つというメッセージがあり、何よりも「改革の物語」だと思いました。

ピーターさんは、ゲイに対して非常に厳しい社会に生きてきて、「ホモセクシャリティは病だ」と言われながら、自分というものを否定され続けた方ですが、それでも、自分が生きたいように進んでいきます。

ALSを克服するため、人類で初めて「AIと融合」し、サイボーグとして生きる未来を選んだピーター・スコット-モーガン博士(写真提供:ピーター・スコット-モーガン)

難病になっても、普通ならば希望が持てなくなるところで、逆にポジティブに考えて、自分自身を実験台にしながら進んでいきます。

死期の宣告を、「進化の機会」ととらえたとピーターさんは言っています。私が死の宣告を受けたら、そんなふうに考えられるだろうかと思いますし、数々の困難の連続こそが、彼を強くしたのではないかとも思いました。

たとえば、ALSだと宣告された夜、ピーターさんはこのように決意します。

ALSは私に死んでほしいらしい。
だが、断る。
同様に、私は生ける屍のような形で“延命”することも拒否する。(中略)
これは、病気や事故、老化によって生じた極度の身体障害を、最先端のテクノロジーで解決しようという挑戦だ。
自由な思考を持っているにもかかわらず、不自由な肉体に囚われてしまったすべての人々に関わる話だ。
そして、もっと強く、もっと立派な、今とは違う自分になりたいと願ったことのある、すべてのティーンエイジャーと大人たちのための戦いなのだ。
私たちが目指すのは、“人間である”ことの定義を書き換えることだ。(中略)
今夜は、とっておきのシャンパンをフランシスと開けることにしよう。生き残り策など考えない。そう決めたことを、2人で祝うのだ。
これからは、私のような人々が本当の意味で繁栄するための方法を探求するのだ……。

(『NEO HUMAN ネオ・ヒューマン――究極の自由を得る未来』より)

「すごい希望の人」ですよね。この改革の物語は、普遍的な、誰もが力をもらえるストーリーだと思います。

「自分ゴト」を解決することが、社会のためになる

私自身は、夫(AV男優のしみけん氏)の職業や、事実婚であることに関する偏見や差別心を見たときの気持ちと重なるものがありました。

はあちゅう/ブロガー・作家。広告会社、ベンチャー企業勤務を経てフリーランスに。「人生全部コンテンツ」を掲げて、日常をさまざまな視点・方法で切り取った発信を続ける。2018年に事実婚を発表、2019年に第1子を出産。著書に『仮想人生』『通りすがりのあなた』『じゃない、幸せ。』『子供がずっと欲しかった』など。インスタグラム・ツイッター:@ha_chu、アメブロ(新米ママ部門):はあちゅうのお買い物日記(写真提供:筆者)

「自分ゴト」を解決することは、社会のためになると、私は思っています。私が普段困っていること、これが欲しいなと感じたときは、世の中にも、大半ではなくとも必ず同じことを感じている人がいるものだと考えています。

自分は世界に1人でいるわけではありません。だからこそ、「自分ゴト」の解決が、人々の選択肢を増やすことにもなり、社会につながっていくと思うのです。

けれども、「自分ゴト」は、どうしても「個人のワガママ」として集約されてしまうことがあります。それでも、行動することによって、少しずつ理解してくれる人が増えたり、自分自身の生きる場所が変わっていったりするのです。

ですから、ピーターさんの姿には、希望をもらいました。ピーターさんも、ALSという「自分ゴト」を解決することで、社会に貢献していこうとしているからです。

彼が体をサイボーグ化して「ピーター2.0」になろうとする過程では、医者に「私を巻き込まないでください」と断られたり、病気が進行していくのを、ただ指をくわえて見ているしかないようなことをすすめられてしまう場面もあります。

これを読むと、常識から外れようとする人に対する反発や圧力は、どの世界でも同じなのではないかと思います。

ベンチャー経営者なら、ピーターさんの困難が、自分と似ていると感じる人もいるでしょう。セクシャリティについて周囲に理解されない悩みを抱えている人なら、社会を変えようと行動しているピーターさんから、感情に訴えかけてくるものを感じるのではないでしょうか。

「愛があるから介護できる」ではない関係

ピーターさんは、パートナーのフランシスさんに介護してもらっていますが、彼は本当にすごい人ですね。お二人の愛情ももちろんあると思いますが、「愛があるからできたんだ」と言われると、それはちょっと型にはめすぎていると思います。そういう意味の「純愛物語」ではないですよね。

私は、フランシスさん自身がもともと献身的で、介護について適性のある人なのではないかと感じました。

例えば、私が寝たきりになったとき、夫は、最初は愛情で接することができると思うのですが、性格的に、ずっと介護し続けることは難しいと思います。そこで「愛があるから介護できるよね」とは言いづらい。ですから、愛と介護は切り離して考えなければならないと思っているのです。

愛というほどの感情はなくても、介護ができる人はいると思います。逆に、愛がある相手だからこそ、つらいと感じる人もいるのではないでしょうか。私は、旦那を愛しているけれど、旦那が難病になった場合、不器用な自分が介護をするのは不安すぎます。愛と能力は別なんです。

育児も似ています。私の夫は子どものご飯をつくったり、洗濯をしたりはしませんが、そこに適性がないだけで、子どもに対する愛がないわけではありません。性格的に、衣食住に関するお世話は苦手だけど、一緒に遊びに行くようなイベントになれば、ものすごく面倒を見てくれますし、積極的に車を出してくれます。私は運転ができないので、とても助かっています。

それを、「愛があるなら全部やってよ」と文句を言うのは違うと思います。愛があっても、できること、できないことは人によって違います。そもそも、愛の表現の仕方も違います。

愛情と言っても、かなり範囲の広い言葉だと思います。私たちは、その大きな言葉でいろんなものを片付けようとしているのですが、家庭によっては、すでに愛が冷めていて、夫を「ただ稼いでくるだけの人」と見なしている場合もあり、決して愛情でつながっているわけではない関係もあります。

ましてや、ALSの介護では、人工呼吸器をつけると2度と取り外せなくなり、一生介護しなければならなくなると聞きます。

家族にとっては、介護が自分の人生になってしまうわけです。ですから、「介護ができない」ということで苦しむことはないと思います。介護が苦手でまったくできないという人もいると思いますし、ものすごく真剣に考えて、気持ちが折れてしまう人もいると思うのです。

その点、フランシスさんは、ご本人が気づいていなくても、そこまでの心理的ダメージを受けない方かもしれませんし、ピーターさんの介護に何らかのやりがいを見出している部分もあるのではないかと思います。

考えてみれば、フランシスさんはたまに会いに行く人で、介護は別の人に任せているという形でも成立するわけです。

フランシスさん自身が関心のある分野だからこそ、共同プロジェクトとして参加し、人生のパートナーとしても見届けたいという気持ちがあるのかもしれません。

サイボーグ・アーティストの問い

読み進めるうちに、「本人」の定義とはなにか、ということについても考えさせられました。

ピーターさんは、自身の思考パターンをAIに認識させ、コミュニケーションにおいてはそれを反映させています。会話の半分はデジタルで補われ、声もデジタル、モニターには彼のアバターが映し出されているわけです。

そうなると、彼の死後にそのアバターが残ったとき、周囲の人々は、ピーターさん本人と話しているのか、アバターと話しているのか、わからなくなってしまうかもしれません。

身近なネットの世界でも、「本人とはなんなのか」と考えさせられる出来事は起きています。

例えば、仮面をかぶったユーチューバー・ラファエルさんは、「二代目ラファエル」を募集したことがありました。ブロガーのイケハヤさんのインスタグラムは、すでに別の人によって発信されています。しかし、フォローしている人たちは、イケハヤさんご本人の投稿だと思っているようです。

また、ひろゆきさん、堀江貴文さんのように、ネットで著名で、この人ならこう答えるだろうなというものが確立されている方々は、その発信がご本人によるものかどうかよりも、まずは「本人ぽい」というイメージ的なところで認識され、拡散されやすくなっています。それはフェイクニュースの問題ともつながっています。

よく話題になるネットの誹謗中傷問題なんかも、直接的な不利益のない匿名でしている人のほうが、実際に会ったことがある人より、その相手を憎んでいることがありますよね。

一方、現実には、こんなことも起こりえます。もしも、私の母が認知症になったとします。やがて、私のことを認識できなくなり、意思疎通ができない存在になってしまったとき、私は、自分のなかに残された「母の記憶」に頼って母を介護することになるでしょう。

でも、「この人は母なんだろうか」「私が母だと思っていた人は、どこへ行ってしまったんだろう」というふうに思うときが来るのではないかと思うのです。

私自身に置き換えてみても、「私」はいったいどこにあるのだろうと思います。全身整形したとき、それは私なのか。サイボーグ化していったとき、体のどの部分が残っていれば私なのか――。

こういった問いを訴えかけてくるのが、ピーターさんという存在そのものです。

ご本人は、自身が目指すものを「真のサイボーグ・アーティスト」と表現されています。まさに「本人とはなにか」「私とはなにか」を訴えかけられ、対面すると、否が応でも「人間とはなんだろう」ということについて考えさせられる。アップデートしたその先は、宗教的、人間の存在を超えたもの。現代の生きるアートのような存在だと思います。

『ネオ・ヒューマン』のストーリーそのものも、実はAIが作った壮大なアートなのかもしれません。

人間とは「思考」である

そういった意味で、本書は非常に文学的なところがあるとも感じます。

ピーターさんは「概念」そのものになろうとしてますよね。人間の定義ってなんだろう、生きる意味ってなんだろうと、考えてしまいます。

私は、予測できないところこそが、人間味だと考えています。この人はこういう人なんだろうと思って、でも結婚してみたら別の面が見えてきた、というような、すべてが予測通りでないことが、人間と機械との違いだと思うのです。

ですから、機械化して、AIによって自動化されていくことによって、どこまでが「人間」と言えるのだろうかという疑問があります。いったいどこでアイデンティティを持つのだろうと。

私の家族が、もしもサイボーグ化したらと考えてみます。現在1歳半の息子については、今後どのように成長していくかは、まだ誰にもわかりません。ですから、時の止まった、成長しないAIになってしまうと、それは家族ではなく、もはやペットのようなものになり、いつか虚しさを感じるのではないかと想像します。

でも、夫の場合は、少し違います。もう41歳ですし、私も「これが彼だ」というものをわかっています。ですから、夫の体のパーツがサイボーグ化していっても、彼だと感じるように思います。

ただ、こうも考えます。義足などは本人の意思で動かされるものです。しかし、その義足を動かす思考、脳が本人のものでなくなってしまったら、どうだろう――。

思考パターンがAIによって自動化されてしまうと、やはりそれは「彼っぽい何か」と感じるようになり、悲しくなりそうです。

人間とは、「思考」なのかもしれません。サイボーグについての議論は、脳が生きているときと、死んだあとで分かれることになるでしょう。

ピーターさんは、まだまだこの先の成果も、現在進行形で発信されていくことになります。これからどんな人生を送られるのでしょう。生きるアート、その生きざまも含めて、非常にアーティスティックです。

でも、1人ひとりの人生に、生きざま、物語があり、それぞれがアートでもあるのだとも思います。そして、社会の一部としてそのアートを生きている。本書は、いろいろな形で勇気をもらえる1冊だと思います。

(構成:泉美木蘭)

ジャンルで探す