自民伸び悩んだ都議会選、健在なり!「小池劇場」

今回の都議会選でも「小池劇場」は健在だった。写真は7月2日に記者会見した小池百合子知事(写真:時事)

首都東京の政治の枠組みを決める都議会議員選挙が7月4日、投開票された。4年前に惨敗した自民党が第1党の座を奪還したが、議席数は伸び悩み、候補者全員が当選した政権与党・公明党との合計でも目標の過半数に届かなかった。

一方、小池百合子都知事を支える地域政党・都民ファ―ストの会は予想を超える粘りをみせ、自民とわずか2議席差の第2党。選挙協力した共産、立憲民主はそろって議席を伸ばし、都議会での影響力を拡大した。

都議選で自民は「事実上の敗北」

告示前の情勢調査などで「自民圧勝・都民ファ惨敗」との予測を覆す結果となったのは、東京でのコロナ感染再拡大と東京五輪・パラリンピック開催への都民の不安や不満が原因とみられる。特に、五輪の有観客開催に突き進んだ菅義偉首相への批判や反発が、自民の伸び悩みにつながったのは否定できない。

同時に、告示直前に過労で入院したが、選挙終盤で公務に復帰した小池知事の動向も有権者の投票行動に影響を与えたのは間違いない。小池氏は3日の最終日に都民ファ候補の応援に駆け付ける「サプライズ演出」を行い、「小池マジック」の健在ぶりも見せつけた。

五輪開催に向け、菅首相は8日の政府対策本部で東京など首都圏に発令中のまん延防止等重点措置を1カ月程度延長することを決断。その直後にも国際オリンピック委員会(IOC)や五輪組織委員会などとの5者協議で「一部無観客開催」を決めるとみられている。

しかし、今回の都民の審判を受けて「安全・安心の五輪開催」を繰り返す菅首相への批判拡大は避けられない。自民党内では「都議選は事実上の敗北」(選対幹部)として、次期衆院選への危機感を募らす議員も多い。今後の政局の展開次第では菅政権が窮地に追い込まれる可能性も少なくない。

今回の都議選(定数127)は5日未明に全議席が確定した。選挙結果は自民33(改選前25)、都民ファ31(同46)、公明23(同23)、共産19(同18)、立憲民主15(同7)、維新1(同1)、生活者ネットワーク1(同1)、無所属4(同5)だった。

自民は第1党を奪還したが、当初想定していた50議席超の圧勝から程遠く、過去2番目に少ない議席数にとどまった。公明の山口那津男代表が「奇跡的な達成」と喜んだ自公合計の議席過半数には8議席も足りなかった。

都民ファーストは第1党を争い、大健闘

これとは対照的に、前回都議選で小池旋風に乗って55議席獲得と大勝した都民ファは、その後の党内分裂などで党勢が急低下。事前情勢調査では1桁台の惨敗も予測されたが、自民と第1党を争う31議席と予想をはるかに上回る健闘ぶりを見せた。

また、次期衆院選もにらんで一部選挙区などで共闘関係を構築した共産、立憲両党は、共産が1議席、立憲が8議席を上積み。両党幹部は「衆院選勝利への手がかりをつかめた」(立憲幹部)と胸を張った。

一方、首都圏での勢力拡大を狙った維新は、改選前と同じ1議席にとどまり、「東京の壁の厚さを思い知らされた結果」(幹部)となった。国政で主要野党の一角である国民民主は議席を獲得できず、衆院選への不安が拡大した。

選挙結果に影響があるとして注目された投票率は前回を8.89ポイント下回る42.39%で、過去2番目の低投票率だった。この点、「都政での争点に乏しく、しかもコロナ禍での外出自粛が有権者の投票意欲を削いだ結果」(都選管関係者)との指摘もある。

コロナ感染と五輪開催に都民の注目が集まる中、都議選をめぐるメディアの報道量も前回とは様変わりの少なさだった。選挙戦終盤には神奈川、静岡両県での集中豪雨による大規模土砂崩れなどが発生し、テレビ各局が選挙戦最終日の模様をほとんど報道しなかったことが、「低投票率の最大の原因」(選挙アナリスト)との見方も多い。

これまでの都議選では低投票率は「組織政党に有利」(同)とみられてきた。「今回は過去に例のない苦戦」と危機感を強めていた公明が至上命題の全員当選を果たしたのは、創価学会という強固な組織票がもたらした結果で、共産党の議席増も同様とみられている。

しかし、強大な組織と資金力を持つ自民に低投票率の恩恵は少なかった。前回と同様、無党派層に焦点を絞った空中戦に挑んだ都民ファが予想以上の議席を獲得したのは、「小池マジックに加え、菅政権のコロナや五輪の対応への不満のマグマが爆発した結果」(同)と指摘する向きが多い。

仮に、豪雨災害や東京でのコロナ感染再拡大がなければ、最終日には各新聞も「都議選明日投票」を1面トップ級で報じ、各テレビ局も「小池氏の都民ファ候補支援などを大きく取り上げたはず」(民放幹部)だ。その場合「自民は第1党奪還すら危うかった」(選挙アナリスト)との見方も出る。

菅政権で続く地方選での自民退潮

そもそも年初以来、菅政権下での地方選では自民の退潮が続いていた。政権発足後初の国政選挙だった4月下旬の参院広島選挙区などのトリプル選は自民が全敗した。さらに大型地方選の千葉県や静岡県の知事選でも自民候補が惨敗した。今回の都議選での自民伸び悩みも、「その延長線上の結果」(自民選対)であることは間違いない。

最大の要因は「菅政権への国民の不信感拡大」(自民長老)とみられる。都議選の最中に各種メディアが実施した都民を対象にした世論調査でも内閣支持率は20%台前半で、全国規模の調査より格段に低かった。

4年前の前回都議選で歴史的惨敗を喫した自民は、今回は「国政選挙に直結する大事な選挙」(菅首相)として総力戦を展開した。ただ、「自民の顔」であるはずの菅首相は告示日に自民党本部の集会で演説しただけで、コロナや五輪への対応を理由に街頭演説は見送った。

前回都議選では選挙戦最終日の街頭演説で聴衆の激しいヤジにいら立った当時の安倍晋三首相が、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言し、それが自民劣勢を加速させた経緯がある。しかも、今回は自民各候補が「首相の応援演説で票が減るのでは」(新人候補)との不安を漏らしていたことも「菅隠し」につながったとされる。

その一方で、麻生太郎副総理財務相が政権を代表する形で積極的に街頭演説を展開した。告示日の演説では、過労で休養中の小池知事について「自分で撒いた種でしょうが」と発言して大炎上。自民党の二階俊博幹事長が「(発言は)問題外でコメントしない」と苦々し気に語ったことも、自民候補の足を引っ張る結果となった。

菅首相は投票が進む4日午後には親しい選挙プランナーと会談し、各メディアの出口調査の結果も踏まえ、「結構、都民ファが取るみたいだね」と他人事のように語ったとされる。その後、菅首相は自民党本部に顔を出すこともなく、午後6時前には都内の宿舎に戻った。

菅首相は「謙虚に受け止める」

開票から一夜明けた5日午前に官邸で記者団のインタビューに応じた菅首相は、「自公で過半数を取れなかったことは謙虚に受け止める」と神妙な表情で語った。小池知事が支援した都民ファが公約に五輪無観客を掲げたことについても、「選挙の結果にかかわらず、最終的には5者協議で決まる」と従来の立場を強調しただけだった。

菅首相周辺は投開票を前に「自民圧勝を前提に『勝利談話』を用意していた」とされるが、「結果的に幻の談話に終わった」とみられている。

今回の都議選結果を受けて、自民党内には「地方選挙と国政選挙は別」(自民執行部)との指摘があるが、「菅首相のもとで衆院選を戦うのは危険だ」(若手)との声も広がる。菅首相が「切り札」とするワクチン接種も、供給不足での混乱が目立っている。

五輪開幕前後からのコロナ・五輪政局の展開次第で「菅首相が選挙の顔にふさわしいかどうかが決まる」(閣僚経験者)ことになりそうだ。

ジャンルで探す